玄関前のガーデニング

ガーデニングは狭い場所でも大丈夫!スペースを活用して楽しもう

ガーデニングをやってみたいけれど、ベランダや小さい庭だからと諦めていませんか?狭いスペースをうまく使ってガーデニングを楽しむ方法をご紹介します。

目隠しにもなるウッドフェンスを活用

庭が狭くてガーデニングスペースを取れない場合は、ウッドフェンスを利用する方法がおすすめです。通りに面していたり、隣の家と距離が近かったりするときは目隠し変わりにもなります。

ウッドフェンスとガーデニング

ウッドフェンスは、イペのような耐久性や安定性が高い素材を選びましょう。

ウッドフェンスとプランター

ウッド素材と草花の相性がぴったりでガーデニングの色が映えます。

レンガを積み重ねておしゃれ感をプラス

海外の庭のようなガーデニングにしたい場合は、レンガを使うのがおすすめです。狭いスペースでもレンガ接着剤を使って積み上げていくだけでおしゃれ度がアップします。好きな大きさの花壇を作れるのもメリットです。

レンガで作った花壇

レンガの組み合わせ方によっていろいろな形の花壇を作れます。

レンガで囲んだ花壇

限られたスペースでもレンガで囲んだ中でガーデニングを楽しめます。

壁面をガーデニング空間に演出

地面にガーデニング用のスペースを確保できない場合は、壁面を有効的に使いましょう。プランターを壁掛けにして草木やお花を植えるのがおすすめです。マンションなどのベランダには、すのこを活用すると便利です。

壁面に飾ったプランター

ワイヤーを利用して壁面にプランターをバランスよく吊り下げましょう。

すのこに吊り下げたプランター

すのこはベランダのサイズに合わせて配置します。S字フックを使うのに便利です。

縦のスペースを有効に使えるフラワーラック

ガーデニングに使えるスペースが少ない場合は、縦の空間を利用しましょう。フラワーラックやフラワースタンドは横幅が狭い場合に便利なアイテム。鉢を並べるだけなので初心者にもおすすめです。

フラワースタンド

ワイヤータイプはサビにくい加工がしてあるものがおすすめです。

木製のフラワースタンド

和風の庭には木製のフラワースタンドを選ぶとマッチします。

高さに変化をつけて立体的に見せる方法

狭いスペースにいろいろなお花を飾りたい場合は、高さに差をつけて配置するのがおすすめです。草丈が高い花と低い花を組み合わせることで奥行きが生まれて立体感が出せます。さらに立体的にしたいときは、壁面を使って植物のツルを絡ませましょう。

庭の花壇

草丈の違いで立体的に見せるテクニックは初心者にもおすすめです。

立体感のあるガーデニング

アイテムを活用して高さに変化をつけると簡単に立体感が出せます。

プランターを吊り下げて高いスペースを利用

地面に近いところだけでなく、高い場所にあるスペースもガーデニングに活用できます。ハンギングプランターやハンギングバスケットを使って草花を飾りましょう。空中にお花が咲いているような雰囲気を演出できますよ。

高い位置に吊り下げたプランター

ハンギングプランターで壁や天井がガーデニングスペースに変身します。

ハンギングバスケット

ワイヤーバスケットにヤシ製のシートを重ねてハンギングバスケットに。

まとめ

庭が狭くてもガーデニングを楽しめる方法はたくさんあります。アイテムや壁面を利用して草花を飾りましょう。家の環境に合わせて、省スペースでできるガーデニングにぜひ挑戦してみてください。

ガーデニングをやってみる♪

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP