• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

ネイビー シャツコーデで大人にきめる!お手本スタイル21選

2020.05.11
ネイビー シャツコーデで大人にきめる!お手本スタイル21選
画像引用元:https://wear.jp/ting0331/16409327/
LINEショッピング
LINEショッピング
編集部

そのノーブルなカラーで、ぐっと大人らしい印象が楽しめる「ネイビーシャツ」。本記事では、春夏・秋冬のお手本コーデをパンツとスカートルックでそれぞれご紹介。きちんと感を役立てたオフィスコーデも紹介しているから、是非チェックしてみて。

【春夏】のネイビー シャツコーデ

まず最初に、ネイビーシャツを使った【春夏】のお手本コーデをピックアップ。スカートコーデ、パンツコーデどちらにもぴったりだから、着回し幅を広げてみて。

スカート

淡いレーススカートで抜け感を作って

{1}

画像引用元:https://wear.jp/item/45871419/

かっちりとしたハリのあるネイビーシャツに、レーススカートを合わせて春らしい印象に。コンサバに傾きがちなところ、シャーベットパープルを選ぶことで今っぽさもついてくるのが嬉しい。

ニアーカラーは柄でメリハリ付け

{1}

画像引用元:https://wear.jp/011924om/16502384/

ネイビー×ブラックの馴染みのよいワンツーは、バンダナ柄のスカートを選ぶことで立体感がアップ。上品な配色だからこそ、パープルのサンダルやオレンジのフリンジバッグで色遊び。

同系色で馴染ませて

{1}

画像引用元:https://wear.jp/nanohonbu921/16395182/

類似色であるネイビーとダークグリーンを馴染ませたスタイル。シャツにハリがあるから、スカートは風をはらむふんわり素材で軽やかに仕上げて。

パンツ

ゆったりコンビは肌見せバランスが鍵

{1}

画像引用元:https://wear.jp/ricop1112/12584520/

爽やかな開襟ネイビーシャツに、オーバーサイズのインディゴブルーデニムを合わせてリラックス。上下ともゆったりしているから、デコルテや腕をすっきり出して華奢見えを狙って。

シアー素材なら今っぽくまとまる

{1}

画像引用元:https://wear.jp/mii2selfish3/16552069/

きちんと感の高いネイビーシャツも、旬のシアー素材を選べばモード顔へとシフト。ダークピンクのサテンパンツを合わせてコントラストを効かせれば、マンネリ打破にも繋がる。

ブラウン合わせで上品に

{1}

画像引用元:https://wear.jp/erishimizu/16389641/

ネイビー×ブラウンの正統派な配色は、シャツの裾をアウトで着こなしてあえてルーズに崩したい。ゴールドのロングネックレスを添えて、縦に長い線を強調すればスタイルアップ効果もバッチリ。

プリーツパンツで動きをつけて

{1}

画像引用元:https://wear.jp/hitomi128/16277939/

程よい落ち感のあるスタンドカラーネイビーシャツに、ベージュのプリーツパンツを合わせてリズムをON。肌馴染みの良いベージュアイテムで統一すれば、ネイビーの上品さがより引き立った印象に。

白合わせなら間違いなく爽やか

{1}

画像引用元:https://wear.jp/ys17/16526358/

ネイビーシャツに白のデニムとスニーカーを合わせて、清涼感たっぷりなコーデをメイク。裾をアウトにすればコンサバに傾きすぎず、今っぽさが楽しめる。

【秋冬】のネイビー シャツコーデ

春夏のお手本コーデに続き【秋冬】のネイビーシャツ お手本コーデを6選ピックアップ。ダークカラーが多くなる季節だから、ネイビーシャツには柄を取り入れたりとメリハリをつけてみて。

スカート

コーデュロイ×チェック柄で季節感を意識

{1}

画像引用元:https://wear.jp/nicoday/14256056/

トップスの色を拾ったグレー地のチェック柄スカートに、コーデュロイ素材のネイビーシャツを合わせて秋らしさを語って。足元は軽快な白で抜け感を作ると◎。

ドット柄でクラシカルレディに

{1}

画像引用元:https://wear.jp/mre608/12056270/

細かなドットがさりげないネイビーシャツに、ベージュのタイトスカートを合わせてフェミニンな装いに。カジュアルなスニーカーで外しつつ、ローカットで足首を覗かせるとgoodバランス。

カジュアルアイテム合わせでリラックス

{1}

画像引用元:https://wear.jp/mii207/14269965/

女性らしいドット柄ネイビーシャツに、ざっくり編みのケーブルニットカーディガンとデニムスカートを合わせてリラックス感満載に。上半身にボリュームがあるから、ボトムスはすっきりシルエットでメリハリ付け。

パンツ

秋のハンサムムードを楽しみたい

{1}

画像引用元:https://wear.jp/ting0331/16409327/

端正なネイビーシャツに、綺麗めなブラウンパンツを合わせてマスキュリンな装いに。黒のベルトやブーツ、バッグを合わせてとことんハンサムに仕上げて。

レイヤード術で温感アップ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/mika000000akim/16003222/

ストライプのネイビーシャツに、白のタートルネックを忍ばせてぬくもりをアップ。足元にも白靴下を重ねて、この季節ならではのレイヤードコーデを楽しみたい。

インディゴブルーと相性バッチリ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/kanoco/16480451/

ネイビーシャツと色が似ているから、インディゴブルーデニム合わせでセットアップ風の着こなしをエンジョイ。シャツのボタンを全て閉めて、トラッドなムードを高めて。

黒のワンツーを間延びさせない

{1}

画像引用元:https://wear.jp/riiwear627/16507372/

黒パーカーとスキニーパンツのカジュアルコーデには、中にネイビーストライプシャツを重ねて間延びを払拭。足元にも白靴下を置いて、上下ともにメリハリを与えて。

ネイビーシャツを【アウター】として着こなすには?

一枚ではもちろんのこと【アウター】としても活躍するネイビーシャツ。着回し力を磨いて、ネイビーシャツの幅を広げて。

ロングシャツで縦長シルエットを意識

{1}

画像引用元:https://wear.jp/pjtamug/11409684/

グレーのタートルネックニット、そして黒のワイドパンツを合わせたエフォートレスな装いには、ネイビーのロングシャツを合わせてIラインを強調。ヘアはすっきりまとめて、さらなるスタイルアップを図って。

ミニマルルックに立体感をON

{1}

画像引用元:https://wear.jp/ass03/13240823/

白カットソーと黒スキニーのミニマルコンビには、コーデュロイ素材のネイビーシャツを合わせて立体感をアップ。シューズはヌーディなベージュを選んで抜け感を作ると美バランス。

ノルディック×コーデュロイでぬくもりを

{1}

画像引用元:https://wear.jp/yumiyumiyu/14082285/

ノルディック柄のセーターに、コーデュロイのネイビーシャツを合わせて温度を引き上げ。ほっこりしがちな組み合わせは、シックな配色やシャープなシルバーバッグで切れ味よく整えて。

ネイビーシャツで【オフィス】コーデ

その上品な出で立ちで、普段着だけでなく【オフィス】シーンにもぴったりなネイビーシャツ。オンもオフも兼用して、ネイビーシャツコーデをコンプリート。

綺麗めパンツで整える

{1}

画像引用元:https://wear.jp/yoahiru35/14512473/

とろみ素材で上品ムードが高まるネイビーシャツに、ライトグレーのテーパードパンツを合わせてとことん綺麗めに。トレンチコートをばさっと肩掛けすれば、大人の余裕感たっぷり。

洒落感も手に入れるなら

{1}

画像引用元:https://wear.jp/yuumi557188/16126551/

シャツ×センタープレスパンツの綺麗めワンツーは、スタンドカラーかつフレア袖のネイビーシャツを選ぶことでおしゃれ感度も高めに。

ドット柄で好印象にまとめて

{1}

画像引用元:https://wear.jp/lepsim2013_111/16484332/

ドット柄のネイビーシャツなら、愛らしさも加わって好印象にまとまること間違いなし。ボトムスにはシンプルなエクリュパンツを置いて、シャツを主役として引き立てて。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP