• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

コーヒーメーカーのおすすめ4選!手軽に在宅勤務を充実させよう

2020.04.22
コーヒーメーカーのおすすめ4選!手軽に在宅勤務を充実させよう
LINEショッピング
LINEショッピング
編集部

コロナウイルスなど感染症対策の影響により、リモートワークや在宅勤務で働く人が増えています。在宅ワークでも仕事中には、美味しいコーヒーを楽しみたいものです。本記事では、在宅勤務のブレイクタイムに「手間なく美味しいコーヒーが飲みたい!」という人のために、家庭利用に向いたコーヒーメーカーの選び方を解説、おすすめのコーヒーメーカーをご紹介します。

コーヒーメーカーの選び方

コーヒーメーカー選びで重要なのは、シチュエーションを想像することです。どんなシーンでどういう使い方をしたいのか、それが想像できればポイントは絞れてきます。特に重視したい「サイズ」「手間」「性能」の3点について、詳しく見ていきましょう。

{1}

1. 本体のサイズで選ぶ

本体のサイズは、設置場所に合わせて決めるのが基本です。置き場所がない状況では、使用するたびに出し入れする手間が必要となってしまいます。

まずは設置場所を決めるために、コーヒーを飲むシーンを想像してみましょう。ダイニングでくつろぎながら飲みたいなら、キッチンやダイニングに設置するのが最適です。仕事をしながら飲みたいなら、部屋のなかに設置するほうが手軽さは増します。

さらに具体的な置き場所をイメージすることで、だいたいのサイズが絞れてきます。コンパクトなものがベストですが、設置場所が確保できているなら大き目のサイズでも問題ありません。

2. 手間で選ぶ

コーヒーの楽しみ方は、人それぞれです。「手間なく美味しいコーヒーが飲みたい」という人もいれば、「手間をかけて作る工程から楽しみたい」という人もいます。

手間を省きたい派の人には、全自動のコーヒーメーカーをおすすめします。コーヒー豆をセットするだけで、粉砕から抽出まで行ってくれるタイプです。これなら初心者でも簡単にコーヒーが作れますし、忙しい人の時短にもなります。

手間を楽しみたい人には、セミオートのコーヒーメーカーがおすすめです。このタイプは粉砕機能が付いていないので、コーヒー豆を粉にする作業や、粉を敷き詰める作業が必要となります。手間がかかるように思われるかもしれませんが、これらの工程こそが「コーヒーを入れる楽しみ」だと考える愛好家も多いのです。忙しいときには、購入したコーヒー粉を使うことで時短もできます。

また、お手入れの仕方も商品によって異なります。パーツがどこまで分解できるのか、自動掃除機能があるのかどうかなど、掃除方法も考慮して選ぶようにしましょう。

3. 機能・性能で選ぶ

最近のコーヒーメーカーは「ただコーヒーを抽出するだけ」ではなく、さまざまな機能を備えています。どんなコーヒーが好みなのか、どのような機能が欲しいのかをしっかりとイメージしてから購入するようにしましょう。

例えば、「蒸らし機能」を使えばコーヒーの味や香りをより引き出すことができますし、「保温タイマー機能」があるタイプなら温め直しの手間も省けます。また「ミルクの泡立て機能」が付いたタイプなら、手軽にカプチーノを作ることも可能です。

また、コーヒーを抽出する際の「抽出圧」もチェックしておきましょう。コーヒーのみを入れるタイプであれば3気圧や6気圧のものでも問題ありませんが、エスプレッソマシンの場合は9気圧のものがベストです。適切な圧力で抽出できれば、より深い味わいのコーヒーが楽しめます。

これで美味しくなる!コーヒーメーカーを使うときのポイント

{1}

コーヒーメーカーは、手軽にコーヒーを作ってくれる優れものです。さらにいくつかのポイントを押さえることで、もっと美味しいコーヒーが作れることをご存知ですか?実際に作ってみて「何だか物足りない」と感じたなら、ぜひお試しください。

1. 新鮮なコーヒー豆を使う

コーヒー豆は生ものです。古くなればそれだけ味や香りが飛びますので、できるだけ新鮮なコーヒー豆を使うようにしましょう。

ポイントは、購入時に「いつ焙煎した豆なのか」を確認すること。できれば、オーダーしたその場で焙煎してくれるものがベストです。残った豆は、密閉容器で保存することで劣化を防げます。

2. 水道水ではなく浄水やミネラルウォーターを使う

コーヒーに使うお水も、重要な要素です。水道水で作るとカルキ臭が残ってしまいますし、コーヒーメーカーに石灰質が付着することもあります。

美味しいコーヒーを飲みたいなら、浄水やミネラルウォーターを使うようにしましょう。一般的には「軟水と相性がよい」といわれていますが、大事なのは自分の好みです。自分が美味しいと思える水を使うこと、できるだけ新鮮な水を使うことで、美味しいコーヒーが作れます。

3. コーヒーカップを温めておく

入れたてのコーヒーを冷たいカップに注ぐ、というのはおすすめできません。温度が下がって味も変化してしまいます。

美味しいコーヒーを飲みたいなら、温度にもこだわりたいところです。入れたての味や香りを長く保つためにも、コーヒーカップは温めておきましょう。ドリップ中に温めておけば、時間を空けることなく入れたての美味しいコーヒーを味わえます。

【5,000円前後!】手軽に美味しく飲めるおすすめのコーヒーメーカー4選

在宅勤務のオトモにぴったりな、コスパのよいコーヒーメーカーをご紹介します。手軽に作れるコーヒーで、ちょっと一休みしてみませんか?

・ラドンナ TOFFY アロマドリップコーヒーメーカー K-CM5 GE

{1}

画像引用元:https://ec.line.me/product/3044194451/

1回で5杯分のコーヒーが作れるコーヒーメーカーです。蒸らしながら抽出できる間欠抽出は3段階で調節が可能。ミル機能はないので、コーヒー粉を準備する必要があります。ポット内でコーヒーが対流するため、均一な濃さで仕上がるのが特徴です。

保温プレート付きで、消し忘れ防止機能も付いています。コーヒーポットとメッシュフィルターは水洗いOKです。

・象印マホービン ZOJIRUSHI コーヒーメーカー ブラック EC-VL60-BA

{1}

画像引用元:https://ec.line.me/kaden/kitchenappliances/product/2608302515?mpid=2608302515

熱湯と蒸気でダブル加熱して、コーヒー本来の味を引き出してくれるコーヒーメーカーです。ミル付きなので、コーヒー豆をその場で挽いて新鮮なコーヒーを楽しめます。

水道水のカルキを除去する「浄水フィルター」付き。水タンクやフィルターケースはもちろん、ミルも取り外して洗うことができます。6杯分が作れる、コーヒー好きに嬉しい大容量です。

・ネスレ ネスカフェゴールドブレンド バリスタ フィフティ SPM9634-R

{1}

画像引用元:https://ec.line.me/kaden/kitchenappliances/product/3365131477?mpid=3365131477

専用のパッケージコーヒー豆を使うタイプのコーヒーメーカーです。コーヒーはもちろん、カフェラテやカプチーノも楽しめるのが嬉しいポイント。

専用アプリ内のカスタマイズ機能やアラーム機能、本体に付いたクリーニング機能で便利に清潔に使うことができます。ポット不要でカップにそのまま注げますし、本体はとてもスリムなので置き場所に困ることもありません。

・IAC-A600 アイリスオーヤマ 全自動コーヒーメーカー

{1}

画像引用元:https://ec.line.me/kaden/kitchenappliances/product/1951290889/

ミル機能付きの全自動コーヒーメーカーです。4杯分の容量で、粉・中挽き・粗挽きの3種類を選べますので、好みに合ったコーヒーが楽しめます。

40分間の保温機能付き。メッシュフィルターを使用するので、紙フィルターを購入する必要がありません。お手入れ時は、水タンクやフィルター部、お湯出口カバーを取り外して水洗いが可能です。

まとめ

コロナウイルスなどの感染症対策として、今後も在宅で仕事をするシーンが増えてくるでしょう。そのため、自宅で手軽にコーヒーを作れるコーヒーメーカーは、コーヒー好きには欠かせないアイテムです。ご自身の生活スタイルにあったコーヒーメーカーを見つけて、在宅勤務のオトモに、ちょっとしたコーヒーブレイクにと幅広く活用してみてください。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP