建物内部

間接照明でおしゃれな部屋に!効果と使い方テクニックをご紹介

「センスのいいおしゃれな部屋にしたい」そんな願いを叶えるおすすめアイテムが間接照明です。どんな使い方をすればいいか、効果に合わせてご紹介します。

間接照明の効果1「おしゃれな雰囲気を演出するスポット効果」

間接照明とは直接ものを照らす直接照明と異なり、なにかに光を当てることで反射する光を利用します。光と影ができるので、照らしている部分には自然とスポット効果が発揮されることに。部屋におしゃれな雰囲気をプラスしたいときにおすすめです。

間接照明でおしゃれに演出

部屋に飾ったグリーンに間接照明が当たってやさしい雰囲気が漂います。

部屋の奥に置くのがポイント

スポット効果を利用する場合は、間接照明を部屋の奥に配置するのがおすすめです。光と影の効果によって、直接照明を当てるよりも引き立ちます。光を当てるのは見せたいものを選ぶのがポイント。オブジェや絵画などを照らすのもおしゃれです。

オブジェを照らす間接照明

お気に入りのオブジェを見せたいときは、傘がある間接照明を上から当てると効果的です。

間接照明の効果2「立体感によって部屋を広く見せる効果」

部屋の狭さが気になる場合は、間接照明で奥行きを作りましょう。陰影によって光が広がり立体感が生まれます。部屋の広さは変わらないのに、いつもの蛍光灯で照らしているときよりも広いと感じられるのが間接照明の効果です。

間接照明を置いた部屋

ソファの存在感で部屋が狭く見えてしまうときは、後ろ側に間接照明を置くと立体感が出せます。

壁を照らして光と影を作るのがポイント

狭い部屋に間接照明を取り入れるときは、壁を照らすのがおすすめ。大きな間接照明を置くとスペースを取ってしまうので、背の高いものやコンパクトなタイプのものを選びましょう。

間接照明で壁を照らす

邪魔にならないサイズの間接照明なら、狭い部屋にも置くことができます。

間接照明の効果3「柔らかな光によるリラックス効果」

テレビやパソコンを見ていて眩しいと感じたことはありませんか。目に光が入ると交感神経が優位になり疲れ目を引き起こすことも。目が疲れやすい人は、光の刺激が関係しているかもしれません。柔らかな光の間接照明は交感神経への刺激を減少するのに効果的です。

間接照明の中でリラックス

夜のリラックスタイムを過ごすときは、やさしく光る間接照明の中がおすすめです。

天井から床に向けて明るさの濃淡をつけるのがポイント

天井に間接照明をつける場合は、ペンダントタイプのランプを利用しましょう。天井から足元にかけてだんだん暗くなるように濃淡をつけるのがポイント。部屋全体を落ち着いた印象にしたい人にもおすすめの簡単なテクニックです。

ダイニングのペンダントライト

シックにまとめたインテリアにはペンダントライトがマッチします。

部屋の雰囲気を変えたいときは、間接照明を利用するのがおすすめ。いろいろなタイプがあるので、どんな効果を得たいかによって使い分けましょう。今回ご紹介した効果とポイントをご参考にぜひ間接照明を取り入れてみてください。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP