• スマートフォン版もご利用ください

マスクメロンシャーベット
マスクメロンシャーベット
¥16,200 1.0%
マスクメロンシャーベット
気に入った商品は友だちとシェア!

マスクメロンシャーベット

¥16,200 1.0%
商品説明
多くの美食家を顧客にもつ高級果実店の始まりは、江戸時代。徳川家御用商人として、各界の寵を受けました。屋号の「千疋屋」は、侍であった初代弁蔵の出身地、武蔵国千疋の郷に由来します。1834(天保5)年には、東京・日本橋に店を構え、国内のみならず海外からも珍しい果物を入荷。日本で初めての果物専門店として注目を集めました。1925(大正14)年には、銀座松屋にフルーツパーラーを出店。モボ・モガたちが、フルーツを楽しむ様子が目に浮かぶようです。高級果実のなかでも当時から千疋屋の看板として知られていたのが、マスクメロン。静岡の指定果樹園で作られ、一本の枝に1個しか果実を実らせない「一本一果」で育てられた最高級のもの。表皮の網目がきれいに揃っているのが特徴ですが、これは中の糖度がむらなく均等な証なのだとか。このメロンを完熟させて、贅沢に味わうお菓子が、この「マスクメロンシャーベット」。半身をくりぬき、その中にふんわり滑らかになるまで攪拌したシャーベットと、さいころ状に切った果汁たっぷりのマスクメロンを埋め込み、凍らせて作ります。「一つ一つが熟練の職人による手作りなので、せいぜい一日に20個が限度なんです」とシェフパティシエの米山 裕さん。まず、包みを開けたときの驚き。そして滑らかなシャーベットと、シャリッと凍ったとろみのある果肉、二つの異なる食感が口の中で優雅に溶け合い、なんとも幸せな気分に。冷蔵庫で1~2時間程度、お好みでスプーンがすっと入るやわらかさに少し溶かすと、いっそうおいしくいただけます。パーティの締めに振る舞うと歓声が上がりそうな、贅沢なデザートです。贈り物にも最適。

レビュー

あなたのレビューを待っています。
この商品の最初のレビューを書いてください !
TOP