• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

黒留袖にはどんな髪飾りをつける?種類や選ぶ際の注意点をご紹介

2020.05.14
黒留袖にはどんな髪飾りをつける?種類や選ぶ際の注意点をご紹介
LINEショッピング
LINEショッピング
編集部

黒留袖は、家族の結婚式など、人生の節目となるようなイベントで着られることの多い格式の高い着物です。そんなフォーマルな装いだからこそ、着付けだけでなく、髪型をどうするのかも迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 今回は、黒留袖を着るときの「髪飾り」について、種類や選ぶ際の注意点、おすすめのデザインなどをご紹介します。黒留袖に合う髪飾りを知り、おめでたい場にふさわしい装いの準備をしておきましょう。

黒留袖を着るのはどんなとき?

黒留袖は、女性の「第一礼装」です。ただし、黒留袖を着るのは未婚女性ではなく、既婚女性に限られます。具体的には、結婚式・披露宴の礼装で、新郎新婦の母親や祖母、あるいは仲人夫人というように、ごく近しい立場の女性が着用します。

黒留袖は、ご自分が主催者の一員、または主賓となる、比較的フォーマルな場所で行われるイベントに着ていく着物なのです。主催者側の女性陣が、式に招いたゲストに感謝の気持ちを表現するために身につける着物なので、友人や同僚として参加する場合は、黒留袖を着るとマナー違反になるので、気をつけてくださいね。

黒留袖につける髪飾りの種類

「黒留袖を着る際には、髪飾りをつけなければならないの?」と悩む方もいらっしゃるかと思いますが、そのような決まりはありません。ですが、つけることによって、より一層華やかになることは間違いありません。

髪型が一気に華やかになると、式場の格が上がることが期待できますね。ここでは、黒留袖につける髪飾りには、どんな種類のものがあるかをご紹介します。

かんざし

まず1つ目は「かんざし」です。髪飾りの中でも、かんざしは伝統的な和のイメージが強いアイテムで、黒留袖によくマッチします。種類も豊富で、漆塗りの木製、金や銀を使った金属・真鍮製、べっこうや象牙などの高級品、プラスチック製など、幅広いラインナップがあります。

黒留袖に合わせるかんざしの形は、扇形や玉かんざしが定番とされているようです。昔から作られている形状なので、和装の姿にフィットして、より着物を引き立ててくれるでしょう。

また、かんざしに描かれている柄は、相手の幸せを願う思いや、お祝いの意味がある植物や動物など、縁起のいいものが多く見られます。まさにお祝いの席にぴったりの髪飾りといえるでしょう。

コームの髪飾り

2つ目は「コーム」の髪飾りです。コームの髪飾りは、両端まで歯がある形をしています。西洋風のイメージがありますが、最近のコームは、日本の伝統的な工芸で飾りをつけて作られているものもあるので、着物でもコーディネイトしやすくなっています。

コームタイプは、アップスタイルのまとめ髪にすっと挿すだけで、とても上品で華やかに仕上がりますよ。

黒留袖に合わせるなら、シンプルなデザインはもちろん、おめでたい金や銀の入ったものや、上品なパールや珊瑚などのパーツがついたものも人気があります。

かんざしをつける頻度がそこまで高くないのであれば、和洋折衷なコームタイプを選ぶのもオススメです。

黒留袖につける髪飾りを選ぶ際の注意点

黒留袖を着るときは、フォーマルな場面だからこそ、髪飾りにもマナーやルールがあります。ここでは、失敗を避けるための注意点をふたつご紹介します。

主役より目立つ髪飾りはNG

結婚式参列の際は、主役になる花嫁より目立たないことが最優先です。黒留袖は新郎新婦に近い立場の女性が着る、ゲストの方々をおもてなしするためのもっとも格式高い礼装ですので、髪飾りも派手になりすぎないよう、上品なものを選ぶことが大切です。

また、あくまでもメインは黒留袖なので、髪飾りは着物を引き立たせるアイテムと認識しましょう。

カジュアルすぎる髪飾りは避ける

黒留袖に合わせる髪飾りは、カジュアルすぎるパーツがメインでは、黒留袖と格が合いません。場の雰囲気に合わない髪飾りは避けるようにしましょう。

普段使いに適したチープなデザインではなく、フォーマル感のある飾りや、古典的な柄付けがされた髪飾りを選ぶのがオススメです。

さいごに:黒留袖に合う上品な髪飾りのデザインをご紹介

さいごに、黒留袖に似合うオススメの髪飾りを、4つご紹介します。どのデザインも上品で、着物姿を引き立ててくれること間違いなしです。

珊瑚ビーズを使用したかんざし・コーム

珊瑚(コーラル)は長い年月をかけて育つことから、強い生命力を象徴し、結婚や子宝のお守りとしても広く知られている縁起がいいラッキーモチーフです。商売運や金運が上がるという言い伝えもあり、おめでたい席にぴったりなアイテムといえますね。

珊瑚ビーズの色には、鮮やかな赤、ピンク、オレンジやシンプルな白といったさまざまな種類があり、ご自身のイメージに合った色を選ぶことで和服姿の女性らしさをより際立ててくれますよ。

{1}

パールを使用したかんざし・コーム

パールは「好きな人を引き寄せあい、愛し合う」というような意味合いを持っているので、昔から結婚式には欠かせないアクセサリーとして定番です。主張しすぎない上品さがあり、若い方から年配の方まで、年代を問わず合わせやすいデザインとなっています。

パールと一緒に、ラインストーンやラメなどが散りばめられているものもあり、より華やかに見せてくれるのでオススメです。

また、パールは縁起のいいゴールドカラーとも相性が良いので、パール×ゴールドのかんざしを選べば、ハレの日の髪飾りとして最適ですね。

{1}

透かし掘り・べっこうのかんざし

フォーマルの装いの際にぴったりな、艶やかさのある立体的な透かし彫は、上品な印象を与えてくれます。

また、格調高いべっこう調のかんざしは、女性らしさをより引き立ててくれるため、しっとりと洗練された大人の女性にぴったりです。

べっこうには、質感が軽やかかつ滑らかであるという特徴があるため、留袖や訪問着などの礼装から、浴衣などの軽装までどんな着物に合わせても馴染みやすく、使いやすいですよ。さらに、髪色を問わず合わせやすいのも嬉しいポイントですね。

{1}

ビジューをあしらったコーム

ビジューをあしらったコームは優美な印象で、着物姿に華やかさをプラスしてくれます。

黒留袖はもちろん、和洋兼用でパーティードレスなどにも似合い、幅広くお使いいただけます。とても高級感がありながら、落ち着いた仕上がりになっていて、フォーマルシーンから普段使いまで活躍してくれます。

また、コームタイプは毛量に関係なく、幅広い髪型の方にお使いいただけるので、手軽に挑戦できるアイテムです。オールアップヘアはもちろん、ハーフアップのアレンジとも相性がいいですよ。

{1}

まとめ

今回は、結婚式などのお祝いの席で着ることが多い「黒留袖」の髪飾りについて、種類や選ぶ際の注意点、おすすめのデザインなどをご紹介しました。トータルコーディネートとして、華やかで上品な髪飾りの存在はとても重要です。

髪飾りは、種類が非常に多いので迷ってしまうかもしれませんが、留袖の色やデザインに似たものを探すとしっくり来ることが多いですよ。

髪飾り一つひとつに込められる意味や思いを大切に、主役に対しての敬意を表す手段として、ハレの日の素敵なヘアアレンジを楽しんでみてください。

上品なデザインの髪飾りをご紹介!

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP