• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

スキニーデニムでコーデがこなれる!お手本26選

2020.05.12
スキニーデニムでコーデがこなれる!お手本26選
画像引用元:https://wear.jp/saekaa/14680194/
LINEショッピング
LINEショッピング
編集部

コーデにメリハリを加えたいとき、コーデに迷ったとき、甘いトップスを着たいとき…… スタイリングを組むときに核となってくれるのが定番のスキニーデニム。本記事では、今っぽいスキニーデニムコーデを作るポイントの他、春夏、秋冬の季節別コーデをご紹介。デートにぴったりなかわいいコーデも紹介しているので、日々の参考にしてみて。

2020年のスキニーデニムコーデ【3つのポイント】

定番だから、スキニーデニムそのものを毎年購入する、という人は少ないのでは? それなら、着こなし方をアップデートして今っぽい装いを作ってみて。2020年らしいスキニーデニムコーデを作る3つのポイントをピックアップ。

POINT1:トップスはゆったりシルエットが今っぽい

{1}

画像引用元:https://wear.jp/mariko0121/16313559/

どこかにゆとりを持たせる着こなしが主流の今季、スキニーデニムを取り入れるならトップスにゆとりのあるものを選びたい。白×黒のモノクロスタイルは、抜けのあるベージュ小物を添えてこなれた表情に。

POINT2:足首見せで抜け感を演出

{1}

画像引用元:https://wear.jp/sanki0102/15774327/

アンクル丈のスキニーデニムと足の甲が覗くローカットのシューズで足首を覗かせれば、抜け感が加わりちょうど良いバランスに。トップスにゆとりがあっても、華奢な部分を見せることでスタイルアップに繋がる。

POINT3:レギンス感覚でワンピースとレイヤード

{1}

画像引用元:https://wear.jp/natsumi_kuroki/16024999/

ぴたっと脚のラインに沿うスキニーデニムだから、ワンピースとのレイヤードにも好都合。フェミニンすぎるかも? なんてときにも、スキニーデニムを重ねることで程よくカジュアルダウンできるのが嬉しい。

スキニーデニムコーデにおすすめアイテム♪

【春夏】のスキニーデニムコーデ

ここからはスキニーデニムを使った【春夏】のお手本コーデを10選ピックアップ。定番のスキニーデニムを軸にすれば、カジュアルからフェミニンまで様々なテイストにチャレンジできるので、着こなし幅を広げてみて。

柔らかな白アイテムで軽やかに

{1}

画像引用元:https://wear.jp/ari0818m/15015672/

ノンウォッシュのプレーンな黒スキニーには、風をはらむふんわりコットン白トップスを合わせて春らしい表情に。ナチュラルなベージュ小物合わせで、フェミニンカジュアルをエンジョイ。

春色にはブルースキニーがお似合い

{1}

画像引用元:https://wear.jp/chrt/16409662/

ブルーのスキニーデニムに、トレンチコート。これだけだと定番すぎるところ、レモンイエローのカーディガンを肩掛けすることで季節感&今っぽさをゲット。アクセサリー感覚で取り入れているから、主張が強くなりすぎずトレンチコートの品の良さを損なわないのも嬉しい。

ビッグシャツを引き立てて

{1}

画像引用元:https://wear.jp/carmen1505/14417743/

ロングスリーブと長め丈がポイントのライトブルーシャツに、インディゴブルーのスキニーデニムを合わせてカラーグレデーション。メリハリシルエットで、シャツの存在感を光らせて。足元は、端正なブラウンローファーが好相性。

デニムだから挑戦できる甘いアイテム

{1}

画像引用元:https://wear.jp/yuriel/12598371/

大げさなくらいのフリルブラウスがこなれるのも、スキニーデニムならでは。デイリーに引き寄せてくれるデニムだから、ステートメントアイテムも程よくカジュアルに着崩せるのがgoodポイント。

ブルーリンクでデニムONデニム

{1}

画像引用元:https://wear.jp/natsumi_kuroki/14506302/

ブルースキニーデニムの色に合わせたシャツを取り入れることで、デニムONデニムスタイルが簡単に出来上がり。間延びしがちな配色だから、シャツを抜き襟で着こなしたり、手首や足首を見せたりとシルエットにこだわって。

黒×アイスブルーで色の表情を作る

{1}

画像引用元:https://wear.jp/asammy/14340212/

チュール袖の黒ブラウスに、アイスブルースキニーデニムを合わせて表情のある配色に。綺麗めな着こなしは、クリアビーズバッグやチャンキーヒールサンダルでモードに味付け。

ちょこんと黒を効かせて

{1}

画像引用元:https://wear.jp/journal454_05/16459088/

夏空に映えるグリーンのAラインワンピースは、リネン素材なので清涼感もついてくる。黒スキニーデニムを裾からちょこんと覗かせれば、ほっこりせずに都会的な表情へ一変。

ブルー×ブラウンで上品に

{1}

画像引用元:https://wear.jp/hi6omi/14926219/

Tシャツ×スキニーデニムの定番コンビは、ノーブルなネイビーを選ぶことで大人顔に。小物も品のあるブラウンを迎えて、大人の余裕感漂うカジュアルスタイルを完成させて。

縦長ライン強調でスタイルアップ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/ayap0212/14935017/

ノースリーブのロングワンピースでIラインを意識しつつ、スリットから黒スキニーデニムを見せて間延びを払拭。縦長ラインが強調されるので、フラットシューズでもスタイルアップが叶う。

レディな小物でフレンチカジュアルに

{1}

画像引用元:https://wear.jp/saekaa/14680194/

幾度となく着てきた白T×黒スキニーのミニマルルック。そこに黒のカチューシャとバレエシューズを合わせてフレンチカジュアルな着こなしに。甘い小物同士も、定番のモノトーンだから気兼ねなくトライできるのがポイント。

【秋冬】のスキニーデニムコーデ

季節問わずタイムレスに活躍してくれるスキニーデニム。ここからは【秋冬】コーデを10選お届け。トップスのボリュームが必然的に厚くなる季節だから、スキニーデニムでメリハリコーデを叶えて。

上と下に重ねて

{1}

画像引用元:https://wear.jp/nissy0930anniversary/16260823/

ツヤのあるエクリュのワンピースに、ブラウンのカットソーを上に重ね、ブルースキニーデニムを下に重ねてレイヤード術を駆使。基調とする色を決めれば、ごちゃつく心配もなし。

カジュアルアイテムで外して

{1}

画像引用元:https://wear.jp/asammy/13630320/

トレンチコートとブルースキニーデニムの綺麗めコーデは、ロゴスウェットとスニーカーを合わせて今時なテイストミックスに。ちょこんと見せた白靴下がさりげないおしゃれポイント。

トラッド小物で正統派な味付けを

{1}

画像引用元:https://wear.jp/maai0528/15707182/

きちんとコーデにもハマりやすいノンウォッシュのインディゴブルースキニーデニム。白靴下とビットローファーの足元コーデで正統派ムードを盛り上げて。

カラーアイテムを小さく取り入れる

{1}

画像引用元:https://wear.jp/aokimio/14182107/

ライトグレーのフーディと黒スキニーのモノトーンスタイルは、赤いロゴやグリーンのパンプスで色遊び。小さな面積なら、普段掛け合わせない配色も挑戦しやすい。

マニッシュスタイルにもぴったり

{1}

画像引用元:https://wear.jp/vence13/15615746/

黒のカットソーとスキニーデニムを合わせたスタイルに、ブラウンのジャケットとビットローファーを合わせてマニッシュスタイルへとシフト。シックな色合わせだから、季節感もバッチリ。

たっぷりニットとの相性が抜群

{1}

画像引用元:https://wear.jp/sanki0102/13563144/

秋冬になるとまといたくなる、たっぷり生地のタートルネックニット。黒スキニーデニム合わせでメリハリを作ったら、白靴下を覗かせて温感アップを狙って。

フィットするからロングブーツコーデも簡単

{1}

画像引用元:https://wear.jp/shukokondo/15749333/

ぴたっと肌にフィットするスキニーデニムだから、秋冬に活躍するロングブーツもたやすい。スリムな下半身には、身体が泳ぐくらいゆとりのあるトップスが好都合。

スミクロトレンチでハンサムレディに

{1}

画像引用元:https://wear.jp/arinko0826/16369911/

白のグラフィックカットソーとブルースキニーのカジュアルコーデは、スミクロのトレンチコートとベージュのブーツでシティに馴染む装いに。ボトムスがすっきりしているから、Aラインのアウターがより着映える。

モノクロコーデをかわいらしく

{1}

画像引用元:https://wear.jp/takahasu/11654290/

ビッグシルエットのロングダッフルコートを軸に、白のワッフルロンTと黒スキニーデニムを合わせてリラックス。白黒コーデといっても、シルエットやアイテムにこだわれば「かわいい」も手に入る。

迫力のあるアウターの相棒として

{1}

画像引用元:https://wear.jp/dowhatyoulove/15988702/

目に止まるボア素材のロングコートも、定番の黒スキニー合わせだからこそ気負わずトライできる。ベージュと黒の2色にこだわって、大人らしくまとめて。

デートにも!スキニーデニムで【かわいい】コーデ

綺麗め要素や女性らしさも備えたスキニーデニムだから、デートにもぴったりな【かわいい】コーデを作る際には重宝するはず。お手本ルック3選をピックアップ。

「ゆるぴた」コーデにぴったり

{1}

画像引用元:https://wear.jp/aokimio/12581967/

かわいいを作る時に意識したい「ゆるぴた」にもスキニーデニムはうってつけ。ふんわりストライプブラウス合わせでメリハリを作ったら、ポインテッドトゥのパンプスで綺麗めに整えて。

ピュアホワイトを大人っぽく味付け

{1}

画像引用元:https://wear.jp/mariko0121/14350417/

ガーリーなコットン素材のティアードブラウスは、黒スキニーと華奢サンダルのシックな足元コーデで大人らしく味付け。目を引く太めリボンのラフィアハットも、モノトーンだからこそすんなり馴染んだ印象に。

白ケーブルニットの優しさを頼りに

{1}

画像引用元:https://wear.jp/sanki0102/16108334/

顔も明るく見えそうなクリアホワイトのニットは、ケーブル編みで愛らしい表情に。黒スキニーデニム合わせでシンプルにまとめたら、レオパードシューズやチェック柄ストールで華やぎをアップ。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP