• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

カジュアルを味方に!Tシャツコーデをもっと楽しみたくなるお手本コーデ23選

2020.06.29
カジュアルを味方に!Tシャツコーデをもっと楽しみたくなるお手本コーデ23選
画像引用元:https://wear.jp/ass03/16953222/
LINEショッピング
LINEショッピング
編集部

タイムレスに活躍してくれる「Tシャツ」は、定番だからこそこなれた着こなしで周りと差をつけたい! スカートやパンツといったボトムス別お手本コーデの他、春夏/秋冬別のコーデ術もピックアップ。シンプルが様になる方法や、今っぽく見せるテクを一気見せ。

Tシャツ コーデ【3つのポイント】

「Tシャツコーデ、なんだか垢抜けない……」「無難になってしまう」という人は、下記のポイントを参考にすることで洒落感のあるTシャツコーデが叶う! ぽっちゃり対策にもおすすめの方法もご紹介しているので、早速明日から取り入れてみて。

POINT1:重ね着で着回し幅を広げる

{1}

画像引用元:https://wear.jp/item/47453977/

Tシャツのシンプルさに頼って「重ね着」を駆使して着こなし幅を広げたい。キャミソールやビスチェ、ワンピースのレイヤードなど思い思いにコーデを組んでみて。重ねる場合には、無地のTシャツがトライしやすい。

POINT2:Tシャツを軸に着飾る

{1}

画像引用元:https://wear.jp/karenkageyama/16839136/

カジュアルの定番アイテムであるTシャツは、他のアイテムで着飾ることでこなれた表情を演出。写真のようなシャカシャカアウターや大ぶりチェーンのバッグを添えても、いつものTシャツのおかげでうるさくならない。

POINT3:二の腕ぽっちゃりはビッグサイズでカバー

{1}

画像引用元:https://wear.jp/sanki0102/16777290/

Tシャツを着るときに二の腕のぽっちゃりが気になる、なんて人はビッグサイズを選んでみて。肘下を華奢に見せてくれるし、きれいめボトムスと合わせればちょうど良い抜け感を担ってくれるのがポイント。他には、ドルマンスリーブのTシャツも二の腕カバーにおすすめ。

【スカート】スタイルで程よくフェミニンに

女性らしいスカートとの組み合わせも、親しみのあるTシャツとなら気負わず取り入れることが可能。きめすぎにならず、どこか力の抜けた印象はこなれ見えに貢献。Tシャツ×スカートのお手本スタイル5選から「ちょっと周りと差のつくテク」を盗み見!

メンズライク×エレガントがNEWバランス

{1}

画像引用元:https://wear.jp/muu0103/16868530/

女っぷり高いベージュのサテンスカートに、メンズライクなオーバーサイズTシャツを合わせてデイリー仕様に。ハンサムなネイビーを選んで甘さを引くと好バランス。

ニュアンスカラーでまとめて今っぽく

{1}

画像引用元:https://wear.jp/komasan1106/16808470/

白のフォトTに、オフホワイトのクロシェスカートを合わせてカジュアルフェミニンをメイク。グレイッシュなシャツを肩に添えてれば、今っぽいニュアンスカラーコーデの出来上がり。

メッシュTでひねりを加える

{1}

画像引用元:https://wear.jp/mariko0121/17051042/

黒とグレーで統一したスタイルだから、スカートスタイルも甘くならずに大人見え。Tシャツはメッシュを選ぶことで無難にならずモード感を助長してくれるのがポイント。

ボーダーをエレガントに導く

{1}

画像引用元:https://wear.jp/saekaa/15314455/

カジュアルな印象の強いロングスリーブボーダーTシャツは、ジャストサイズを選びつつ程よくフレアな黒スカート合わせで上品に。黒の面積が多めだから、足元はヌーディなパンプス合わせで抜けを作ると◎。

ロゴ×ジャケットでいまどき顔に

{1}

画像引用元:https://wear.jp/fujisakayuka/16311043/

かっちりとした生真面目なジャケットとプリーツドットスカートの組み合わせも、刺繍ロゴTシャツを加えるだけでいまどきなテイストミックスコーデに。全体をベージュ系で統一するとすっきり。

【パンツ】スタイルでハンサムレディに

パンツとの組み合わせで、ハンサムな装いが楽しめるTシャツ。シンプルになりがちなワンツーの、手抜きに見せないテクを5選お届け。

映えるシャツをアクセサリーとして添える

{1}

画像引用元:https://wear.jp/momotun/16812262/

適度なゆとりが今年らしい白Tシャツに、ベージュのサテンパンツを合わせてきれいめ要素をプラス。ベーシックカラーに映える爽やかブルーシャツを添えればそれだけでコーデがパッと華やかに。

フォトT×きれい色パンツで脱無難

{1}

画像引用元:https://wear.jp/misato36/16981108/

大きめサイズでかえって女性らしさが強調されるフォトTに、今年狙い目のピスタチオグリーンパンツで着映えを狙いたい。フープピアスやマーブルとクリアのバングルなど、垢抜け小物の投入をお忘れなく。

黒レザーアイテムでピリッと引き締め

{1}

画像引用元:https://wear.jp/kanoco/15024347/

黒と白、そしてTシャツとデニムというミニマルワンツーは、引き締め効果のある黒を顔周りに、抜けのある白を下半身に持ってくることで軽快な印象に。黒レザーのベルトとサンダルで重厚感を足すとこなれ見え。

黒クルーネックカーディガンで立体感アップ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/saekaa/15490870/

ロゴ白Tシャツとベージュパンツ、そして白スニーカーのカジュアルスタイルに、黒のクルーネックカーディガンとレザーのスクエアバッグで立体感をプラス。アイグラスやボルドールージュのかけ合わせも真似したい!

都会派モノクロコーデにトライ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/mariko0121/16604779/

白に黒のボックスプリントTに、黒パンツを合わせて端正な表情に。透けのあるナイロンアウターをばさっと添えて、都会派ムードを盛り上げて。

春夏コーデ

Tシャツが引き立つ春夏だから、Tシャツそのものの選び方にこだわりを持ちたいところ。そこに加えるアイテムで、さらに洒落感を引き上げて。

プレーンな白Tがあれば便利

{1}

画像引用元:https://wear.jp/sanki0102/16896854/

どんなアイテムともマッチする、ちょうど良いサイズの白Tシャツを一枚持っておくと便利。ベージュのチェックジャケットとイエローパンツで、春らしい配色に。トーンが似ているから、ブラウン小物で優しく引き締めて。

カラーTシャツでサマームードを演出

{1}

画像引用元:https://wear.jp/muu0103/17046378/

いつものデニム合わせも、フレッシュなイエローTシャツのおかげでちょっと差のつくカジュアルスタイルに。バケットハットやレザーハンドルのペイズリーバッグでアクセントをON。

こだわりアイテムで上品な肌見せを

{1}

画像引用元:https://wear.jp/ass03/16953222/

フレンチスリーブの白Tシャツで柔らかな印象を作ったら、ダークグリーンのハーフパンツ合わせで上品な肌見せコーデをメイク。レザーのメッシュサンダルできちんと感を盛り上げたら、手元には抜け感のあるかごバッグが好相性。

オールブラックでシックに導く

{1}

画像引用元:https://wear.jp/hrk_ot/17026489/

女っぽいドットフレアスカートは、黒コーデでシックに着こなすのが今の気分にマッチ。ラフなプリントTシャツやビーチサンダルであえて外すときめすぎにならず◎。

レイヤードでマンネリを回避

{1}

画像引用元:https://wear.jp/maistyle/17030028/

白Tシャツとインディゴブルーデニムのシンプルな組み合わせに、カーキのキャミソールワンピースを重ねてマンネリ感を払拭。ベーシックカラーに映える赤バッグを投入して立体的に仕上げて。

秋冬コーデ

インナーとしての活躍が増えてくる秋冬。上にアイテムを重ねるから、シンプルなものを選ぶとごちゃつかずすっきり。ロングスリーブTシャツも、この季節に重宝すること間違いなし。

秋色をメインに効かせ小物を投入

{1}

画像引用元:https://wear.jp/aokimio/15401194/

どんなアイテムにも馴染む白のロングスリーブTシャツに、ブラウンのコーデュロイワンピースを合わせて秋コーデへとシフト。暖色にフレッシュなイエロースニーカー投入でパンチを効かせて。

カーディガンテクで奥行きアップ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/karenkageyama/16371192/

ミニマルなロングスリーブ白Tシャツに、ローゲージのグレーカーディガンを肩に巻いて奥行きアップ。黒レザーパンツとパンプスをかけ合わせてハンサムレディな装いに。

こっくりブラウンを引き立てる

{1}

画像引用元:https://wear.jp/saekaa/16925221/

秋らしいこっくりブラウンのジャケットセットアップは、クリアホワイトのTシャツとソックスでシャープに導いて。レトロなダークグリーンのハンドバッグは秋コーデにぴったり。

ロゴTとカーキでエレガントを身近に

{1}

画像引用元:https://wear.jp/karenkageyama/14193562/

ツヤのあるエレガントなプリーツスカートは、親しみのあるロゴTシャツとカーキで気負いなく着こなしたい。アウターとスカートの色を統一してセットアップ風に着こなすテクもこなれ見えの即戦力に。

冬のフレンチカジュアルの楽しみ方

{1}

画像引用元:https://wear.jp/saekaa/15765687/

ボーダーTシャツにブルーサロペットを合わせたカジュアルスタイルに、バレエシューズやかごバッグ、カチューシャを添えてフレンチ要素をプラス。エコファーアウターもムードを盛り上げるにぴったりのアイテム。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP