ベッドルーム

上手な寝具の組み合わせで快眠!朝までポカポカに眠れる方法

寒い冬も朝まで快適に眠れたらいいですよね。寝具の使い方によって温かさが変わるかもしれません。おすすめの組み合わせをご紹介します。

羽毛布団と毛布は、かける順番がポイント

冬の睡眠に欠かせない羽毛布団と毛布。この2枚はかける順番が大切です。アクリルなど汗を吸わない素材の毛布で汗ばんだことはありませんか?毛布の上に羽毛布団をかけると湿度が調整できずに蒸れてしまいます。かける順番を変えることで保温力をアップさせましょう。

ベッドと布団

毛布の上に羽毛布団をかけている場合は、順番を入れ替えることで保温性が高まります。

敷きパッドをプラスしてひんやり感を解消

布団に入ったときにシーツが冷たいと、寒くてなかなか眠れないですよね。背中が冷えると体が縮こまってしまいます。冬用の敷きパッドを使ってみましょう。布団に入ったときから温かく、リラックスして眠りにつけます。

女性の部屋とベッド

温かい素材の敷きパッドをプラスすると、体が冷えるのを防ぎます。

あったか素材の掛け布団カバーと羽毛布団のコンビ使い

羽毛布団をさらに温かくしたいならば、保温力の高い素材の布団カバーに変えてみましょう。マイクロファイバーなどふんわりして肌触りが柔らかいものや、保温性が高いシープボア、吸汗性に優れた綿100%などお好みの素材から選びましょう。

あったか素材の寝具

布団がひんやりと冷たいときは、布団カバーをチェンジすると保温力がアップします。

ハーフサイズの毛布は首肩の冷え予防にぴったり

布団から出やすい首や肩は、冷えやすいパーツです。寒くて目が覚めてしまい、熟睡できないと睡眠の質を下げてしまいます。首や肩の冷えが気になるというときは、ハーフサイズの毛布をプラスしましょう。顔まわりまですっぽり包めるので、乾燥や冷えを予防してくれます。

首肩を出して寝ている人

首や肩が出ていると冷える原因に。しっかりカバーして保温力を高めましょう。

熱を逃がさないために敷き布団をW使い

布団で寝るときの寒さ対策には、敷き布団の2枚重ねがおすすめ。温かさや弾力がアップするのがメリットです。ただし、体が沈んでしまったり、湿気がたまったりすることも。圧力が分散できて、通気性のいいものを選びましょう。

和室と敷き布団

床から寒さを感じるときは、敷き布団を2枚重ねて。体温を逃がさないよう工夫を。

パジャマが盲点!もこもこ素材は寝る前にチェンジ

パジャマの選び方もこだわりましょう。もこもこ素材は、寝返りがスムーズにできず腰痛に繋がることも。また汗が蒸発しにくい素材のパジャマは、体から熱を発散できず寝苦しくなってしまいます。吸水性と保湿性を兼ね備えたコットンやシルク、ウールがおすすめです。

パジャマを着た女性

冬のパジャマは素材選びによって寝心地が変わります。

まとめ

美容や健康のために快適な睡眠を取りたいもの。寒くてなかなか眠れずに悩んでいる場合は、寝具やパジャマを見直してみましょう。少し工夫するだけで朝までぐっすり眠れるようになるかもしれません。ぜひ試してみてください。

朝までポカポカ♪

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP