• スマートフォン版もご利用ください

NYヤンキース ベースボールキャップ ウール 7 1/8 (56.8cm) MoMA Limited Edition
NYヤンキース ベースボールキャップ ウール 7 1/8 (56.8cm) MoMA Limited Edition
¥9,460 10.0%
  • NYヤンキース ベースボールキャップ ウール 7 1/8 (56.8cm) MoMA Limited Edition
  • NYヤンキース ベースボールキャップ ウール 7 1/8 (56.8cm) MoMA Limited Edition
  • NYヤンキース ベースボールキャップ ウール 7 1/8 (56.8cm) MoMA Limited Edition
  • NYヤンキース ベースボールキャップ ウール 7 1/8 (56.8cm) MoMA Limited Edition
  • NYヤンキース ベースボールキャップ ウール 7 1/8 (56.8cm) MoMA Limited Edition
気に入った商品は友だちとシェア!

NYヤンキース ベースボールキャップ ウール 7 1/8 (56.8cm) MoMA Limited Edition

¥9,460 10.0%
商品説明
ベースボールキャップの誕生ニューヨーク州バッファローに拠点を置くNew Era Cap Company(ニューエラ・キャップ・カンパニー)は、1930年代からベースボールキャップを製造し続けています。1954年に同社が発表した59FIFTY野球帽のデザインは、メジャーリーグ ベースボールのオフィシャルなオンフィールド キャップになりました。60年代後半に、当時New Era社の社長だったDavid Koch(デイヴィッド・コーク)は、その後の1974年にニューヨーク ヤンキースのオーナーとなるGeorge Steinbrenner(ジョージ・スタインブレナー)と出会いました。この出会いが2人の強力なパートナーシップにつながり、それ以来、New Eraはニューヨーク ヤンキースの野球帽を作り続けています。MoMA限定で制作されたNew York Yankees ベースボールキャップは、オリジナルのウール生地を使用し、昔ながらの緑のアンダーブリムが特徴です。片側にMoMAロゴ、もう一方にはNew Eraロゴが刺繍され、背面にはMLB(Major League Baseball)ロゴがあしらわれています。この限定デザインは、2017年10月1日から2018年1月28日まで開催されたニューヨーク近代美術館の展覧会「Items: Is Fashion Modern?」に触発された商品です。この展覧会では、20世紀と21世紀の歴史と社会に大きな影響を与えた111アイテムの過去と現在を見つめ、作品によっては将来をも探ります。

この商品を見た人はこんな商品も見ています

TOP