ピンク色の壁際に置かれた子供机とレースの掛かった窓

子供部屋をきれいにしたい!持続できるおしゃれな収納術

子供部屋がいつも散らかっているとイライラしてしまうもの。そこで今回は、おしゃれに見えて子供が自分で片づけられる収納術をご紹介します。

細かいおもちゃはランダムに収納

小さなボールやレゴなどの細かいおもちゃを分別して収納するのは難しいもの。子供がきちんと片づけてくれないとストレスになってしまいます。そこでおすすめなのが、引き出しやボックスを作ってランダムに収納する方法です。大ざっぱに片づけられるのがポイント。

レゴブロックの収納例

画像提供元:orie927

インテリアにマッチするおしゃれな容器を使うのがおすすめ。重ねられるタイプならきれいにまとまります。

なんでもボックスで片づけの基本を学習

片づけるのが苦手な子供が相手だと、何度教えてもできるようにならなくて困ってしまいますよね。片づけのトレーニングはやさしいレベルから行うのがおすすめ。大きな入れ物を用意して、「おもちゃは全部ここに入れる」ということからスタートしてみましょう。

たくさん収納できる大きな入れ物

画像提供元:r_jem_k

間口が大きな入れ物を用意するのがおすすめ。中身を見せたくないものはフタつきで対応しましょう。

お気に入りのぬいぐるみは見せる収納で対応

子供たちはぬいぐるみが大好き。いつもそばにいたいから、片づけられると出したくなってしまいます。おすすめは棚や椅子の上、ベッドなどに置くだけの見せる収納方法。おしゃれな雰囲気が演出できて、お気に入りのぬいぐるみが見えるので子供にとっても安心です。

ぬいぐるみをかわいく飾った部屋

画像提供元:orie927

置き場所に悩む場合は、ぬいぐるみもインテリアの一部として飾ってみましょう。

マガジンストックでお店屋さんごっこ風に

小さな子供がいると絵本も散らかりやすいものの1つですよね。本棚に収納することが子供にとって「つまらない」と感じてしまい片づけてくれないのかもしれません。かわいい絵の表紙を見せたり雑貨と混ぜたりして、おしゃれなお店屋さんごっこ風にしてみましょう。

カラーボックスを本棚に活用

画像提供元:r_jem_k

本と一緒にかわいいオブジェや雑貨を並べるとおしゃれなショップの雰囲気になります。

出したものが帰る場所を作るのがポイント

小学生になると文房具の種類が多くなります。ランダムに収納すると探すのが大変ですよね。混ざると困るものは、帰る場所を作るのが収納のポイントです。「色鉛筆さんのおうちはどこ?」と、子供が自発的に片づけられるように誘導してみるのがおすすめ。

文房具を整理して収納

画像提供元:orie927

文房具は形や大きさに合わせて整理できるボックスを利用するときれいに収納できます。

普段着はハンガー掛けで簡単収納

小さな子供服をたたんで収納するのは面倒臭いと感じることがありませんか?忙しい毎日の中で、手間がかかる作業はできるだけ減らしたいところ。洗濯の回数が多い普段着はハンガー掛けにすると収納が簡単です。ハンガーで干して乾いたらそのまま片づけるだけで済みます。

お気に入り一式をハンガー掛けに

画像提供元:orie927

明日着ていくセットを掛けておくと、朝の着替えをスムーズにできるトレーニングになります。

子供部屋は家の中で散らかりやすい場所の1つ。子供が自分で片づけられるようになると助かりますよね。今回ご紹介した方法は、持続しやすくておしゃれな収納術ばかりです。ぜひ取り入れてみてください。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP