• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

定番の『テーパードパンツ』をアップデートするお手本コーデ【19選】

2020.05.14
定番の『テーパードパンツ』をアップデートするお手本コーデ【19選】
画像引用元:https://wear.jp/moussyofficial/12660615/
LINEショッピング
LINEショッピング
編集部

キレイめからカジュアルまで着まわしができ、幅広い世代から支持を受けているテーパードパンツ。それゆえコーディネートもマンネリしがちに。そんな時は旬の着こなしでアップデートをはかってみてはいかがでしょうか!季節別におすすめのコーディネートから、靴や靴下とのグッドバランスな着こなしまで。オシャレさんのお手本コーデをセレクトしました。是非ご参考に!

テーパードパンツの定番は【6種類】

テーパードパンツは素材やデザインなど種類も豊富に展開されています。ここではたくさんある種類の中から定番で合わせやすいテーパードパンツをご紹介します。これから新しくワードローブに加えるという人も、すでに持っているという人も、自分はどのタイプが合うか検討してみてください

ザ・王道の『スタンダードタイプ』

{1}

画像引用元:https://wear.jp/frame273x1/15497206/

特に目立つディテールなども入れずシンプルなデザインに仕上げているのがスタンダードタイプ。着回し力の高い万能アイテムです。

きちんと見えする『タック入りタイプ』

{1}

画像引用元:https://wear.jp/rolladex_staff2/12193850/

「タック」とは、フロントに入るヒダのことで、腰回りにゆとりを持たせて動きやすくしてくれます。また、スーツのスラックスなどにも使わているディテールなのでクラシカルな印象を与えます。

脚長効果が期待できる『ハイウエストタイプ』

{1}

画像引用元:https://wear.jp/carmen1505/16435344/

股上が深いつくりになってるハイウエストパンツは、トップスをウエストインして穿くと腰の位置が高くなり視覚的に脚を長く見せてくれますよ。

女性らしさをプラスする『ウエストリボンタイプ』

{1}

画像引用元:https://wear.jp/erikodayo28/13146022/

こちらはハイウエスト気味の股上に加えて、リボン結びが出来るベルトがついたタイプになります。多くはパンツと共布のベルトになっているので、シンプルかつ女性らしいデザインで幅広い世代から人気があります。

ウエストが楽チンな『イージーパンツタイプ』

{1}

画像引用元:https://wear.jp/piccinpress/16135042/

ウエストがゴムになっている為、脱ぎ穿きがしやすくお腹周りの窮屈感が少ないのが特徴です。アウトドアブランドやスポーツブランドから多くリリースされています。

カジュアルダウンに最適な『デニムタイプ』

{1}

画像引用元:https://wear.jp/carmen1505/15397712/

定番素材のデニムでもテーパードシルエットは人気です。普通のストレートのシルエットにはない、スッキリとした見栄えでスタイルアップが叶います。

【春夏・秋冬別】お手本コーデ

次は季節別のお手本コーディネートへ。全体的に色が明るくなり素材感も薄くなる春夏は、リラックス感が出てだらしなく見えがちに。そんな時は、合わせるアイテムやパンツのタイプできちんと感をプラスしましょう。また、素材の重量感やレイヤードでボリューミーになりがちな秋冬は、縦のラインを意識してスッキリ見せるのがポイントです。

【春夏】はきちんと感を出すのが◎

上下白でキレイめに仕上げる

{1}

画像引用元:https://wear.jp/sanki0102/16432639/

春の装いにぴったりな上下を白で合わせたコーディネート。全体の淡さをカバンと靴の黒で引き締めつつ、レザー素材できちんと感も備えたお手本コーデです。

派手色は黒でモード顔にチェンジ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/moussyofficial/12660615/

コーディネートのアクセントになる派手色のパンツには、シンプルな黒い無地のトップスでモードに仕上げて。ウエストインも効いて、カッコイイ大人女子のコーデに格上げされます。

黒パンツはノースリーブで重見え回避

{1}

画像引用元:https://wear.jp/maai0528/13072782/

黒のテーパードパンツに黒いパンプスの組み合わせは夏場には少し重たく見えてしまうかも。そんな時はノースリーブのカットソーで抜け感を添えるのがおすすめです。

【秋冬】はトップスをアウトして縦長に見せる!

ベストを重ねてアクセントを足す

{1}

画像引用元:https://wear.jp/akokako/16424433/

シャツを出す事で縦のラインを強調して細長く見せつつ、レイヤードしたベストがアクセントに。ニット素材で季節感もグッとUPします。

タートルネックでクールに暖かく

{1}

画像引用元:https://wear.jp/spick261x1/15962554/

タートルネックのニットで暖かさを確保しつつ、特有のボリューム感を寒色系のニットで払拭。また首まであるタートルネックにする事で、縦長のシルエットを演出した上級者コーデに。

裾からインナーの白を覗かせて

{1}

画像引用元:https://wear.jp/kngxknk/16013209/

ダークトーンのアウターを合わせた時に効果を発揮するのが、裾から覗かせたインナーの白。重たく見えがちな冬のアウターに、白が軽さを出しつつ気になるヒップやもも周りをカバーしてくれます。

【20・30・40代別】テーパードパンツコーデ

オンでもオフでも様々なシチュエーションで着回しが効く、コーディネート自在なテーパードパンツ。もちろん年代も問わず着こなす事が出来ます。そこで、そんな万能アイテムを使ったおすすめコーデを、年代別にご紹介します。コーディネートのポイントも添えているので、オシャレ迷子になっている人もチェックしてみて。

20代は、小物でアクセントを足す

{1}

画像引用元:https://wear.jp/satomuramiho/16537584/

単に相性の良いアイテムと合わせるというだけでは少し物足りなさを感じてしまう時は、小物でアクセントを足すのが◎。こちらのコーデはスカーフをアレンジして胸に巻いてビスチェ風に。

30代は、遊びのあるアイテムで外す

{1}

画像引用元:https://wear.jp/rolladex_staff2/16175095/

カジュアルとキレイめ、ハンサムとガーリーなどその場に応じて自在にコーディネートを組む事が出来る30代は、外しのコーデがおすすめ。パンツとパンプスのレディな装いを、あえてボーイなラガーシャツで外して。

40代は、ワントーンでこなれ感UP

{1}

画像引用元:https://wear.jp/sanki0102/16361199/

自分にぴったり似合う服を知り尽くしている40代は、ベーシックなアイテムを上下で色合わせをしたワントーンコーデがGOOD。一気にこなれ感もUPします。

テーパードパンツに合う【靴×靴下】は?

裾にかけて細くなっていくテーパードパンツは、足元のバランスも意外と重要なんです。オシャレな大人女子ならチラ見えする靴下まで抜かりなく計算しておきたいところ。ということで、ここでは上級者のコーデを参考に、テーパードパンツに合わせる「靴×靴下」の正解を探っていきましょう!

スニーカー×ワンポイントソックス

{1}

画像引用元:https://wear.jp/maistyle/13761734/

カジュアルな印象のスニーカーに、ブランドマークがワンポイントで入っているスニーカーソックスを。丈の短いソックスなら、裾が細いパンツでももたつかずに足元もスッキリ。さらにワンポイントのデザインで、チラ見えした時も抜かりなし。

バレエシューズ×白ソックス

{1}

画像引用元:https://wear.jp/carmen1505/15994956/

旬のバレエシューズには白いソックスで清楚な印象をプラス。冬場に出番の多くなるニットのボリュームは、足元で軽さを出してバランスをとって。

ローファー×チェック柄ソックス

{1}

画像引用元:https://wear.jp/32pall/13342501/

クラシカルな印象のローファーは、チェック柄のソックスでとことんトラディショナルに仕上げて。赤のニットも相まって全体がグッとまとまります。

ヒールパンプス×ドット柄ソックス

{1}

画像引用元:https://wear.jp/1childwoman/11989034/

高めのヒールがエレガントなTストラップのパンプスは、透け感のあるソックスでより女性らしく。さらにトップスの柄と合わせて統一感を楽しむ技ありコーデに。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP