ごみ収集

ごみゼロの日をきっかけに!減量化のためにできること

ごみゼロの日をご存知ですか?各自治体ではごみ問題の解決に向けて減量化を進めています。家庭ごみ減量の成功例を参考に、できることからはじめましょう。

知っておきたいごみ問題の基礎知識

環境省の発表によると、平成29年度の一般廃棄物の排出量はなんと4,289万トンにのぼります。これは、東京ドームおよそ115杯もの量です。1人あたりに換算すると、1日920グラムのごみを出していることになります。

ごみ焼却場の煙突

ごみを焼却するために必要な1年間の総発電電力量は、約310万世帯分の年間電力使用量と同じくらいです。

ごみ焼却場

ごみを最終的に処分するための場所を確保するのが難しい状況が続いています。

ごみゼロの日は「3R」運動でごみを削減

5(ご)3(み)0(ゼロ)の語呂にちなんで、5月30日は「ごみゼロの日」です。6月5日の「環境の日」を含めてごみ減量化推進週間を制定。リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3R推進運動がおこなわれます。

リサイクルごみ

リデュースは大切に使うこと、リユースは繰り返し利用すること、リサイクルは再利用することです。

海岸に散乱したごみ

各自治体では、ごみゼロの日に関連してクリーン運動を実施。散乱しているごみ拾いなどをおこないます。

1人1日あたりに捨てるごみの量が最も少ない長野県

環境省が発表した平成29年度の日本の廃棄物処理調査によると、1人1日あたりに捨てるごみの量がもっとも少ないのが長野県です。長野県は4年連続日本一となっており、平成28年度よりさらに5g少ない817gという結果が出ました。

長野県の松本市街

長野県ではごみの削減計画を実施。2020年度は1人1日あたりのゴミ排出量795gを目標としています。

長野県の成功例①詰め替えや繰り返し使える商品を選ぶ

ここからは、長野県でごみ削減のために実施している事例をご紹介します。日用品などの生活に関わるものは、繰り返し使えるタイプの商品を選ぶのがポイント。毎日のように使う洗剤やシャンプーなどは、詰め替えできるものにするとプラスチックごみの削減につながります。

化粧品のボトル

化粧品も詰め替えて使えるタイプのものを選ぶことでごみが削減できます。

パソコンに貼られた付せん

メモ用紙や付せんは消せるボールペンを使うと書き間違えても捨てずに済みます。

長野県の成功例②食べ残しが出ない量の食材を買う

生ごみも家庭ごみの排出用に大きく影響します。食材を買うときは、調理に必要な量だけにするのがポイント。出かける前に冷蔵庫の中身をチェックしておくと、余分なものを買わずに済みます。食材を無駄にすることなくゴミも減らせるので習慣にしたいですね。

惣菜を買う女性

惣菜を買うときは、かさばるプラスチックの容器よりも袋タイプのものを選ぶとゴミが削減できます。

ハンバーガー

ファーストフードなどをテイクアウトするときも、食べきれる量だけを注文するようにしましょう。

長野県の成功例③生ゴミは水切りをしてから捨てる

家庭ごみを減らすためには、生ごみの捨て方にもポイントがあります。。生ごみのおよそ80%は水分で、腐敗やイヤな臭いの原因にもなります。水気を含んだ生ごみは重量も増えてしまうことに。ひと絞りしする手間を加えましょう。

玉ねぎの皮

野菜の皮やくずを三角コーナーに入れると水分を吸うので、乾かしてから袋に入れましょう。

ティーポット

お茶やコーヒーの出がらしは、しっかり乾燥させると消臭剤や植物の肥料として再利用できます。

ごみを減らすためのちょっとした工夫♪

まとめ

わたしたちが暮らす町を美しくするためには、ごみを減らして資源を再利用することが大切です。ごみゼロの日をきっかけに、家族みんなでごみを減らす取り組んでみましょう。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP