LIFESTYLE

クリーニングみたいに仕上げたい!アイロン上手になれる使い方

クリーニングみたいに仕上げたい!アイロン上手になれる使い方


自宅でのアイロンがけをきれいに仕上げられたらいいのにと思うことはありませんか?今回はアイテム別に上手くアイロンをかけられるコツをご紹介します。

ズボン・スラックスにはスチームと当て布のW使い

ビジネスで活躍するズボンやスラックスは、ビシっと仕上げて気持ちよくはいてもらいたいですよね。ポイントはスチームと当て布。湿気を与えることで生地に緩みができるため、しっかりプレスできます。スラックスはハンカチなどで当て布をして素材が痛むのを防ぎましょう。

スラックス

ウエスト、ひざ、センターの折り目の順にかけていきます。お尻から太ももはシワになりやすいので重点的に。

ハンガーに吊るしたスラックス

ハンガーに吊るしてからシワが気になるところにスチームをかけて仕上げましょう。

シャツ・ワイシャツは細かいところから広いところへ

シャツやワイシャツは、アイロンがけの順番がポイント。襟、肩・袖、背中、前身頃と、細かいパーツから広いパーツへ進めるときれいに仕上がります。コツはアイロンを持つ逆の手でシワを伸ばしながらかけること。アイロンがけ後はハンガーにかけて熱を冷ましましょう。

袖のアイロンがけ

襟部分は、真ん中から左右へ動かすと失敗しにくいです。袖は肩から袖口に向かって動かしましょう。

シャツにアイロンをかける女性

シャツやワイシャツは半乾きの状態だとアイロンをかけやすいのでおすすめ。

ジャケットはハンガーのままスチームを使うのがコツ

毎日お手入れしたいジャケットは、ハンガーのままアイロンがけすると簡単です。ポイントはたっぷりのスチームを使うこと。シワがつきやすい背中や肘はしっかり当てていきましょう。仕上げに手でシワを伸ばしたら、真っすぐハンガーにかけて乾かしましょう。

スチームアイロン

熱を当てると生地が痛むので、スチームを当てるように注意してください。仕上げに手でシワを伸ばします。

ハンガーにかけたジャケット

真っすぐハンガーにかけたままにして乾かしましょう。ボタンを留めておくと型崩れを防げます。

スカートのプリーツはアイロン台を使うと便利

プリーツがあるスカートのポイントはアイロン台にスカートをはかせること。回しながらかけていけば、全体を仕上げるのに便利です。一気にアイロンがけせずに、裾部分とウエスト部分にわけるときれいに仕上がります。当て布をして生地が痛むのを防ぎましょう。

プリーツスカート

裾はアイロンで押さえるのがコツ。ウエスト部分を引きながら真ん中からウエストに向かって動かします。

学生服のアイロンがけは設定温度を守るのがポイント

お子さんの学生服にアイロンがけするときは温度に注意が必要です。素材によっては熱に弱く、テカリが出てしまうことも。当て布をして短時間でアイロンがけを済ませましょう。浮かせるようにアイロンを当てるのがポイントです。

学ラン

学ランの襟の上部にある「バイピング」にはアイロンをかけないようにしましょう。

制服を着た女子中学生

プリーツスカートは、スチームアイロンがおすすめ。洗濯バサミなどで留めると作業しやすいですよ。

ハンカチは糸の方向と平行にかけて形をキープ

きれいに仕上げるのが難しいハンカチのアイロンがけは、糸の方向を確認するのがポイント。ハンカチを霧吹きで濡らしたら、左右に引っ張ってください。糸が伸びない方向がタテ糸です。ヨコ糸に向かってアイロンをかけると生地が伸びるので注意しましょう。

アイロン台とアイロン

タテ糸を上に向けてアイロン台においたら、角、ふち、中央の順にアイロンがけします。

アイロンがけしたハンカチ

角とふちはアイロンの先を使い、中央はアイロンを滑らせるようにして平行に動かすときれいに仕上がります。

アイロンがけは身だしなみの重要なポイント!

まとめ

アイロンをかける前は、必ず洗濯表示記号に記載された最適温度の確認をするのがポイントです。アイテムごとのコツをつかめるようになってくると、仕上がりがグンと変わりますよ。アイロン上手を目指してぜひトライしてみましょう。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP