LIFESTYLE

快眠グッズで暑い夏を乗り切ろう!涼感たっぷりおすすめ商品8選

快眠グッズで暑い夏を乗り切ろう!涼感たっぷりおすすめ商品8選

真夏は、夜も気温が下がらなくて寝苦しいですよね。今回は、夏におすすめの快眠グッズをご紹介します。寝室の環境を整えて、心地よく眠れるようにしましょう。

涼感のある敷きパッドやシーツ

眠っている間、身体の広い面積に接している敷きパッドやシーツを、涼しく感じる素材に変えてみましょう。接触冷感の指標として接触冷湿感評価値というものがあり、0.2W/cm2以上なら触れたとき「冷たい」と感じられます。敷きパッドやシーツ選びの参考にしてくださいね。

ベッドと白いシーツ

カラーも重要なポイント。青や白など、涼しく感じるカラーを選びましょう。

掛け布団も涼感素材のものを選ぶ

夏も掛け布団を使用している方は、掛け布団カバーに涼感素材のものを使うと気持ちよく眠れます。夏場は掛け布団を使わず、タオルケットやガーゼケットを使用している方もいるでしょう。涼感を求めるなら、リネンのガーゼケットがおすすめ。吸湿性を求めるならタオルケットが向いています。

ダブルベッドのある寝室

夏場に薄い肌掛け布団を使っている人は、布団カバーを涼感素材にしてさらに涼しく。

白いガーゼケット

肌掛け布団の代わりにリネン製のガーゼケットを用いても涼しく感じられます。

涼感抱きまくらでひんやり

抱きまくらも、涼感素材を使っている夏向けの商品があります。脇や足の間など、体温が高いと熱がこもりやすい場所も涼しくできるので、暑がりさんには特におすすめです。サイズもいろいろありますので、売り場で実際に見て、自分に合った大きさのものを選びましょう。

クッションを抱いてソファで眠る女性

身体のラインに合わせて抱ける涼感素材の抱き枕は、気持ち良い体勢が取れて快眠に導いてくれます。

パジャマも涼しいガーゼ素材がおすすめ

ガーゼ素材は通気性が良く、夏に適した素材です。肌触りも良いので、ずっと肌に触れているパジャマにぴったり。いつも着ているコットン素材のパジャマが暑いと感じるなら、ぜひガーゼ素材に変えてみてください。

さまざまなデザインのガーゼ素材

ガーゼ素材のパジャマは、通気性の高さと肌触りのよさが魅力。

頭部の熱を取るグッズもいろいろ

頭部に熱がこもっていると、身体が涼しくてもまだ暑いと感じてしまいます。頭部をクールダウンするのにおすすめのグッズは、子どもの解熱時に使われる冷却ジェルシート。気持ちよく熱を取ってくれます。枕も、冷感素材や昔ながらの籐(とう)製の枕に変えてみて。

冷却ジェルシートをおでこに貼った女の子

発熱のときだけでなく、寝苦しい夜にも活用したい冷却ジェルシート。

籐(とう)

籐(とう)素材の枕は、通気性抜群で頭に熱がこもりません。

目の疲れにも効くアイピローで快眠習慣

パソコンやスマホの画面を凝視しすぎて眼精疲労に陥っていると、なかなか寝付けなくなります。目の疲れには、アイピローを使うと効果的。温冷両用タイプだと、季節を問わず使えて便利です。

横たわってアイピローで顔を覆っている女性

目が疲れていると快眠の妨げに。アイピローで目をいたわって、心地よい眠りに就きましょう。

暑いと感じたらシュッと吹きかける冷感スプレー

部屋のエアコンがあまり効かずどうしても暑いというときは、冷感スプレーを使うのもおすすめです。寝る前に、パジャマやシーツなどにかけて冷感を得るスプレーを使ったり、火照っている身体を冷やすスプレーなど、使う場所に適した冷感スプレーを選びましょう。

太陽が照り付ける中冷感スプレーを使う女性

暑い昼間はもちろん、寝苦しい夜にも使える冷感スプレーで快眠しましょう。

布団や枕にハッカ油スプレーも効果的

自然素材で冷感スプレーを作りたい場合は、ハッカ油がおすすめです。ハッカは、ニホンハッカともいい、強い清涼感が暑気を払ってくれます。布団や枕元に少しスプレーして「スーッ」とした香りで涼感を得ましょう。

ニホンハッカ

ニホンハッカは、ペパーミントに比べて清涼感が強いので、涼感を得るスプレーにおすすめです。

まとめ

夏になるとなかなか寝付けない人は、寝室の環境を見直してみてくださいね。ご紹介した快眠グッズを試してみて、心地よい眠りで夏の疲れを取りましょう。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのインテリア・寝具・収納TOP
> LINEショッピングTOP