• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

キャップで春夏コーデをアップデート!人気カラー別・年代別着こなし術24選

2020.05.19
キャップで春夏コーデをアップデート!人気カラー別・年代別着こなし術24選
画像引用元:https://wear.jp/zipumi/15236217/
LINEショッピング
LINEショッピング
編集部

必然的に身軽になる春夏コーデには「キャップ」をプラスして季節感のあるおしゃれを楽しんでみて。紫外線対策と、機能性もあるのが嬉しいポイント。 本記事では、キャップを使った年代別お手本スタイルの他、黒やベージュ、茶色といった人気のキャップカラー別のスタイルをご紹介。

2020年春夏キャップコーデ【3つのポイント】

2020年の春夏コーデにキャップを取り入れる時には、下記の3つのポイントを意識してみるとこなれた表情に。

コーデの外し役として投入

{1}

画像引用元:https://wear.jp/kazumi0728/14665748/

カジュアルで親しみやすいキャップだからこそ、例えばジャケットなどの正統派アイテムとかけ合わせることで今っぽいテイストミックススタイルに。異なるテイストは、全体のカラートーンを統一することで一体感をアップさせて。

フェミニンを中和したい時に

{1}

画像引用元:https://wear.jp/mihiro2/12688831/

甘いアイテムにキャップを追加して親しみやすさを添えても◎。柔らかベージュのフレアワンピースには、黒のキャップやボディバッグを合わせて糖度を抑えめに。濃い色を上半身に置くことで、視線が上に集まりスタイルアップにも繋がるのが嬉しい。

物足りなさを回避したい時に

{1}

画像引用元:https://wear.jp/k21850912/15354977/

オールブラックでまとめつつも、なんだか物足りないかも? なんて時にはキャップを投入してみて。まろやかトーンの小物を添えれば、黒との対比でメリハリが叶った着こなしに。おまけに、顔周りに明るい色を置くことで表情までトーンアップ。

年代別コーデのポイントは?

年代問わずさらりと気軽に取り入れることができるキャップ。20〜30代と40代のコーデ例を参考に、その年齢だからこそ映える着こなしを楽しんでみて。

20代〜30代

配色でフレッシュさを意識

{1}

画像引用元:https://wear.jp/yuriel/16483341/

力まずにさらっと着こなせるのにきちんと感を演出できる白シャツワンピースには、ライトブルーのキャップを合わせてクリーンな印象を上乗せ。オフホワイトのレギンスやニットの肩掛けで奥行きをON。

アクティブコーデは配色で大人らしく

{1}

画像引用元:https://wear.jp/kazumi0728/15121147/

デニムサロペットとキャップを合わせたアクティブスタイルは、インディゴブルーや黒など落ち着いた配色で大人っぽさを加味。ヘルシーな腕見せや繊細ストラップサンダルで、女っぽさをほんのりのせて。

まとめ髪×シアー素材でヘルシーな肌身せを

{1}

画像引用元:https://wear.jp/muu0103/12678773/

ピュアホワイトと透け感がセンシュアルな白レーススカート、そしてデコルテを見せたスタイルは、キャップやスニーカーといったカジュアル小物のおかげでヘルシーな印象に。アイテムはベーシックカラーにこだわって、上品なカラーリングを。

40代

大人カジュアルのポイントとして

{1}

画像引用元:https://wear.jp/aokimio/10606086/

コンパクトなグレーロゴT、そして黒のワイドパンツでメリハリを作ったカジュアルルックに、カーキのキャップと赤のスニーカーを合わせて小物で色遊び。モノトーンを基調にしつつ、小物で色物を取り入れればスタイリッシュもお手のもの。

遊び心ある大人のオールブラックコーデ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/xohiroxo/15150805/

黒のTシャツワンピースには、アクティブな黒キャップとスポーツサンダルで変化球なオールブラックスタイルに。手元にはバングルをあしらって、遊び心詰まったオールブラックスタイルを堪能。

ワントーンで大人の余裕感を演出

{1}

画像引用元:https://wear.jp/misato36/12941632/

リラックスなキーネックのカットソーワンピースに、ジャケットとレギンスを上と下から重ねて立体感をプラス。重ね技を使っても、全体の色を馴染ませればすっきり。

【黒】のキャップコーデ

次に、人気のカラー別キャップコーデをご紹介。
まずは、使い勝手の良い【黒】から。小顔効果が期待できるだけでなく、引き締めカラーを頭上に置くことで視線が集中し全体のスタイルアップに繋がるのもポイント!

全体に黒を散らして美バランス

{1}

画像引用元:https://wear.jp/asami885/16633697/

春らしいベージュアウターと白インナーの組み合わせには、黒アイテムを全体に散らして引き締め効果をプラス。スタイリッシュなアイテムたちも、キャップやナイロンバッグのおかげで親しみやすくまとまるのがgoodポイント。

下半身は「抜けカラー」にこだわって

{1}

画像引用元:https://wear.jp/marumaru1530/12384480/

白黒ボーダーカットソーと黒キャップで色を統一したら、下半身にはアイスブルーのデニムスカートと白バッグを置いて抜け感をプラス。軽やかさが加わり、春夏にぴったり。

すっきりIラインでスタイルアップ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/m12a20i/14833340/

ストンとしたネイビーのノースリーブワンピースで、縦長シルエットを強調。黒キャップとスニーカーなら、引き締めへの期待大。ワンピースがフルレングスだから、スニーカーは足首が見えるローカットが好バランス。

親しみやすいスカートコーデ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/yunpi/12442663/

フェミニンなフレアスカートも、黒×カーキのハンサム配色なら親しみやすさたっぷり。黒のキャップを添えて、アクティブモードへシフト。

気負わないフェミニンスタイルをエンジョイ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/zipumi/15236217/

クラシカルなドットスカートは、黒キャップとスポーツサンダルで外すと今っぽい表情に。シンプルな白のノースリーブトップスで爽やかな肌見せを楽しんで。

【ベージュ】のキャップコーデ

【ベージュ】のキャップなら、その柔らかいカラーのおかげで表情まで優しい印象に。カジュアルながらも、女性らしさを意識したい時に選んでみて。

ワンランク上のカジュアルコーデ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/taeko0624/16633322/

春夏の相棒、Tシャツとデニムには、オーバーサイズな黒テーラードジャケットでコーデをブラッシュアップ。キャップやボディバッグ、そしてスニーカーはベージュで統一して女性らしい柔らかさをプラス。

淡いカラーでフェミニンに

{1}

画像引用元:https://wear.jp/tera1008/16394907/

クリアホワイトのカットソーを軸に、ベージュのキャップやバッグ、そしてペールグリーンのスカートを合わせて淡い配色コーデに。プレーンなアイテムたちだから、スカートは透かし編みで表情をプラス。

軽やかワンピに馴染ませて

{1}

画像引用元:https://wear.jp/snapitem/99657726/

夏にぴったりな軽やかな白コットンワンピースに、ベージュのキャップを添えて適度にカジュアルダウン。リゾートライクなラフィアバッグも、ベージュなので馴染み良し。

鮮烈な赤をデイリーに引き寄せる

{1}

画像引用元:https://wear.jp/kazumi0728/14859517/

夏に映えるフレッシュレッドのワンピースは、優しいベージュキャップやオフホワイトの小物を合わせて強さを中和。まとめ髪で、清涼感も叶えて。

ベージュとマスタードイエローは相性良し!

{1}

画像引用元:https://wear.jp/emi0330/14957967/

ボタニカル柄とその色を映えさせるべく、プレーンな白Tとスニーカーでスタイリング。ベージュのキャップとゴールドフープピアスで、顔周りの華やぎを高めて。

【茶色】のキャップコーデ

大人らしさを加味してくれるのは【茶色】のキャップ。カジュアルながらも品の良さを加えてくれるので、年を重ねても長く使える便利アイテム。

ブラウン×チェックを効かせるトラッドコーデ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/muu0103/16440713/

白ロンTとグレーパンツのシンプルな着こなしに、チェックアウターと茶色キャップを合わせてトラッドムードへ導いて。他の小物は、抜けのあるベージュが好バランス。

レディな装いを適度にカジュアルダウン

{1}

画像引用元:https://wear.jp/muu0103/13319685/

春らしいグリーンのボーダーカットソーに、キャメルのビスチェワンピースを合わせてレディな装いに。茶色のキャップなら、上品さはキープしながら適度にカジュアルダウンできる「ちょうど良い外し役」としてぴったり。

淡い配色のアクセントとして

{1}

画像引用元:https://wear.jp/ccc4275/16749687/

白の半袖シャツにシアーシャツを忍ばせて今っぽいレイヤードコーデを作ったら、ベージュパンツと白スニーカーで軽やかに。茶色のキャップをポイントに、優しい配色を程よく引き締めて。

茶色で奥行きをメイク

{1}

画像引用元:https://wear.jp/kazumi0728/15264582/

肌馴染みの良いベージュのチューブトップオールインワンに、茶色のタンクトップとキャップを合わせて奥行きをプラス。黒の繊細ストラップサンダルや、バンブーハンドルのバッグで季節感を高めて。

茶色を基調に大人のカジュアルコーデ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/sayaka523/13009489/

爽やかな白のノースリーブトップスに、ライトブラウンのロングスカートを合わせて縦に長いシルエットをメイク。スカートとトーンの異なる茶色キャップを添えて、大人カジュアルを作って。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP