• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

チークの選び方のポイントを解説!あなたに似合うベスト商品は?

2020.01.22
チークの選び方のポイントを解説!あなたに似合うベスト商品は?
チョア
チョア
株式会社アイ・エヌ・ジー所属

こんにちは!コスメライターのチョアです。 コスメの中でポイントメイクとして、チークを日常的に使っている人は多いと思いますが、"自分に合ったチーク"をしっかり使えていますか? 普段チークを使わない人も、チークはポイントメイクの中でも顔の血色を良くしてくれて、顔全体のバランスをとってくれる重要なコスメなんです! リップやアイシャドウと違って、チークはよくある無難な色を選んでいたり、一種類で十分!と思っている人も多いようですが、実はチークこそ自分のベースに合ったカラーや、リップやアイメイクとの相性で選ぶのが大切なコスメなんです! 今回は知っているようで知らない人が多い、自分に合ったチークの選び方・使い方と、今話題のおすすめチークをご紹介します。




■自分に似合うチークの正しい選び方■

肌の色味(イエローベースorブルーベース)に合わせる



そもそもチークには、お肌の血色をよく見せて顔全体を明るく見せたり、顔全体にメリハリを持たせ立体感を出したり、肌をきれいに見せてくれたりと、嬉しい効果がたくさんあるんです!

チークは使ってるけど結局自分に合う色が分からないと思っている人も多いはず。
そんなときは、まず自分のお肌のベースカラーを知ることから始めましょう。

お肌のベースカラーに合わせたチークを選ぶことで、ナチュラルにお肌に馴染んでくれるチークが見つかります。そのためには、イエロベースかブルーベースかをまずはチェックするのが重要です!

イエロベースの主な特徴
・お肌がクリームやイエロー寄りの色
・頬の赤みが薄い
・日焼けをしたとき黒くなりやすい
・黒目が茶色で白目はクリーム色

イエロベースは日本人などアジア系に多く、暖かい健康的な雰囲気に見えるのが特徴で、上記に多く当てはまる人はイエロベースと言えます。
イエロベースの人におすすめのチークカラーは、淡いピンクやオレンジ・ベージュ系の暖かみのあるカラーが相性ぴったりです。

ブルーベースの主な特徴
・お肌がピンクや青みがかっている
・頬の赤みが出やすい
・日焼けをしたとき赤くなりやすい
・黒目が黒やこげ茶で白目は白に近い色

ブルーベースは透明感のある雰囲気が特徴で、上記に多く当てはまる人はブルーベースといえます。
ブルーベースの人におすすめのチークカラーは、ピンク系全般がおすすめ。中でもローズピンクやホットピンクなどの色合いが相性ぴったりです!

自分が「こう見られたい」というイメージを大切にする

自分に合ったカラーがわかった後は、「今日の自分はこんな雰囲気にしたい!」というイメージを持つことが大切。
イエロベースの人もブルーベースの人も、それぞれ可愛い雰囲気や大人っぽい雰囲気にしたいというテーマがあるはず。

自分がなりたいイメージを第一にチークカラーを選ぶと、いつもよりワンランク上の仕上がりになってくれます。
まずはキュートor健康的or大人っぽいの3種類から今日の自分にぴったりなイメージを見つけましょう!

{1}

・ふんわり可愛いキュートな雰囲気
イエロベースの人で、華やかで可愛さを出したい人は、コーラルピンクやサーモンピンク系がおすすめ。
同じくブルーベースの人は、ベビーピンクやスモーキーピンクが相性ぴったり。

・明るく元気な健康的な雰囲気
イエロベースなら、オレンジ系やアップリコット系がおすすめ。
ブルーベースならホットピンクやマゼンダなどの血色がよく見えるカラーがGOOD。

・大人っぽい落ち着いた雰囲気
イエロベースの人は、ベージュ系やオレンジベージュが相性ぴったり。
ブルーベースなら、ローズピンクやオールドローズなどのカラーがおすすめです。

チークのタイプごとの特徴から使いやすいものを選ぶ

自分に合ったチークカラーが見つかったら、次に大切なのがチークのタイプ別の特徴をそれぞれ知ること!
ベースメイクが人によって違うように、チークにもタイプによっては合う・合わないが出てきます。

チークのタイプにはパウダー・クリーム・リキッド・クッションと主に4つの種類があるので、自分のお肌に合ったタイプを見つけて、チークの幅を広げましょう!

{1}

・パウダータイプ
チークといえばこれ!と思い浮かべる人も多いパウダータイプ。チークが苦手な人や、どんな肌タイプの人でも、プレストパウダーがふんわりとお肌に馴染んでくれるのが特徴です。
ブラシを使って軽く頬を撫でるようにつけるのがポイントで、誰にでも使えるタイプともいえます。

・クリームタイプ
クリーム状のこのタイプは、ものによっては固めなものと柔らかいテクスチャのものがあります。お肌に密着してくれるしっとりした質感が特徴で、発色がいいのもポイント。
フィニッシュパウダーなどを使う人は、色ムラができないようにパウダーの前に使いましょう。

・リキッドタイプ
クリームタイプよりも液状でさらっとした伸びのいいリキッドタイプは、クリームよりは抑えめの発色になるのでナチュラルが好きな人にはぴったり。ツヤ感を出したい人にもおすすめです。
クリーム同様、色むらができないようにパウダー前に使いましょう。

・クッションタイプ
最近浸透してきたクッションファンデーションと同じように、クッションにリキッドが染み込んだタイプ。付属のパフで軽く顔に乗せるだけなので、誰でも使いやすく、肌なじみがいいのが特徴です。
メイク初心者の人や時短メイクをしたい人にもおすすめです。




■チークの塗り方で注意することは?■

チークを塗るのがNGな箇所



カラーやタイプが決まったら早速チークをつけよう!と思っても一番悩むのがチークを塗る場所。どんなに自分のお肌に合ったチークが見つかっても、塗る場所一つで印象はガラッと変わってしまいます。

チークを失敗しないためには、まずはチークのNGゾーンを知ることが大事です!

{1}

チークのNGゾーンは主に3つあります。

①小鼻の水平ラインから下
小鼻の水平ラインから下の位置につけてしまうと、顔が下がったようなたるみ顔に見えてしまうので注意が必要です。

②鼻の横側
鼻のすぐ横のラインにチークを塗ると、自然な頬の位置ではないので赤ら顔に見えてしまいます。

③フェイスライン
フェイスライン辺りに塗ると顔が膨張して見えてしまいます。老け顔に見えてしまうのでこのラインには塗らないようにしましょう。

一度に多量のチークを肌に乗せない

チークで失敗しやすい例として、いつもよりチークをつけすぎてしまった!という経験がある人は多いのではないでしょうか?

チークをつけるときは、少量を少しずつ乗せていくのがポイント。一気に済まそうすると、その時の粉やリキッドの付き方で大分色味や濃さが変わってきてしまいます。

パウダーチークなら大きめで毛の柔らかいブラシで軽く粉をつけるくらいがベスト。
クリームやリキッドの場合も、少しずつ重ね塗りをして色味を調整するのがおすすめです。

顔のタイプに合わせてチークを塗る

アイメイクではつり目さんやたれ目さんなどタイプによってメイクの仕方が変わってくるのと同じように、チークも顔の形ごとに塗る場所や塗り方を変える必要があります。

まずは自分の顔の形が、丸顔・面長顔・逆三角形顔のどれが当てはまるかチェックしてみてください。

丸顔さんは顔の縦横の比率がほとんど同じくらいで、フェイスラインに丸みがある人が当てはまります。面長顔さんは顔の縦幅が少し長い人、そして逆三角形顔さんは、額の横幅が広く顎に向かってフェイスラインがスッキリしている人が当てはまります。

・丸顔さんにおすすめなチークの塗り方
丸顔さんはフェイスラインをスッキリ見せられるように、にこっと笑った時の頬骨よりも少し上からこめかみに向かって塗りましょう。シャープなフェイスラインに見せてくれます。

・面長顔さんにおすすめなチークの塗り方
面長顔さんは頬骨よりも高い位置にチークを塗らないように、頬骨よりも低い位置から小鼻の水平ラインよりも上の辺りに横広を意識したチークを塗りましょう。

・逆三角形顔さんにおすすめのなチークの塗り方
逆三角形顔さんはシャープになりすぎないように頬の内側から丸みを意識してふんわりチークを塗るのがおすすめです。




■マジョリカマジョルカのおすすめチーク2商品を紹介!■

自然な血色!クリーム・デ・チーク(RD411)


結局どんなチークがいいの?と思っている人へ、今話題のおすすめチークをご紹介します!

一つめはマジョリカマジョルカの「クリーム・デ・チーク」
クリームチークの中でもリキッドに近い柔らかいテクスチャのチークで、発色もよく伸びもいいのが特徴です。

つけた瞬間に肌にぴったり馴染んでくれるので、着け心地も抜群。自然な血色感を出してくれるのでナチュラルな透け感を楽しみたい人におすすめです。

{1}

使い方としてはハケについたクリームチークを少しだけ頬に乗せて指で軽くポンポンと馴染ませるだけでOK。
少量でも高発色ですが、色味をもっと楽しみたい人は少しずつ様子を見ながら重ね塗りをしてみましょう。

ナチュラルに見せたい人は、少量を乗せた後に円を描くように指で馴染ませれば自然な発色のチークになります。

お肌にすっと馴染んでくれて、透明感のあるぷるんとした仕上がりになるので、クリームチークに挑戦したことがない人も、ぜひこの機会にチャレンジしてみてくださいね!

簡単お手入れ!パフ・デ・チーク(PK302)

クリームチークが上手くできるか不安...という人には定番のパウダーチークがおすすめ!
2つめにご紹介するマジョリカマジョルカの「パフ・デ・チーク」は付属のパフでポンポンと軽く乗せるだけでOKの、初心者さんでも簡単にできるチークです。

中でもこの「フラワーハーモニー」シリーズはマーブルグラデーションが特徴で、ほんのりとしたラメがくすみを目立たなくして明るい印象に仕上げてくれます。

{1}

使い方はとっても簡単で、付属のパフで本体にくるくるっと馴染ませた後に、ポンポンと軽く頬に乗せるだけでOK!パウダーチークならではの、ふんわりとした柔らかい雰囲気を作ってくれます。

ほんのりしたラメがハイライト効果も出してくれるのでパッと明るい印象にしてくれて、誰でも簡単にできる「パフ・デ・チーク」は持っていて損はないアイテムです。

チークを上手に使いこなして自分らしさを出せるメイクをマスターしよう!

いかがでしたか?
ポイントメイクの中でも実は重要な存在であるチーク。
自分の魅力を最大限に引き出せるように、チークをマスターして自分らしいメイクにチャレンジしてみてくださいね!

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP