• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

ペットの熱中症対策におすすめグッズ7選!

2020.07.31
ペットの熱中症対策におすすめグッズ7選!
LINEショッピング
LINEショッピング
編集部

皆さんはペットも熱中症になることを知っていますか? ペットが熱中症になると大変です。 今回はペットの熱中症対策グッズを紹介していきます。

人間だけじゃない、ペットも熱中症に!その原因は?

熱中症というのは、人間だけでの問題ではありません。
実はペットもずっと熱い場所にいて、水分補給などを怠っていると熱中症になってしまいます。
しかもペットは人間のように熱くて苦しいときに、何か大きくサインを出さない場合もありますし、我慢してしまうケースもあります。
人間は暑い日差しを浴びて体温が上がると、汗をかくので体内の熱を上手に逃がせるようになっているのですが、動物はこの汗腺を持っていないため、上手に体温の調節ができません。
ペットが熱中症で苦しくなる前に、こちらでも気が付いてあげるようにしましょう。

どんな症状が出るの?

{1}

ペットが熱中症にかかってしまうと、どんな症状が出るのか知っておくと安心です。
「あれ?」と思ったときには、こちらからすぐに気付いてあげないと重篤化してしまう可能性があります。
まず分かりやすいのは、口を開けながらいつもよりも苦しそうにハァハァしていたら、怪しいと思っていいです。
これはペットが呼吸困難になっている証拠で、熱中症になっている可能性が充分にあります。
他にもよだれをたくさん垂らしていたり、普段よりもやたらと動き回ったりしていつもと違う様子があるとき、目や口の粘膜が赤くなっているなど、変化があったときは怪しいです。

予防するには?

{1}

人間と同じでずっと直射日光の当たる場所に長時間いないようにするのは大切です。
一緒にお散歩をするときにも、少し涼しくなった夕方や朝のまだ気温が上がる前を狙ってあげましょう。
とくに夏の日差しは差すような暑さで、苦しくなってしまいます。
他にも予防の助けになるようなグッズが多数売られていますので、お出かけのときには使ってあげてもいいでしょう。
お散歩の前や長時間暑い場所に行くときには、小まめに水分補給をしてあげてください。

もしもペットが熱中症になったときの応急処置

{1}

一緒に散歩や長時間日光を浴びた後に怪しい症状が出たときには、応急処置を行いましょう。
私たちができることは、まず涼しいところで休ませてあげて体温を下げることです。
全身に22℃から28℃の冷たすぎない水をかけてあげたり、バケツなどの容器に入れた冷たい水に浸からせたりするのもいいでしょう。
そして脱水症状を起こしていますので、水分をたっぷりと与えてあげます。
できる限り早く病院に連れて行くのも大切で、しっかりと診察してもらいましょう。
熱中症をそのままにしておくと別の病気も引き起こしてしまい、もっと苦しんでしまいます。

ペットが熱中症にならないためにできること

{1}

熱中症になってしまったら大変ですので、できる限りならないように工夫してあげましょう。
ペットだけではできないので、人間の私たちが心を配って対策をとるようにしなければなりません。
こちらでは室内の場合、室外の場合、車内の場合について詳しく説明します。

室内の場合

最近では室内でペットを飼われている方も多いと思いますが、とくに夏は室内であっても熱中症対策をしてあげることが重要です。
室温はよくエアコンは28℃と言われますが、ペットも飼っているときは22℃から25℃に保ってあげましょう。
動物にとって快適な温度で、熱中症になりにくくなります。
湿度も上手に調節できそうであれば、動物にとって最も快適に感じる湿度は50~60%です。
空気もそのままになっているとよくないので、窓を開けるか扇風機を使うかなど工夫をして空気の循環をしてください。
喉が渇いたときには、いつでも水分補給ができる環境を作ってあげるのも重要です。

屋外の場合

ペットを屋外で飼っている場合は、日差しが当たらないような日陰の場所を作ってあげましょう。
直射日光が当たるような場所ばかりだと、熱中症になりやすいです。
散歩に連れて行くときには、一番暑い時間は避けてまず水分補給をさせてから連れて行きます。
そして真夏は、普段よりも散歩の時間を短めにしてあげましょう。
地面の温度は思っている以上に熱くなっていますので、散歩のときは気にしてあげてください。
私たちよりも動物たちは地表の熱を感じやすく、体の負担になってしまいます。

車内の場合

どこかに車で出かけたときには、車内での対策も必要です。
よく「少しだから」と思ってしまってエンジンを切ったままペットを置き、買い物をしてしまう方もいると思いますが夏はこの行為が危険です。
少しコンビニに買い物へ行くという場合などでも、エンジンを切らずにエアコンをつけたままにしてあげましょう。
長時間車内の中に放置しておくのは、何かがあっても気が付いてあげられないので避けるようにします。
エアコンは温度を20℃など低めに設定しておくようにして、ペットの体の熱を上げすぎないようにしましょう。
万が一の場合を考えて、お出かけする先の動物病院がどこにあるのか調べておくのも大切です。

熱中症対策グッズで予防しよう!

ペットにピッタリな熱中症対策グッズというのが、実は多数販売されています。
少しでもペットが夏を快適に過ごせるように、グッズを使って対策してあげましょう。

クールマット

人間もひんやり感がある布団や毛布があると、とくに夏は気持ちいいものです。
ペット用のクールマットというものもあり、涼感ソフトジェルマットになっていて気持ち良さがあります。
マットの感触が冷たいだけでも、ペットの暑さは和らぎます。

冷却ベスト

こちらのベストは優れもので、自然な蒸発や物理的な冷却でペットの体感を涼しくさせてくれます。
着ているか着ていないかでも、とくに暑い時間帯は変わります。
ベストの着せ方も簡単で、冷たい水にベストを浸し、水分を少し絞ったらペットに着せてあげるだけです。
安全で無毒な高品質ですので、安心してペットに着せてあげられます。
さらにすごいのが冬も使えるようにできていて、そのまま着せてあげると暖かく保ってあげられます。

クールネック

ペットの首のあたりにつけてあげるだけで、簡単に熱中症対策ができます。
保冷剤が入っていますが、万が一かじってしまっても安全な成分を使っているので安心です。
ワンタッチになっていますので簡単に取り外しができますし、首回りのサイズもペットに合わせられます。

クールミスト

暑さを感じたときに、ひんやりする感覚がほしいとペットも思っています。
そんなときにすぐスプレーしてあげるだけで、ひんやりと気持ち良さを感じられるミストです。
デオドラントスプレーでもありますので、少し臭いが気になるときにも重宝します。

熱中症チェッカー

なんだか普段と様子が違うときにも使えますが、普段の何でもないときでもすぐに気が付いてあげられる熱中症チェッカーです。
愛犬の熱中症警戒指数を搭載している優れものですので、1つあると便利でしょう。

経口補水液

熱中症にならないための水分補給にも良いですし、万が一熱中症になりかけていると感じたときにもピッタリです。

ペット用扇風機

ケージやキャリーなどにも簡単にひっかけられて、体に優しい風を当ててあげられる扇風機です。
風の調節もでき、外出先や車内でも使用可能な優れものです。

ペットの熱中症対策におすすめグッズをご紹介♪

まとめ

ペットは元々の体温が高いと言われていますが、平熱以上になると熱中症の可能性が充分にあります。
そして熱中症にかかってしまうと、他の病気も発症してしまう危険もあり、軽く考えてはいけない症状です。
日ごろから予防、対策をとってペットに気を配ってあげましょう。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP