• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

コントロールカラーの上手な使い方やおすすめ商品を厳選紹介

2020.05.13
コントロールカラーの上手な使い方やおすすめ商品を厳選紹介
チョア
チョア
株式会社アイ・エヌ・ジー所属

こんにちは!コスメライターのチョアです。 みなさんはベースメイクの中でコントロールカラーはきちんと使いこなせていますか? くまやくすみ、顔の赤みなどお肌のお悩みは人それぞれ。そんなお肌を補正してくれるコントロールカラーは必須アイテムです! そこで今回はプチプラなのに使い勝手抜群なキスの「コントロールカラーベース」をご紹介します。

コントロールカラーの上手な使い方

そもそもコントロールカラーってなに?どうやって使うの?と思っている人も多いはず。コントロールカラーとは、お肌のくすみやくま、赤みなど部分的な気になるお肌の色に関する箇所を、カバーしてくれるアイテムです。カラーコントロールにはお悩みに合わせて豊富なカラーがあり、色の付いた化粧下地という認識でOK。

例えば、メイクをしているときに口元だけ色味が違ったり、コンシーラーでくまを消すと悪目立ちしてしまう…など、そんなお肌のお悩みにぴったりなのがカラーコントロール。
「使わなくてもファンデーションでカバーできるから必要ないかな?」と思っている人もいるかもしれませんが、カラーコントロールがあればファンデーションで厚塗りしなくても簡単にナチュラルにお肌をキレイに魅せてくれるので、実は下地の中でも必須のコスメアイテムなんです。

{1}

コントロールカラーの役割

早速、コントロールカラーの役割を詳しくご紹介していきます。
基本的に、コントロールカラーはファンデーションを塗る前にお肌に塗ることで、肌の色を補正してくれる化粧下地ですが"肌色の補正"以外にも嬉しいポイントがたくさんあるんです。

ポイント01. ニキビ跡やくすみ・くま・赤みなどをカバー

コントロールカラーの一番の特徴は気になるニキビ跡やくすみ、くまや赤みなどを目立たなくしてくれること。それぞれのお悩みによって使用するカラーが変わるので、気になる箇所をピンポイントにカバーしてくれます。

ポイント02. いつもの化粧下地をワンランクアップ!

コントロールカラーは気になる部分だけではなく、メイクの印象を変えるために顔全体の下地としても使えちゃいます。顔全体に使うときは、いつもの化粧下地と混ぜて使いましょう。カラーによって特性があるので、いつもの化粧下地をワンランクアップできるアイテムでもあるんです。

ポイント03. ナチュラルメイクとの相性◎

ファンデーションの前に塗るので、気になる箇所を隠すためにファンデーションでしっかりカバーしなくてもOK!ナチュラルに仕上げたい人は、コントロールカラーでベースを整えて、ファンデーションで軽く調整すれば透明感のある自然な印象に仕上げてくれます。コンシーラーは厚塗り感が出て目立ってしまう…という人にもおすすめです。

ポイント04. 化粧崩れがしにくくなる

化粧崩れはファンデーションの厚塗りが原因の1つといわれています。その点、コントロールカラーを使えば厚塗りしなくてもしっかりお肌を整えてくれるので、ファンデーションで無理やりカバーしなくてもOK。結果、化粧崩れを防いでくれるんです。

コントロールカラーの塗り方のコツ

{1}

コントロールカラーの塗り方は簡単。くすみや色むらなど部分的に気になる箇所がある人はそのお悩みに合ったカラーをお肌に置いた後に、馴染むように丁寧に塗っていきます。もちろんカラーの複数使いもOK!それぞれのお悩みに合わせてカラーを揃えるのがおすすめです。

また、お肌をワントーンアップさせたいときなど顔全体に使う人は、自分のお肌の色に合ったカラーをお肌に置いて全体にまんべんなく塗るか、いつも使っている化粧下地とコントロールカラーを混ぜてから顔全体に塗りましょう。

コントロールカラーを塗るときは、必ずファンデーションを塗る前に使用することと、ムラができたり不自然にならないようにスポンジなどを使って優しく伸ばしてあげるのがコツです。

あなたに合うコントロールカラーの選び方

コントロールカラーの役割と塗り方をチェックしたら、あとはカラーを選ぶだけ!カラーコントロールには様々な色がありますが、今回は特に使いやすいメインどころのピンク・グリーン・パープル・オレンジ・イエロー・ブルーの6種類を、お肌のお悩み別でご紹介します。

{1}

顏の血色が悪い・ワントーン明るく見せたい人は「ピンク」

お肌の血色が悪く、くすんでみえたり顔全体が暗くみえてしまう…なんて人には「ピンク」がおすすめ。
ピンクは部分的はもちろんですが、顔全体に使うと全体的に華やかな印象にしてくれます。もともと赤みが気になる部分は避けて、しっかり馴染ませるように塗りましょう。
お肌をワントーン明るくやわらかい印象にしたい人や、青くまなどをカバーしたい人にぴったりです。

お肌の赤みが気になる人は「グリーン」

お肌の赤みが気になるときや、ニキビ跡をなんとかしたいときは「グリーン」がおすすめ。
ファンデ―ションではなかなか隠せない赤みが目立つ箇所に塗るのが効果的です。グリーンは顔全体に塗るとくすんで見えてしまうこともあるので、部分的に使うのがポイントです。
量が多すぎるとグリーンの色味が強く出てしまうので、薄くなじませるようにしましょう。

お肌の黄ぐすみをカバーしたい人や、透明感を出したい人は「パープル」

お肌に透明感がほしいときや、部分的な黄ぐすみが気になる人には「パープル」がおすすめ。
ハリのある健康的な血色感と、明るい透明感を演出してくれる万能カラーでもあります。
イエベの人もブルベの人もどちらも使える中間色なので、どの色を選んだらいいかわからない人や、メイクはじめてさんはまずパープルにチャレンジしてみましょう。

くまやくすみをカバーしてナチュラルにしたい人は「イエローorオレンジ」

コンシーラーだとどうしても浮いてしまう目元のくまやくすみが気になる人は「イエロー」もしくは「オレンジ」がおすすめ。
どちらも日本人に多いイエベ肌の人に馴染みやすいカラーであるとともに、青みのあるブルベ肌さんでも使えるのがポイントです。
顏全体に塗ると健康的で明るい印象に仕上げてくれますが、赤みのある部分には相性はよくないので避けるようにしましょう。

黄ぐずみのカバーやナチュラルな色白感を演出したい人は「ブルー」

パープルと同じようにお肌の黄ぐすみが気になる人や、透明感は残したまま色白な印象にしたい人は「ブルー」がおすすめ。ナチュラルにお肌を明るく見せてくれるので、パープルと併用するもの◎。
青みが特に強い箇所やくまなどに塗ると不健康的な青白さになってしまうので避けましょう。

コントロールカラーの人気商品を紹介

{1}

キス コントロールカラーベースの魅力とは?

お肌のお悩みをしっかりカバーしてくれるだけではなく、お肌に統一感を与えてくれるカラーコントロールの中でおすすめなのが、今回ご紹介するキスの「コントロールカラーベース」。
細かいところもピンポイントでカバーしやすい"チップタイプ"と、お悩みに合わせて4種類のカラーがラインアップされており、プチプラで購入できるのも人気の理由です。

肌なじみがよく、つけた瞬間にすっと伸びてお肌にしっかり密着してくれます。もちろん化粧下地としての役割もしっかり果たしてくれるので、上からファンデーションを重ねてもヨレずに仕上げてくれるのがポイントです。

また、SPF25 PA++に加えて美容液成分のコラーゲン・スーパーヒアルロン酸(※うるおい成分)が配合されている優れものなんです!

キス コントロールカラーベースのおすすめ4色

01 Pink

"01 Pink"は、お肌を全体的に明るく華やかにみせてくれて、血色感のあるやわらかい印象のお肌に仕上げてくれます。
くすみや血色の悪い口元や、お肌のトーンを上げたいなら全体に塗ってもOKです。

02 Orange

"02 Orange"は、気になるくまをカバーしてくれるだけではなく、お肌を健康的にみせてくれるカラーです。
隠しきれない目元のくまやくすみ、色素沈着が気になる部分や、健康的で明るい肌に見せたい場合は顔全体に塗りましょう。

03 Purple

"03 Purple"は、部分的な黄ぐずみをカバーして、透明感のあるお肌を演出してくれます。
黄ぐすみが気になる頬骨の下や、化粧下地に混ぜて全体的に塗るとナチュラルな印象にしてくれます。

04 Green

"04 Green"は、ニキビ跡や赤ら顔などの頬の赤みをカバーしてくれるのにぴったり。
チークをつけすぎたときの調整にも活躍してくれるので、1つ持っていると便利なカラーです。

コントロールカラーをマスターして統一感のあるお肌に!

いかがでしたか?
いつものメイクにひと手間加えるだけで、断然仕上がりが変わってくる優秀なコントロールカラー。
お肌へのお悩みがある人は自分に合ったカラーを見つけてぜひチャレンジしてみてくださいね!

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP