冷蔵庫に入っている野菜

今すぐトライ!おいしく長持ちする食品の保存方法

野菜やお肉を保存するときに、買ってきたまま冷蔵庫にしまっていませんか?食材は味や品質を保てるように正しい方法で保存しましょう。

賞味期限と消費期限の違いを再確認

食品の品質保持期限には、賞味と消費があります。賞味期限は「未開封で指定された保存方法を守って正しく保存していた場合に、おいしく味わえる期限」のこと。消費期限は「未開封で指定された保存方法を守って正しく保存していた場合に、安全に食せる期限」のことです。

買い物をする女性

賞味期限は未開封が条件です。一度開封すると劣化がはじまるので期限内であっても早めに食しましょう。

冷蔵庫の保管した食品

未開封のまま正しく保存しておけば、賞味期限が過ぎてしまってもすぐに食べられなくなることはありません。

葉野菜は包んでからしまうのがポイント

買ったときは新鮮でみずみずしかった葉野菜が、冷蔵庫に入れている間にしなしなになってしまうことはありませんか?使い切れなかった葉野菜をしまうときは、濡れたキッチンペーパーに包むのが長持ちさせるコツです。ほうれん草のような葉野菜は立てて保存しておきます。

ほうれん草

レタスやキャベツは芯をくり抜いて、代わりに濡らしたキッチンペーパーを詰めておくと効果的です。

カットしたキャベツ

葉野菜を長期保存する場合は、切ったり塩もみしたりするなど下処理をしてから冷凍しましょう。

根菜やねぎはポリ袋に入れてから保存

カットされた根菜類は冷蔵庫で保存しましょう。レンコンは乾燥が大敵なので、空気が入らないようにラップで包みポリ袋に入れます。かぼちゃはタネとワタを取ってラップに包んでポリ袋で密封してください。長ねぎは、根元部分を切ってからポリ袋に入れて冷蔵庫へ。

根菜類

根菜類は冷凍で1カ月ほど保存できます。すぐ使えるように下ごしらえをしてから水気を切るのがポイント。

冷暗所に保存するのが適した野菜

野菜のなかには、冷蔵庫の環境に適さないものがあります。ごぼうや里芋は泥がついたままで新聞紙に包んで保存します。たまねぎは日陰に吊り下げるのがおすすめ。さつまいもは1つずつ新聞紙で包むのがポイントです。高温多湿になる夏場は冷蔵庫で保存してください。

日が当たらない玄関

玄関のような日が当たらず風通しがいい冷暗所に保存するのがおすすめです。

カゴに入ったじゃがいも

じゃがいもを保存するときはりんごを一緒に入れておくと長持ちします。

肉や魚はパックから出してラップで包む

まとめ買いすることが多い肉や魚はラップに包んでからしまいます。パックのまま保存せずに一度取り出す手間がポイント。使い切れる量に分けてから保存すれば、料理をするときにも便利です。消費期限がわかるように保存袋やラップに日付を書いておきましょう。

カットしている豚肉

煮物用や炒め用など、小分けにしたラップをまとめてジップロックに入れておくのもおすすめです。

ステーキを調理する女性

唐揚げやステーキなどは下味をつけてから保存すれば、そのまま使えて時短になります。

調理済みの食品を保存するときは冷ましてから

毎日のお弁当作りなど、忙しいと時間をかけるひまがないことも。お休みの日にまとめて調理してストックしておくと便利ですよね。調理済みの食品は、低温で保存するのを忘れないようにしてください。鍋のまま放置せずに、小分けにして早く冷ましましょう。

豚肉と大根の煮込み

加熱調理でも生き残る菌はあるため、しっかり冷ましてから保存することが大切です。

食品を取り出す女性

25〜35℃の環境だと菌が増殖するので、解凍するときも室温に放置しないように気をつけましょう。

まとめ

食品をできるだけおいしく長持ちさせるためには、食材に適した保存方法がポイント。また、冷蔵庫の使い方にも注意してください。食品を詰め込み過ぎた冷蔵庫は、温度が下がりにくくなります。肉や魚には菌がついているので、ほかの食品と離して保存しましょう。

食材や料理の保存に役立つグッズ

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP