花嫁が身に着けてる真珠の三連ネックレス

結婚シーズン到来!フォーマル用真珠アクセの選び方とマナー解説

真珠のネックレスは、冠婚葬祭いつでも身に付けられる便利なフォーマルジュエリーです。真珠アクセサリーの選び方と身に付けるときのマナーについて紹介します。

一生ものの真珠ジュエリーは大人の身だしなみ

真珠は、冠婚葬祭いずれの場でも身に着けられる唯一の宝石。上品な光沢で優しいイメージがあり、6月の誕生石として知られています。大人の身だしなみとしてシンプルで質の良いネックレスを1本持っておきましょう。

大粒の真珠とバラの花、いちご

真珠の硬度は2.5~4.5。傷つきやすく汗にも弱いので、身に着けた後は乾いた布で軽く拭いて。

どんな場でもOKの真珠ジュエリーは8mm程度の1連ネックレス

結婚式でも葬式でも身に着けられる真珠のジュエリーは、8mm程度の白いアコヤ真珠の1連ネックレスです。あまりに大粒の真珠は、葬式でNGになるため注意しましょう。これ1本持っていれば、フォーマルの場でのジュエリーで悩むことはありません。

真珠のネックレス

ネックレスの長さは、ちょうど鎖骨あたりに来るぐらい。巻きと照りの美しい真珠を選びましょう。

結婚式ではピンクなどのカラーや2連・3連もOK

結婚式でお呼ばれするときは、淡いピンクなどのカラーパールや、2連・3連のネックレスでも大丈夫です。派手になりすぎてもいけませんが、さりげなく胸元を飾ってくださいね。

ピンクパールのネックレス

淡いピンクパールのネックレスは、結婚式のイメージにピッタリ。着ていく洋服に合わせた色も素敵です。

真珠の2連ネックレス

シンプルな真珠のネックレスも2連・3連となると華やかに。

結婚式で避けたい真珠のカラーは黒とグレー

結婚式ではどんな色でもいいかというと、必ずしもそうではありません。黒やグレーは葬式を連想させるのでNGです。照りの美しい黒真珠もありますが、残念ながら結婚式には使えません。

虹色に輝く黒い真珠

天然の黒真珠は、黒蝶貝から作ります。虹色の美しい照りは魅力的ですが、結婚式では使えません。

結婚式ではバロックパールなどカジュアルイメージは避ける

結婚式では、バロックパールのように不揃いな形のものや、あまりにもカジュアルすぎるデザインの真珠ジュエリーは、身に着けないようにします。あくまでもフォーマルの場なので、崩しすぎるのもマナー違反となることに注意してくださいね。

バロックパールを使った繊細なビーズジュエリー

美しくて結婚式に向いていそうに感じますが、このようなジュエリーもNGです。

フェイクパールをつなげたネックレス

フェイクパールも基本的にはNGです。シンプルなネックレスはOKの場合も。

結婚式でつける真珠のネックレス

弔事ではモノトーンカラーの真珠のみOK

葬式や法事などでOKの真珠カラーは、白・黒・グレーのモノトーンのみと覚えておきましょう。また、モノトーンでも、虹色の輝きが強いものは派手に見えてしまうのでNGです。白の8mmぐらいまでの1連ネックレスなら、結婚式でも兼用できます。

さまざまな色と形のある真珠

結婚式と同様に、カジュアルに見えるバロックパールも避けましょう。

弔事でOKの真珠ジュエリーはネックレスのみ

弔事では、基本的に結婚指輪以外は身に着けないのがマナーです。例外として、真珠のネックレスはOKとされています。その場合、ネックレスの留め具は金色だと派手な印象になるので避けます。2連以上の形も悲しみが重なるということから避けるのが無難です。

美しい真珠の指輪

弔事では、真珠の指輪避けましょう。結婚指輪のみ、弔事でも身に着けたままで問題ありません。

祈りをささげる喪服姿の男女

参考までに、男性の場合は、結婚指輪以外の装飾品は一切NGとされています。

大粒の真珠も華やかになるので弔事には不向き

白い真珠のネックレスでも、大粒になるとぐっと派手な印象になってしまいます。結婚式ではまだ許されますが、葬式や法事の場では派手になりすぎるので避けましょう。長すぎるネックレスも華やかになりすぎるので、長くても42cm程度に留めてください。

美しい照りの大粒パール

粒が大きいととても華やか。素敵ですが、弔事では華やかすぎるので避けましょう。

葬式・法事など弔事で付ける真珠のネックレス

まとめ

真珠の魅力と冠婚葬祭でのマナーについてご紹介しました。マナーはいろいろあって覚えるのが大変ですが、8mm玉の白いアコヤ真珠のネックレスさえあれば、どんな場面でも使えるので便利です。ぜひこの機会に、真珠を手に取ってみませんか?

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP