アジサイと空と太陽

夏至の食べ物とは?地域別の風習をチェック!

本格的な夏の訪れを告げる夏至の日。冬至のように食べ物の風習はあるのでしょうか。地域で食べられているものをご紹介します。

夏至の風習は地域によって異なる

日本では一年を二十四に分けて、それぞれの季節を表す二十四節気という呼び方がつけられています。夏至とはそのうちのひとつで、毎年6月21日ごろのことです。太陽が最北に寄るため、北半球では一年で一番昼が長くて夜が短い日となります。

青空と太陽

夏至は本格的な夏の到来を告げる日。冬至にかぼちゃを食べるような風習はあるのでしょうか。

雲で描いた日本地図

全国的に伝わる風習はありませんが、一部の地域に残っているのでご紹介していきます。

関東・奈良「半夏生餅(小麦餅)」

関東と奈良県では夏至に小麦餅を食べる風習があります。関東では新小麦で作った焼き餅を、奈良県では小麦ともち米をあわせたお餅に砂糖やきなこをまぶして食べるのが風習です。関東では「新小麦餅」、奈良県では「半夏小餅(はんげしょうもち)」と呼ばれています。

カレンダー

半夏生(はんげしょう)とは夏至から11日目を意味しています。

餅

田植えが終わった感謝と豊作を祈り、夏至に新小麦餅や半夏小餅を食べます。

大阪「タコ」

大阪では夏至にタコを食べる風習が残っています。タコはタウリンが豊富なので、疲労回復や肝機能の改善に働きかけ滋養強壮によいことで知られている食材です。田植えの時期である半夏小は、タコが旬を迎えます。昔からおいしいタコを食べて田植えの疲れをねぎらうのが風習となっているのです。

ゆでタコ

タコの足についている吸盤のように、苗がしっかり根付くようにという願いも込められています。

タコ飯

夏至にはタコ飯などのタコ料理を食べる風習が残っています。

京都「水無月(みなづき)」

夏至を少しすぎた6月30日になると、京都では水無月を食べるのが習わしです。一年の半分を終える時期であることから、半年間の罪やけがれを清めて残る半年の無病息災を願います。「夏越の祓え(なごりのはらえ)」という神事がおこなわれるのもこの時期です。

夏越の祓え・茅の輪くぐり

「夏越の祓え」で使われているのが水無月という和菓子です。

水無月

水無月は三角形で白い生地に小豆を乗せたお菓子で、悪魔払いや暑気払いなどを表しています。

愛知「無花果田楽(イチヂクでんがく)」

愛知県では、夏至になると無花果に味噌をつけた田楽を食べる風習があります。無花果は不老長寿の果物と呼ばれている果物。昔は民間療法に取り入れられていた食材です。ビタミンや鉄分などのミネラル、便秘予防になる水溶性食部繊維のペクチンなどが含まれています。

無花果

愛知県の無花果生産量は全国シェアおよそ20%で全国一位。夏至のころには夏果が旬を迎えます。

島根・熊本「小麦の団子・まんじゅう」

島根県や熊本県に残るのが小麦の団子やまんじゅうを食べること。半夏生には天から毒が降るという言い伝えがあることから、田植えを半夏生までに終わらせるうようにと伝えられてきました。小麦で作った団子やまんじゅうを神様にお供えして収穫への願いを込めたのです。

よもぎ団子

熊本県の天草では、半夏生によもぎの団子やだごの葉で蒸したまんじゅうが食べられています。

まとめ

夏至の風習は地方によってさまざまなものがあります。お住まいの地域に残っている風習があったらぜひ夏至の時期に取り入れてみましょう。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP