• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

夏のタイトスカートコーデ【21選】2020年「あの人オシャレ」を叶えるには?

2020.06.29
夏のタイトスカートコーデ【21選】2020年「あの人オシャレ」を叶えるには?
画像引用元:https://wear.jp/sakurarukas/16821999/
LINEショッピング
LINEショッピング
編集部

きちんと感や女性らしさを演出できるタイトスカート、2020年の夏に着こなすならどんなコーデが正解? 人気の色別タイトスカートのコーデ術の他、お仕事シーンで使えるコーデ、夏に合わせたい靴など21選ピックアップ。

夏のタイトスカートを大人っぽく着こなすポイントは?

トレンドはストリートからクラシカルへ回帰しているから、上品なフェミニンを演出するのにタイトスカートはもってこい。大人らしい印象へ導くには、下記の3つのポイントを参考にしてみて。

POINT1:ヒール合わせでレディに仕上げる

{1}

画像引用元:https://wear.jp/karenkageyama/15003627/

もともと女性らしいタイトスカート、更にヒールを加えることでぐっとレディな雰囲気に。写真のようなサンダルはもちろん、パンプスでもOK。

POINT2:落ち着いたカラーでまとめる

{1}

画像引用元:https://wear.jp/plage0010/16295420/

ニュアンスカラーやワントーンがまだまだ人気の2020年だから、落ち着いた配色で大人っぽさを狙いたい。褪せたようなカーキやオフホワイトの組み合わせで、自然をイメージさせる色合わせも旬。

POINT3:シンプルにまとめて洗練感を引き出す

{1}

画像引用元:https://wear.jp/cloud9nail/14898848/

タイトスカートの女性らしさを引き立てるべく、他のアイテムはシンプルにまとめて洗練ムードを漂わせたい。さりげないフリルやメタリックゴールドの小物など、ディテールを効かせるとマンネリ知らず。

夏はやっぱり【白】のタイトスカート

夏にタイトスカートを選ぶなら、クリーンな印象や清涼感がアップする【白】がおすすめ。他のアイテムも同色や明るめカラーを選ぶと夏らしくフレッシュな表情に。

「優しそう」な夏のニュアンスカラーコーデ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/mocawearofficial/16830110/

ベージュトップスとオフホワイトスカートのまろやかな配色で、優しげな夏コーデをメイク。トップスのメロウフリルやリンクル加工のスカートで表情を意識するとのっぺりしない。

シャープな白で夏の太陽を受け止めたい!

{1}

画像引用元:https://wear.jp/item/29524925/

ぱきっとした白の上下なら、夏の太陽にお似合い。爽やかなだけでなく、濁りのない色とストレートなタイトスカートのおかげでシャープに整うのもポイント。黒小物を上下に散らして適度に引き締めるとgoodバランス。

間延びしない白ON白コーデ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/mii207/16834241/

クリアホワイトのTシャツに、オフホワイトのタイトスカートでカラーグラデーション。クロシェ編みの甘いボトムスだから、トップスはあえてメンズライクなオーバーサイズをチョイス。

【黒】のタイトスカートも穿きたい!

使いやすさでいえば、やっぱり【黒】のタイトスカートは押さえておきたい! カジュアルから綺麗めまでハマるその使いやすさをチェック。

オーバーサイズTでメリハリを

{1}

画像引用元:https://wear.jp/maistyle/14770162/

スリムなタイトスカートだから、トップスにはちょっぴり大きめサイズを選んでメリハリ体型に。赤枠がポイントのフォトTや重厚感のあるサンダルで、定番モノトーンコーデをアップデート。

ベージュトップスで親近感を添えて

{1}

画像引用元:https://wear.jp/arinko0826/14872108/

キャップにタイトスカート、サンダルを黒で統一した装いには、ベージュトップスを合わせて抜けと親近感を演出。女っぷりの上がるレッドルージュで甘辛のバランスを楽しみたい。

旬トップスで鮮度高めに着こなす

{1}

画像引用元:https://wear.jp/item/46896461/

プリーツとサイドスリットで動くたびに素敵な表情が生まれる黒タイトスカート。シンプルなTシャツ合わせもサマになるけれど、旬のシアーシャツを選んで鮮度高く着こなして。

【その他色別】のタイトスカートコーデ

定番の白/黒の他に、夏にぴったりなカラーのタイトスカートを3つご紹介。今年の夏は、どんな色のタイトスカートを迎える?

着る人、合わせるアイテムを選ばない「エクリュ」

{1}

画像引用元:https://wear.jp/maarimo196/16771007/

昨年からじわじわと人気を集めている、生成り色である「エクリュ」。肌に馴染みやすく涼しげな印象を整えるのにぴったり。ピスタチオトップスやシアーシャツ合わせで今年らしさを堪能して。

「ミントグリーン」で瑞々しく

{1}

画像引用元:https://wear.jp/yfa09722/16926963/

夏の生き生きとした自然にマッチする「ミントグリーン」で、白トップスに更なる清涼感を与えて。ノースリーブトップス×タイトスカートなら、Iラインが強調されスタイルアップ効果抜群。

「パープル」で透明感を

{1}

画像引用元:https://wear.jp/yukieiura2015/16974976/

肌の透明感を引き上げたり、洗練された印象を与えてくれる「パープル」。夏の定番、白アイテムとの相性が良いのも◎。

【デニム】のタイトスカートコーデ

女っぽくなりすぎず、ちょうど良いカジュアルが手に入るデニム素材のタイトスカート。選ぶカラーで印象が変わってくるから、なりたいイメージに合わせた色選びにこだわりたい。

ブルー系

フレンチカジュアルに着こなして

{1}

画像引用元:https://wear.jp/item/40279969/

グリーンの小花柄トップスにちょうど良い抜け感が加えられるのも、デニム素材ならでは。インディゴブルーなら大人らしく、写真のようなアイスブルーならよりカジュアルな印象に着地。

「夏っぽい」なら断然この色!

{1}

画像引用元:https://wear.jp/item/27323588/

「いつものデニム」といえばブルー系が多いけれど、白を選ぶことで夏が似合う女性に変身。おまけにパンツではなくタイトスカートという点が周りと差をつけるテクの一つに。同じ白で合わせたシャツは、ストライプを選んでクリーンなムードを底上げ。

ハンサムな黒で甘さを軽減

{1}

画像引用元:https://wear.jp/maki1127/15011055/

さりげなく女っぽさを香らせるなら、ストイックな黒デニムがおすすめ。シンプルなトップス合わせも、タイトスカートのフロントボタンのおかげでマンネリしない。プラスするアクセサリーは、ハンサムなシルバーが好相性。

【オフィス】のタイトスカートコーデ

もともときちんと感を備えたタイトスカートだから、オフィスコーデとしても使い勝手が良い。オンオフ兼用して使い幅を広げて。

マリンスタイルで爽やかコーデ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/doorswomens01/14760955/

ネイビーのタイトスカートにボーダーTを合わせて、きちんと感のあるマリンスタイルへ。トップスがフレンチスリーブだから、ボーダーでもカジュアルになりすぎないのがポイント。

リネン素材で夏らしさを

{1}

画像引用元:https://wear.jp/erikodayo28/12940877/

オフィスシーンに欠かせないシックな黒アイテムに、リネンのラップタイトスカートを合わせて季節感を意識。リーンなシルエットと適度な肌見せで上品さを叶えて。

デザインスカートでおしゃれ心を忘れない

{1}

画像引用元:https://wear.jp/mihiro2/12563327/

クルーネックとリブが女性らしい黒Tに、チェック柄のハイウエストタイトスカートを合わせておしゃれ心を満たして。コロンと丸みのあるバレエシューズやバッグも黒統一がgoodバランス。

タイトスカートに合う靴は?

タイトスカート×靴のかけ合わせで、季節感を意識したいところ。定番シューズの中でも、夏ならどんなものを選ぶべき?

スニーカー

ローカットで足首見せが季節感あり

{1}

画像引用元:https://wear.jp/ayap0212/15000614/

タイトスカートだけでなく、全てのスカートは長め丈が主流の昨今。そんなスカートには、ローカットのスニーカー合わせで足首を見せると抜け感と季節感が加わる。ハイカットだと重く見える可能性があるので、夏には避けるのがベター。

ヒールサンダル

華奢なヒールサンダルで上品に

{1}

画像引用元:https://wear.jp/sakurarukas/16821999/

すっきりとしたシルエットのタイトスカートだから、ヒールサンダルを選ぶときは華奢ストラップで女っぷり高く仕上げたい。上品にも見せてくれるから、オフィスシーンにも◎。

フラットサンダル

「きちんと感のある」フラットサンダルがおすすめ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/adamfemme/16860806/

楽ちんなフラットサンダルを選ぶ場合には、カジュアルになりすぎないようきちんと感のあるタイプを選びたい。レザーや華奢ストラップなど、大人らしいものが狙い目!

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP