1. エアウィーヴ ピロー S-LINE

仰向けでも横向き寝でも、理想的な頭の高さをキープするため、ピローの両サイドを中央に比べて硬く調整しました。枕の表面に凸凹をつけるのではなく、硬さ・柔らかさをairfiberの中で連続的に変化させているので、なめらかに寝返りを打つことができます。