LIFESTYLE

9月7日は「クリーナーの日」スゴ技連発のおそうじテクニック

9月7日は「クリーナーの日」スゴ技連発のおそうじテクニック

空気が乾燥して気温が下がる秋は掃除にちょうどいい季節。冬を迎える前にしつこい汚れを落としておきましょう。今回は便利なお掃除テクニックをご紹介します。

キッチンの油汚れはラップで密着

なかなか落としにくい油汚れには、ラップを使ったパックがおすすめです。油汚れ用の洗剤をまんべんなくかけて、全体をラップで覆います。10分ほど放置しておくと汚れが浮いてくるので、あとはラップをはがして拭き取るだけ。洗剤が残らないように水拭きしましょう。

キッチンの油汚れ落とし

ラップは適度に切り分けて全体にかぶせるのがポイント。密着させることで洗剤が汚れに浸透します。

五徳やグリル網はつけ置き洗い

五徳やグリル網などの油汚れはつけ置き洗いが効果的です。大きなゴミ袋を2枚重ねて40〜50度くらいのお湯を注ぎます。塩素系の台所用漂白剤と台所用洗剤を加えて混ぜたら、パーツを入れて空気を抜くように袋を結んでください。20分ほど放置して洗い流しましょう。

ガスコンロの五徳とグリル網

お湯に重曹を溶かしてつけ置きする方法もおすすめ。煮出す場合はクエン酸も加えて水から火にかけましょう。

水回りの掃除はクエン酸が大活躍

水あかや石鹸カス、鏡のうろこ、蛇口、トイレなど、水回りにたまるアルカリ性の汚れには、クエン酸が効果的です。ぬるま湯とクエン酸をよく混ぜてクエン酸スプレーを作ります。気になるところに吹きかけてブラシでこすったら、水拭きで仕上げましょう。

きれいな洗面所

クエン酸は消臭や抗菌効果も期待できます。大理石やアルミ、タイルには使えないので注意しましょう。

お風呂の黒カビは湿布ですっきり

黒カビはいつもの浴室掃除に湿布をプラスすると効果的。黒カビにカビ取り洗剤をスプレーし、ティッシュをねじって作ったこよりを当てて湿布します。こよりの上からもう一度スプレーしたら5分ほど放置。あとはシャワーで流して、乾いたタオルで拭き取って仕上げます。

黒カビのない浴室

ドアのゴムパッキンなど、カビ取りスプレーが垂れやすい場所にできた黒カビは湿布テクニックで撃退。

ブラインドの汚れにはスポンジが便利

雑巾で拭き取りにくいブラインドの油汚れは、台所用のスポンジを使うと簡単に落とせます。水にセスキ炭酸ソーダを溶かしてスプレーを作り、ブラインドに吹きかけたら油汚れが乳化するまで30分ほど放置しましょう。あとは台所スポンジで優しくこすって仕上げます。

油汚れのないブラインド

拭きにくいブラインドには、凹凸タイプの台所スポンジが密着しやすくておすすめ。

窓掃除はスクイージーで洗剤いらず

洗剤を使うと油膜ができることも。汚れがひどくなる前に、水で簡単に掃除しましょう。泥やホコリはブラシなどで払い、油汚れがある場合は重曹水スプレーで落とします。窓に水をかけたら、スクイージーを窓と水平になるようにして真っすぐ地面に向かって動かしましょう。

スクイージーを使って窓掃除

スクイージーで水を1列切るごとに、ゴムに残った水を拭き取るのがきれいに仕上げるコツです。

秋は気持ちよく掃除ができるシーズンです。寒い時期に時間をかけて大掃除をするのは避けたいところ。今回ご紹介した、汚れタイプや場所に合わせたおすすめテクニックをぜひ参考にしてください。天気のいい日に少しずつ掃除を済ませていきましょう。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP