LIFESTYLE

七五三の意味や由来をおさらい!お参りやお祝いのポイントをチェック

七五三の意味や由来をおさらい!お参りやお祝いのポイントをチェック

子どもの成長をお祝いする七五三。お参りや写真撮影など楽しみがいっぱいですね。そこで今回は、七五三のお参りやお祝いについてご紹介していきます。

七五三は日本の年中行事

七五三は「ハレの舞台」と呼ばれることも。日本人の生活には、特別な日(ハレ)があります。お正月や七五三のように、毎年同じ時期にめぐってくるハレの日には年中行事がおこなわれ、神様にごちそうをお供えして一緒に食事をするのが習わしです。

武家屋敷

年中行事は奈良時代から平安時代にかけて生まれ、宮中から武家社会、庶民の生活へと普及していきました。

桃の節句

子どもに関わる年中行事は、七五三のほかに桃の節句や端午の節句があります。

七五三の由来とは?

日本では昔から子どもは神様から授かったものといわれてきました。七歳までは神の子とされ、幼いうちは魂が定着しないと考えられたことから、神前儀式には魂を固めるという意味があります。七五三に食べる千歳飴は、長寿の願いを込めた縁起物です。

三日月藩乃井野陣屋跡

江戸時代の武家社会では、三歳で男女、五歳で女の子、七歳になると男の子のお祝いするのが風習でした。

和装のこども

成長の節目となる三・五・七歳に儀式をおこなったのが七五三の由来です。

七五三は数え年でも満年齢でもOK

江戸時代の儀式には年齢ごとの意味があります。男女とも三歳になると「髪置」の儀式をおこない、髪を剃るのをやめて生育を願いました。五歳の儀式は男子が初めて袴をはいて男として認められる「袴着」、七歳の儀式は女子が付け帯から大人の帯に変える「帯解」です。

千歳飴を持つ女の子

昔は数え年が節目とされていましたが、現在は特に決まりがなく、満年齢でも問題ありません。

七五三のイメージ

七五三は男の子と女の子でお祝いする年齢が異なりますが、地域によっても風習の違いがあります。

七五三の参拝で気をつけたいこと

神社ではマナーを守ることが大切。鳥居をくぐる前に身なりを整えて、一礼してから境内へ入ります。参道の真ん中は神様が通る道です。左右どちらかに寄って歩き、手水舎で心身を清めたら神前へ。一礼後に鈴を鳴らしてからお賽銭を入れ、二礼二拍手一礼で参拝しましょう。

神社の本殿

神前儀式である七五三は、住んでいる地域の氏神様にお参りするのが一般的です。

池上本門寺

お寺の参拝では、許可があれば鐘をつきます。一礼してお賽銭を入れ、合掌後に一礼し、拍手はしません。

七五三の写真撮影をする時期は?

七五三の記念写真は11月15日のお参りにする風潮がありましたが、近年では前撮りや後撮りを別でおこなうケースが多くなっています。時期をずらして撮影することで、スケジュールにゆとりができたり、料金がリーズナブルになったりするのがメリットです。

パソコンを見る夫婦

前撮りや後撮りなら、子どもが体調を崩した場合でもスケジュールが調整できます。

七五三の記念写真

参拝時は疲れて子どもがグズってしまうのが心配という場合は、別撮りも選択肢のひとつです。

七五三祝いをもらったときの返礼

七五三は子どもの成長に対するお祝い事なので、お返しをしなくても問題はありません。とはいえ、祖父母や親戚などからお祝いをいただいたら、そのままにするのは気が引けるもの。近くに住んでいて親しい間柄であれば、内祝いを兼ねて食事会に招くといいでしょう。

兄妹の七五三

遠方で会えない場合は、七五三の記念写真を添えて返礼品を送るのがおすすめです。

千歳飴

返礼品は千歳飴や菓子折りなどが一般的。いただいた金額の三割または半返しが相場の目安です。

七五三の返礼品に!色々なお菓子や雑貨など

まとめ

七五三の由来やお参りについてご紹介しました。兄弟姉妹がいる場合は、上の子は満年齢、下の子は数え年として一緒にお祝いすることも可能です。ご祈祷の予約ができる寺社もあるので事前にチェックしておきましょう。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングの日用品雑貨・文房具・手芸TOP
> LINEショッピングTOP