貯蓄のイメージ

収入の1割は貯金に回す!やりくりするためのポイントを解説

貯金をしようとしても、毎月いつの間にかお金が足りないという状態ではありませんか?今回は、収入の1割を貯金するためのポイントをご紹介します。

貯金できない人は「天引き貯金」がおすすめ

貯金できない人は、天引きをしていないことが多いのではないでしょうか。まずは天引き貯金で月収の1割を貯めるよう手続きをしましょう。給料が入った時点で手取り額が決まると、最初は大変ですがだんだんその範囲内でやりくりするようになれますよ。

着実に積み上げていく積み木のイメージ

毎月一定額を引き落とすだけで、着実にお金は貯まります。

ATMと預金通帳

天引き貯金のおすすめは、使っている銀行の定期預金です。ATMで簡単に引き出せない点がポイント。

天引きした後のお金を費目別または1週間分に分割して管理

次にお金を使い過ぎないように、「お金の見える化」をしましょう!まず、費目別または1週間分ずつの生活費用封筒を作ってください。費目の場合は費目名と予算額を封筒に書きます。1週間分の場合も同様です。この予算通りにお金を分散して入れましょう。

封筒にお金を入れている人

費目別に予算を分けると、何によく使っているか一目瞭然です。

買い物をする会社員

買い物で持ち歩きやすいのは、1週間ごとに分ける方式です。自分の管理しやすい方式を採用しましょう。

【超重要】封筒に入ったお金だけでやりくりするよう頑張る

あとは、1ヶ月間封筒の中に入っているお金だけで乗り切るように頑張りましょう。慣れないうちや1週間方式でお金を分けている場合は、家計簿をつけて何に使い過ぎているかを振り返れるようにしておくと、効率的に節約できます。

使った分を家計簿に記入

予算の分け方を1週間方式にしている場合、家計簿をつけて何に使い過ぎているか確認を。

財布の中のポイントカードは基本的に処分する

ポイントカードがあると、ポイントをもらうために無駄遣いしてしまう、という経験はありませんか?ポイントカードは基本的には処分しましょう。どうしても残す場合は、使う頻度が高く還元率の高いポイントカードだけを厳選。

財布の中のポイントカード

ポイントのために余計な買い物をしていませんか。無駄遣いを防いでお財布もスリムに。

自動引き落とし内容を精査する

自動引き落としされている代金の中に節約できるものはないか、過去1年間分を遡り精査して、Webや携帯の有料コンテンツ代など、利用していないのに引き落とされている代金を探しましょう。見つけ次第、契約を変更するなどして支出を減らします。

通帳と紙幣

天引き貯金と逆の発想ですが、一度自動引き落としの手続きをするとつい放置しがちです。

パソコンのセキュリティイメージ

ウィルス対策ソフトウェア料金も要注意。パソコンの買い替えなどで二重に引き落とされている場合も。

給料日に清算して残った小銭は貯金か次月に引き継ぐ

1ヶ月が終わり、次の給料日にまた予算を封筒に入れます。最初の1ヶ月の区切りで予算の見直しも行いましょう。また、残ったお金は貯金に回すようにするか、次月の予算に引き継ぎます。一番予算的に苦しかった費目に集めても良いですね。

貯金箱にコインを入れる女の子

残った小銭を貯金箱に入れるとき、ちょっぴり幸せを感じるかも。

まとめ

収入の1割を貯金に回すための節約テクニックを紹介しました。ものぐささんでもできる方法を集めていますので、ぜひ実践して。家計のスリム化と貯金の両方を実現させましょう。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP