• スマートフォン版もご利用ください

FYN9-587 <菊摩呂こけし工房> メキシこけし 赤×黒 工芸品 伝統 インテリア 置物 山形県 西川町
FYN9-587 <菊摩呂こけし工房> メキシこけし 赤×黒 工芸品 伝統 インテリア 置物 山形県 西川町
¥14,000 1.0%
  • FYN9-587 <菊摩呂こけし工房> メキシこけし 赤×黒 工芸品 伝統 インテリア 置物 山形県 西川町
  • FYN9-587 <菊摩呂こけし工房> メキシこけし 赤×黒 工芸品 伝統 インテリア 置物 山形県 西川町
  • FYN9-587 <菊摩呂こけし工房> メキシこけし 赤×黒 工芸品 伝統 インテリア 置物 山形県 西川町
気に入った商品は友だちとシェア!

故郷納税 FYN9-587 <菊摩呂こけし工房> メキシこけし 赤×黒 工芸品 伝統 インテリア 置物 山形県 西川町

¥14,000 1.0%
商品説明
山形県西川町大井沢の「菊摩呂こけし工房」は、創始者・志田摩麻呂の孫・志田菊宏氏により現代へ継承される山形系こけしの工房です。2020年、菊宏氏の娘・楓さんも工人として作品を発表し、あらたな創作こけしの世界が注目されています。こけしは材木の乾燥・切り出しから絵付けに至るまでにさまざまな工程があり、一体一体に表情の違いを感じられる温かみが人気となり、木の素朴な風合い、かわいらしい表情、とりわけ東北の手作りこけしを愛好・収集する若い女性達「こけ女」が誕生するなど、じわじわと収集家が増えています。【メキシこけし】以前メキシコ観光局に勤めていた方からの「メキシコと日本の友好に、メキシコ・こけしのコラボができないだろうか」という発想からできたメキシこけし。帽子や胴部分に描かれた描写も緻密で、菊宏工人の感覚とセンスを活かした作品となっています。色 :赤×黒高さ:帽子あり約15cm/帽子なし約11cm※写真はイメージです。手づくりの為、1点1点仕上がりが異なります。※手づくりの為、お届けまでに1か月程度かかります。(制作状況によって2~3ヶ月お時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。)

この商品を見た人はこんな商品も見ています

TOP