インディゴワイドコンビネゾンを使ったコーディネート

画像引用元:https://wear.jp/akane76/12836972/

季節のはざまをお洒落に着こなす♡最旬オンナっぽ夏秋コーデ

朝夕しのぎやすくなってくると、秋っぽい季節感のあるコーデがしたくなりますが、まだまだ暑い日も…。そんなときに使える着こなしのコツをご紹介します♪

1. 深みのある渋めカラーをコーデのメインに据える!

ブラウンやフォレストグリーン、シックパープルなど、深みのあるカラーをコーデに取り入れると、一気に秋気分が高まります。お顔に近くて視線を集めやすいトップスや、面積の大きいボトムに使うのがおすすめ。合わせるアイテムは、あくまでも引き立て役に徹するように。

チョコブラウンのトップスコーデ

画像引用元:https://wear.jp/ships_9503lit/12626347/

チョコブラウンのトップスをメインアイテムに使ったコーデ。深みのあるカラーですが、涼しいリネン素材なので暑さをしのぐのにぴったり。

深みのあるグリーンのスカート

画像引用元:https://wear.jp/wear10084/12694995/

同じグリーンでも、夏っぽさを演出するライトグリーンなどではなく、渋さのあるフォレストグリーンやモスグリーンを投入。ウエストマークで上品さを出すのも夏秋コーデのポイントです。

2. 透け素材のレイヤードでニュアンスのあるコーデに

暑いけど、涼しい。そんな日に頼れるアイテムといえば、羽織りものです。透け素材の代表格、レースを使ったカーディガンや、目の粗い薄手素材のシャツワンピなど。夏でも使えて秋も大活躍してくれる透け素材の服をレイヤードして、ワンランク上のお洒落を楽しんでみましょう。

レースロングカーデを使ったコーディネート

画像引用元:https://wear.jp/yoahiru35/12525671/

透け感のあるレース素材は涼しげで、女性らしいアイテム。“Iライン”シルエットが叶うロング丈のカーディガンを選べば、スタイルアップも望めます。

アロハ柄ワンピース

画像引用元:https://wear.jp/item/30257363/

前を開けて羽織れるワンピースは、アウターとしても使えて便利です。軽やかな薄手素材なら、暑さが残る日のプラスワンアイテムとしてぴったり!

3. 温かみのあるアクセサリーを使って

体感温度を上げることなく秋っぽさをプラスするには、アクセサリーで工夫してみましょう。秋らしく、ほっこりとした素材感のアイテムは、同時に大人っぽさも叶えてくれます。落ち着きのあるカラーや素材で地味見えするのを防ぐには、少し大ぶりのデザインをチョイスしましょう。

クルーネックメロウ加工リブトップス

画像引用元:https://wear.jp/akutsuyurie/10857187/

夏はクリアなアクリル素材や、華奢なフープデザインなど涼しげなピアスに人気が集まりますが、秋は、こっくりとした木の実のような温かみのあるデザインがぴったり。

ハラコを使った秋らしいレザーアイテム

画像引用元:https://wear.jp/item/16004543/

数あるレザーアイテムのなかでも、“ハラコ”を使ったものは秋っぽさを演出しやすいです。短毛ですので、暑さの残る季節でも違和感なく使えます。

4. 巻き物を投入してお顔まわりで季節感を出す

首元の露出度を抑えると、それだけで秋感が高まります。起毛感のあるウールやファーだと暑いので、シルクやコットンなど暑い季節でも使える素材をチョイスして。巻き方にひと工夫加えると、カジュアルにもキレイめにも着こなせるので、使い勝手の幅も広くおすすめです。

アウター代わりに使える大判ストール

画像引用元:https://wear.jp/rehersall/12758321/

大判のストールを三角にたたんで肩から羽織れば、アウター代わりになって便利です。夏秋コーデに使うなら、ブルーグリーンやベージュ系のカラーがおすすめ。

シャツワンピースコーディネート

画像引用元:https://wear.jp/muratarinko/10856841/

スカーフで、顔まわりに華やぎをプラスしつつ、温かみのある表情を演出。夏アイテムといっても過言ではない白ワンピを使っているのに、秋らしさが漂うコーデに仕上がります。

5. シーズンライクなバッグで季節を先取り

着ている服が涼しげで夏っぽい素材やデザインであっても、バッグをチェンジするだけで、さりげなく季節感を演出することができます。バッグがコーデのアクセントになるような配色にするとベター。素材は、ベロアやファー、ウールなどほっこりした表面感の生地をチョイスして。

ブラックのシャツワンピース

画像引用元:https://wear.jp/takabuaiko/10883286/

起毛感のある素材のバッグは、秋気分を盛り上げます。ほどよい光沢感や、高級感も望めるベロア生地なら、女らしさもアップするのでおすすめ。

大人Vネックバルーンスリーブブラウス

画像引用元:https://wear.jp/maki1127/10658245/

一点投入するだけで、秋気分がグンっと高まるファーバッグ。白トップスなど涼しげな夏アイテムを合わせても、バッグの存在感で秋っぽさをアピールできますね。

6. かっちりフォルムの足元で秋っぽく

暑い季節には、肌の露出度が高い、スポーツサンダルやミュールがしっくりきます。一方、足をすっぽりと覆うデザインのかっちりした靴は、秋らしい空気感を出したいときに最適♡パンプスやブーティー、ローファーなどのレザーシューズで足元をコーデすれば、一気に秋っぽくなります。

ビンテージフラワーワンピースを使ったコーディネート

画像引用元:https://wear.jp/apart11058/11062793/

季節感を出したいときに、スエード素材のパンプスは使えるアイテムです。足のつま先部分をすっぽりと覆う形で、レディライクに着こなして。

花柄ノースリーブワンピース

画像引用元:https://wear.jp/laymee0515/12860566/

ブーツを履くにはちょっと暑いけれど、秋感を出したいというときの一押しアイテムが、ブーティー。たとえノースリーブワンピを合わせていても、足元次第で雰囲気はガラリと変わります。

秋物の服を着るにはまだまだ暑いけれど、カラーや素材で秋らしさを取り入れることは可能。涼やかな薄手の服でも、着こなしの工夫で季節を先取りしたファッションを楽しんで♪

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのファッションTOP
> LINEショッピングTOP