• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

オフィスコーデ、これだけ見ておけばカンペキ!

2020.07.31
オフィスコーデ、これだけ見ておけばカンペキ!
LINEショッピング
LINEショッピング
編集部

会社や職種によっても「オフィスコーデ」の正解ラインは異なるもの。 「おしゃれはしたいけど、まわりから浮いていたらどうしよう…」「オフィスカジュアルっていっても、どこまでOKなの…?」 と悩んでいるOLさんも多いのではないでしょうか。 マナーを守りつつもおしゃれに見せるポイントについてまとめていきます。

オフィスコーデの基本とNG例紹介

まず、何はともあれマナーは大事。オフィスではいろいろな人が働きますし、時にお客様に対応することもあります。


オフィスコーデの基本ルール

【清潔感を意識する】
シワになりやすい素材は、清潔感が損なわれるので避けたほうがベター。ハリのある、シワになりにくい素材を選ぶようにしましょう。自分に合ったジャストサイズだと、きちんと感が出ますよ。

【動きやすい服装にする】
オーバーサイズなシルエットや、タイト過ぎて動きにくい服装は、業務に支障が出てしまいます。オフィスでは動きやすさも考慮しましょう。足元も極端にヒールが高い靴や、かかとがパカパカしてしまうミュールなどは、足元が安定せずに危険。オフィスコーデには不向きなアイテムなので注意です。

【勤めている会社や取引先の雰囲気に合わせる】
業界や職種、内勤・外勤によっても適したコーディネートは違うもの。最初のうちは職場の先輩を参考に選んでみましょう。取引先の方の服装もチェックしておくと、勉強になりますよ。どうしても判断が難しい場合は、素直に質問しておくと良いでしょう。


オフィスコーデでNGルール

【露出が多い、身体のラインが出すぎる服装】
たとえ流行っていても品のない印象に見えがち。例えば、オフショルダーデザインや、胸元の見える深いVネック、素足が見えるミニスカートやショートパンツはNGです。スカートの丈は、膝から下のものを選ぶようにすると、座ったときにも安心ですね。

あまりにタイトで身体のラインが出るアイテムも悪目立ちしてしまい、オフィスでは浮いてしまう可能性があります。

【カジュアルすぎる服装】
一般的にデニムやTシャツなど、カジュアル感の強いアイテムもオフィスではふさわしくありません。デニムが許容されている場合でも、ダメージが入ったものは避けたほうが無難です。

【派手な色や柄のアイテム】
原色系やビビッドなカラーは奇抜な印象で、ビジネスジーンでは好まれません。レオパードなど個性が強すぎる柄アイテムも、基本的にはNGです。オフィスコーデは、無地&ベーシックなカラーで、信頼感のある印象にまとめましょう。

オフィスコーデの詳細はこちらでチェック
https://ec.line.me/ladiesfashion/column/20023/


季節別、オフィスコーデのつくり方

夏のオフィスコーデ

夏は露出が激しくなる時期なので、アイテムによってはオフィスではNGという場合もあります。

いくら暑くてもオフショルダーやミニスカートなど、過度な露出のデザインは避けるようにしましょう。素材に気をつけ、通気性の良いアイテムを選んだり、「ブルー×ホワイト」など爽やかな配色のコーデを組むこと、涼しげな印象にみせてくれますよ。

夏のオフィスコーデはこちらでチェック
https://ec.line.me/ladiesfashion/column/30030/


秋のオフィスコーデ

時間や日によって、暑かったり寒かったりする秋は、上手にコーディネートしたいものですね。

ポイントは色で、秋っぽさを取り入れること。特にアースカラーは上品できちんとした印象に見せてくれるので、オフィスコーデにピッタリのアイテムです。

さらにストールや腕時計など、小物使いで個性を演出。一気におしゃれ上級者に見せてくれますよ。

秋のオフィスコーデはこちらでチェック
https://ec.line.me/ladiesfashion/column/officecasual/


オフィスコーデの定番アイテム「スーツ」に合わせるインナーの選び方

私服に比べ自由度の低いスーツは、インナーを工夫することでおしゃれに見せることができます。スーツのインナーはシーンによって使い分けることもポイントです。


お仕事のスケジュールに合わせて選ぶ

【内勤のみの日】
1日中デスクワークのときは、着心地重視のシンプルなカットソーが正解です。プルオーバーのカットソーなら、着やすい上にリラックスできるのが◎。カラーやデザインがシンプルなタイプを選べば、いろんなスーツのインナーとして活躍します。

【外勤ありの日】
外回りをしたり、お得意先を訪問したりするときには、清潔感アップが叶う白いブラウスを選びましょう。ハズさないオフィスコーデが完成しますよ。


アフター5の予定に合わせて選ぶ

【デートの日】
大人可愛いボウタイブラウスがおすすめ♡きちんと感がありながら女性らしく決まります。

【女子会の日】
ティアードブラウスや柄シャツなど、デザイン性の高いインナーを選びましょう。お仕事中もきちんと感をキープしながら、おしゃれ感の高い女子会スタイルが叶います。

シーン別、スーツに合わせるインナーアイテムはこちらをチェック
https://ec.line.me/ladiesfashion/column/suits_inner/


まとめ

オフィスコーデの場合、やはりそのオフィスごとの雰囲気やOKラインを知ることが一番大切です。

ですが、さらにそこから個性を出すことやどういうコーディネートまでなら許されるか、どういうラインがあるかもチェックしておきたいところ。

たとえば普段はカジュアルな会社なのにスーツを着ないといけなくなった、オフィスに着ていくアイテムの種類や数を増やしたい、もっといろいろおしゃれしたいという人は、チェックすると新しい発見があるかもしれません。

TOP