防災グッズ置き場

万が一の備えは大丈夫?最低限やっておきたい防災準備

日本は地震や台風などの自然災害が多く、いつ自分が被災するかわからないもの。いざという時のために最低限の備えをしておくことが大切です。

食料と水は人数分の量を1週間分準備

飲料水や非常食は最低でも3日分を確保しておきましょう。大規模な災害が発生した時の備えには1週間分を備蓄しておくと理想的です。飲料水の目安は1人あたり1日3リットル。非常食にはレトルトご飯やビスケット、チョコレート、乾パンなどがあります。

災害対策の飲料水と非常食

賞味期限切れを防ぐため、メモなどをつけてチェックできるようにしておきましょう。

生活必需品を1週間分準備

被災時にはガスや水道、電気が止まってライフラインに影響が出る恐れがあります。トイレットペーパーやティッシュペーパー、マッチ、カセットコンロなどの生活必需品を備蓄しておきましょう。季節に合わせて冷感グッズやカイロも用意しておきます。

非常用品を入れた物置

非常用品は家族全員がわかる場所に置いておき、被災時に取り出せるようにしましょう。

非常時に準備したい衛生用品

生活用水の備えも必要です。お風呂の水を張っておくと、トイレを流すときに利用できます。

非常用バッグに入れておきたいもの

非常用バッグは避難生活を送るときのことを想定して準備しましょう。飲料水や食料品のほか、衛生用品や救急用品、衣類、肌着、タオルも必要です。貴重品もすぐに持ち出せるようにしておきましょう。乳児がいる家庭ではミルクや紙おむつなども用意しておきます。

非常用バッグに入れるもの

避難所での生活を視野に入れて、常備薬や携帯用の充電器も持ち出しやすくしておきましょう。

ペット用キャリー

ペットの非常用品は、キャリーや食事、トイレ、首輪・名札などです。薬や情報がわかるものも忘れずに。

家具が倒れないように固定

家具の転倒防止対策には、壁に固定するL字金具を使いましょう。上下に積み重ねた家具は連結し、ガラスの扉には飛散防止フィルムを貼ります。引き出しには飛び出しを防止する器具を取り付け、テレビには粘着マットを敷きテレビ台を固定しましょう。

家具の転倒対策・天井の突っ張りポール

壁に穴を開けたくない場合、突っ張りポールを使って。ストッパーのように固定するのがおすすめです。

もしものときの避難ルートを確認

災害時には落ち着いて行動することが大切です。慌てずに避難できるように、ハザードマップなどを利用して避難ルートを確認しておきましょう。災害が起きる前に実際に足を使って歩いてみるのが一番です。

避難場所の案内板

勤め先や学校からは交通手段が使えないことも。徒歩での避難ルートを確認しておきましょう。

家族や近所同士の安否確認方法

家族で安否確認の方法を話し合っておくことも大切です。離れた場所で被災した時には避難場所と、安否確認の方法を決めておきましょう。子供やお年寄りが家でひとり残される可能性があるならば、近所の方に協力してもらえるよう頼んでおくと安心です。

家族の安否確認方法

家族の安否確認にグループLINEを活用するのもおすすめ。既読機能が無事を確認するのに役立ちます。

まとめ

災害はいつどこで起こるかわかりません。万が一のときに備えて防災グッズを用意したり、避難方法や安否確認について家族できちんと話し合ったりしておくことが大切です。

防災グッズ

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP