• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

ロングスカートやチュールスカートなどスカートコーデの例をご紹介!

2020.10.08
ロングスカートやチュールスカートなどスカートコーデの例をご紹介!
LINEショッピング
LINEショッピング
編集部

スカートを着こなしてみたいけれど、コーデの方法がわからない、そんなときに参考になる情報をいろいろと集めてみました。スカートの選び方のポイントについてもご紹介していますので、スカートをおしゃれに着こなしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

チェック柄のスカートコーデ

ロングスカートは大人女子の定番アイテムです。
秋にはチェック柄を取り入れて、トレンドを意識したおしゃれなコーデを目指してみてはいかがでしょう?

【スカートの丈は長めにする】

スカートの丈は長めのものを選ぶと旬の着こなしになります。
下半身をすっきり見せたい場合には、ストンと下に落ちる縦落ち感のある生地を選んでみると良いでしょう。

【トップはボリューム感のあるものを選ぶ】

トレンド感を出したい場合には、大きめのパーカーやニットなど、トップスにボリューム感のあるオーバーサイズを持ってくるのがコツです。

【足元は軽さを出す】

チェック柄のロングスカートは存在感が大きいので、足元にはコンパクトなスニーカーやフラットシューズを選んで、軽さを出してみるとバランスが良くなります。

チェック柄ロングスカートコーデの詳細はこちらでチェック
https://ec.line.me/ladiesfashion/column/30060/


夏のタイトスカートコーデ

タイトスカートは女性らしさ、きちんと感を演出したいときにおすすめのファッションアイテムです。
夏にタイトスカートを大人っぽく着こなすコツについて、まとめてみました。

【ヒールを合わせる】

タイトスカートを大人っぽく着こなすコツは、ヒールと合わせることです。
夏のコーデには、ヒールの高いサンダルやパンプスなどを選んでみると良いでしょう。

【落ち着いたカラーでまとめる】

全体を落ち着いたカラーでまとめると、より大人っぽく見せることができます。
カーキやオフホワイトなどナチュラルな色合いも、夏らしい雰囲気が出るのでおすすめです。

【シンプルにまとめる】

できるだけシンプルにまとめると、女性らしさが引き立つタイトスカートコーデになります。
物足りなさやマンネリ気味の場合には、足元にフリルやメタリックゴールドなどを取り入れて、ディテールを利かせてみると良いでしょう。

夏のタイトスカートコーデの詳細はこちらでチェック
https://ec.line.me/ladiesfashion/column/30049/


体型カバーも狙えるロングスカートコーデ

ロングスカートは、体型カバーしやすいので、下半身のコンプレックスがある方にもおすすめのアイテムです。

【落ち着いたカラーを選ぶ】

体型カバーにはシンプルなモノトーンコーデがベスト。
着回ししやすいので、1枚持って行くととても便利です。
コットン素材のティアードスカートとホワイトのシンプルなTシャツのコーデは、すっきりした印象に見えます。

【プリーツスカートでフェミニンに】

プリーツスカートを選ぶとフェミニンな印象になります。
トップスに丈が長めのパーカーを持ってくれば、お腹や腰周りのカバーもできます。

【柄入りロングスカートでいつもと違った雰囲気に】

いつもと違った雰囲気を楽しみたいときには、柄入りロングスカートを選んでみると良いでしょう。
花柄プリーツスカートに丈の短いトップスを組み合わせれば、足を長く見せることもできます。

体型カバーも狙えるロングスカートコーデの詳細はこちらでチェック
https://ec.line.me/ladiesfashion/column/00309/


夏のデニムスカートコーデ

カジュアルな印象の強いデニムスカートは、トップスを工夫することで、大人っぽい夏コーデに見せることができます。

【20代】

20代は、足元にシルバーサンダルを持ってきて、大人感を出してみると良いでしょう。
ヒールの高いサンダルを選ぶと、より大人っぽいイメージになります。

【30代】

30代は、デニムスカートにバッグなどのアイテムをプラスしたコーデを楽しんでみてはいかがでしょう?
かごバッグを選べば、夏らしい季節感を演出できます。

【40代】

40代は、ブルーデニムではなくて、肌色を明るく見せてくれるホワイトデニムがおすすめです。
オールホワイトのワントーンコーデならば、上品な印象になります。

夏のデニムスカートコーデの詳細はこちらでチェック
https://ec.line.me/ladiesfashion/column/30035/


大人のチュールスカートコーデ

大人かわいい雰囲気を目指したい方は、チュールスカートを取り入れてみてはいかがでしょう?
子供っぽくなりすぎないチュールスカートコーデのポイントをご紹介します。

【トップスはボリューム控えめにする】

チュールスカートのふんわり感を活かすために、トップスはボリューム感を抑えたものを選ぶのがコツです。
コンパクトなトップスにすれば、バランスが良くなり、大人っぽく見せることができます。

【ブラックなど大人らしい色を選ぶ】

ピンクやイエローなどのかわいらしい色は子供っぽく見えてしまいます。
大人女子がチュールスカートを着こなす際には、ブラック、グレー、ネイビーなどダークカラーを選ぶがコツです。

【辛口アウターを取り入れる】

チュールスカートは甘い印象に見えやすいので、ライダースジャケットなど、辛口なアウターをトップに持ってくると、大人らしい着こなしになります。

大人のチュールスカートコーデの詳細はこちらでチェック
https://ec.line.me/ladiesfashion/column/20022/


グリーンのロングスカートコーデ

グリーン色のロングスカートは、実は季節を問わずに着回せる便利なアイテムなのです。
グリーンをおしゃれに取り入れるポイントをご紹介します。

【ライトグリーンは淡色と組み合わせる】

ライトグリーンのロングスカートは、トップに淡色を持ってくるのがコツです。
シアーなシャツを選べば、トレンド感のあるコーデが完成します。

【スタンダードなグリーンはモノトーンと合わせる】

スタンダードなグリーンのロングスカートは、ブラックのブーツなどモノトーンに合わせると、発色がより際立ち、印象的なコーデになります。

【カーキグリーンはワントーンコーデがおすすめ】

カーキグリーンのロングスカートは、あえてほかの色を足さずにワントーンコーデにするのがおすすめです。
同系色のセットアップにすれば、簡単に旬なコーデに仕上がります。

グリーンのロングスカートコーデの詳細はこちらでチェック
https://ec.line.me/ladiesfashion/column/30020/


ブラックのロングスカートコーデ

定番カラーのブラックのロングスカートは、1枚持っておくといろいろと着回しができるので重宝します。

【レース素材のスカートコーデ】

透け感のあるレース素材のロングスカートならば、ブラックで重たい印象になりません。
フレアスリーブと組み合わせれば、フォーマルな場にもふさわしいコーデになります。

【ラメ入りチュールスカートコーデ】

ブラックのチュールスカートを取り入れたい場合には、ラメ入りを選ぶのがおすすめです。
透け感とキラキラ感で、ふんわり軽やかなのに、大人っぽいコーデに仕上がります。

【タイトスカートコーデ】

ブラックのタイトスカートは、スタイルアップ効果が期待できます。
カーキブラウスを合わせてエレガントなコーデを楽しんでみると良いでしょう。

ブラックのロングスカートコーデの詳細はこちらでチェック
https://ec.line.me/ladiesfashion/column/30011/


渋カラースカートコーデ

最後に、テラコッタ、ネイビー、グレーなど渋カラーのスカートコーデのコツをご紹介します。

【テラコッタ】

テラコッタの渋カラースカートは、どんなファッションとも合わせやすいので、1枚目に選んでみてはいかがでしょう?
ライダースジャケット、デニムジャケットと合わせて甘辛ミックスコーデに仕上げるのがおすすめです。

【ネイビー】

ネイビーの渋カラースカートは、上品で好感度抜群のコーデにしたいときに重宝するアイテムです。
チェック柄のネイビースカートに、タートルネックのニットを合わせればスタイルアップして、トレンド感ある着こなしに見せることができます。

【グレー】

グレーの渋カラースカートは、モノトーンだけでまとめてシックなコーデにすることやピンクなどの指し色を足したコーデが楽しめます。
フェミニンなプリーツスカートもグレーを選んで、クールな大人コーデを目指してみると良いでしょう。

渋カラースカートコーデの詳細はこちらでチェック
https://ec.line.me/ladiesfashion/column/skirt/


LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP