• スマートフォン版もご利用ください

[スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ]アヴィータ ソーヴィニョン・ブラン 2019
[スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ]アヴィータ ソーヴィニョン・ブラン 2019
¥4,873 1.0%
[スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ]アヴィータ ソーヴィニョン・ブラン 2019
気に入った商品は友だちとシェア!

[スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ]アヴィータ ソーヴィニョン・ブラン 2019

¥4,873 1.0%
商品説明
〈情野ソムリエ厳選!〉力強い骨格を感じられるカリフォルニアらしい厚みのあるソーヴィニョン・ブラン 1976年『パリスの審判』でテイスティングで見事1位に輝いたワイナリー、スタッグス・リープが手がけるソーヴィニョン・ブラン種の味わいは、スッキリ爽やかとは真逆、まろやかでコクのある味わいで飲みごたえがあります。アルコールのボリューム、骨格もある重厚な仕上がりで、『ソーヴィニョン・ブラン=食前酒』という構図はこのワインには当てはまりません。ぜひ食中で飲むべきでしょう。 自然の力を応用した病虫害対策においてカリフォルニアで第一人者と言われているカーク グレイスが栽培責任者として区画毎に畑の管理を行っています。醸造所はグラヴィティシステムを採用。 スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ 1976年パリスの審判と呼ばれるフランス対カリフォルニアのテイスティングで見事1位に輝いたワインの生産者がこのスタッグス・リープ・ワイン・セラーズ。「歴史的瞬間」として、ワイン界を震撼させた出来事としてワイン史の1ページにその名を刻みました。スタッグス・リープ:ネイティブ・アメリカン(インディオ)がこの地で生活していた時代、狩猟で追い込んだ牡鹿が谷を跳び越え、逃れたという逸話に由来。ワイナリーのシンボルでもある牡鹿は「勇気・雄々しさ・躍動感」の象徴であり、すなわちワインのスタイルとしても表現されている。 醸造責任者 マーカス・ノタロ ニューヨーク州出身。シアトルの大学で醸造学を学びシャトー・サンミッシェルでワインメーカーとしてのキャリアをスタート。トスカーナの名門アンティノリでの長期研修により世界最高クラスのカベルネを作る哲学を学び、2002年よりワシントン州レッドマウンテンのコル・ソラーレ(アンティノリとサンミッシェルの共同出資)の醸造責任者を務める。2013年にこちらも両社の共同経営であるSLWCの醸造責任者に抜擢された。 ●生産年:2019年 ●生産社(者):スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ ●生産国、地域:アメリカ、カリフォルニア ●種類:白ワイン ●ブドウ品種:ソーヴィニョン・ブラン 90%、ソーヴィニョン・ムスク 8%、マスカット・カネリ 2% ●サイズ:750ml ●味わい:辛口 ●合わせる料理:塩の焼き鳥、魚介の香草焼き

この商品を見た人はこんな商品も見ています

TOP