• notification
  • スマートフォン版もご利用ください

マチスのアート 低木
マチスのアート 低木
¥16,500 0.5%
  • マチスのアート 低木
  • マチスのアート 低木
  • マチスのアート 低木
  • マチスのアート 低木
  • マチスのアート 低木
  • マチスのアート 低木
  • マチスのアート 低木
/
気に入った商品は友だちとシェア!

マチスのアート 低木

¥16,500 0.5%
商品説明
インテリアの仕上げに心和む名作アートを。
インテリアに合わせやすいと好評のマチスの人気アート。ダイナミックなタッチで描かれた木が印象的で、どんなテイストのお部屋にも飾りやすい人気の「低木」。1枚でも様になり、お部屋のインテリアの主役になります。壁に馴染みやすいワントーンの色調のため、アート初心者の方にも失敗なく取り入れやすいのでお勧めです。【アンリ・マティス】1869年、北フランスのル・カトー・カンブレジに生まれる。1887ー88年パリで法学を学ぶ。卒業後法律事務所の書記となる。1892年、父親の猛反対を説得して、アカデミー・ジュリアンに入学し、1898年パリ美術学校に入学し、ギュスタヴ・モローの教室で学ぶ。この教室でジョルジュ・ルオーやアルベール・マルケなど出会う。1898年アメリー・パレイルと結婚。続く数年は制作の上でも経済的にも最悪の状況。マティスは家族の貧弱な収入を補うため画家の他、装飾家として仕事につく。1911年モロッコに行き、風景や人間に発想源を見出だす。「オダリスク」の連作がはじまる。1920年ストラヴィンスキーのバレエ「ナイチンゲールの歌」の舞台装置や衣装をデザインする。1943年ヴァンスに移住。画家としてだけではなく、彫刻家としても制作を続ける。1948年初めての主要な切り紙絵(グアッシュ、デクペ)、室内画のシリーズで彼の絵画の仕事は終わりを告げる。1947-52年ヴァンスのロザリオ礼拝堂の装飾を依頼される。1951年切り紙絵の制作。1952年ル・カトー・カンブレジにマティス美術館が開館される。1954年ヴァンスの自宅で死去。享年84歳。
TOP