自分に合ったデニムパンツをすっきり着こなして

画像引用元:https://wear.jp/item/31315771/

【デザイン別】“脚痩せ見え”を叶えるデニムパンツの選び方

ラインや加工など、デザイン次第で見え方がずいぶんと変わってくるデニムパンツ。痩せて見えるパンツを選ぶためのポイントをご紹介します。

ストレートデニムは脚の形との相性をみて

ストレートデニムは一番オーソドックスで着こなしも簡単だと思われがちですが、意外と下半身のボディラインを強調するので注意が必要。股上の深さや、わたり幅(太もも付け根位置の幅)次第で、似合う・似合わないがあります。おすすめは、ほんのり余裕がありウエスト位置が高めになるもの。

ハイウエストライトブルーデニム

画像引用元:https://wear.jp/item/32650796/

ハイウエストで腰まわりはタイトめなストレート。着丈は八分ぐらいで軽快に着こなすのがおすすめ。

ナチュラルな雰囲気のストレート

画像引用元:https://wear.jp/cloud9nail/13715105/

股上が深めで、太ももまわりにも余裕のあるデザイン。色あせ加工もほどよくお洒落です。

テーパードシルエットは細くなる位置がかなめ

裾に向かって細くなるテーパードパンツは、どのあたりから細くなるかによって印象が大きく変わってきます。トレンドとしては、低め位置から細くなるものが多くなっていますが、細見え狙いなら高め位置からのほうがベターです。

すっきりテーパードシルエットデニム

画像引用元:https://wear.jp/ari0818m/13488946/

膝上あたりから細くなっているテーパード。濃いめインディゴでさらに細見え効果あり。

ゆったりシルエットのテーパード

画像引用元:https://wear.jp/wear6014/6711772/

太ももまわりはゆったりとしていて、ボーイッシュな雰囲気もただようお洒落なデニムです。

ルーズシルエットは腰履きする前提でチョイス

ルーズなシルエットのデニムは、腰履きするのが大前提。腰まわりがだぶつきすぎるとだらしなく見えるので気をつけて。裾が余らないように、着丈にも留意して選ぶようにしましょう。

ルーズデニムをキレイめテイストで着こなして

画像引用元:https://wear.jp/iena0994/7067737/

裾が狭めのルーズデニムならヒールと合わせてキレイめにも着こなせます。

デザインありのルーズデニムで遊び心をプラス

画像引用元:https://wear.jp/annaanan/12325503/

切り替えデザインのデニムをスニーカーに合わせて、個性的に着こなすのも◎。

スリムデニムは太ももまわりに着目

キレイめのスタイルにも使えるスリムデニムは、太ももまわりに着目してみましょう。大人らしくすっきり着こなすには、タイトすぎてもいけませんので、適度にスリムなシルエットを選ぶことが大切。膝下にもほどほどの余裕があるとベストです。

膝まわりにも適度な余裕のあるスリムデザイン

画像引用元:https://wear.jp/maki1127/13678940/

ゆったりめの八分丈スリムデニムをパンプスと合わせて大人っぽく。

濃紺スリムデニムは裾を折り返して抜け感をプラス

画像引用元:https://wear.jp/zozost1364/4728907/

わたりに余裕のある濃紺デニムをチョイスして、裾を折り返すことで抜け感を出すのもおすすめ。

ボーイフレンドデニムは短めに履く前提で選ぶ

“媚びないデニム”の異名をもつボーイフレンドデニム。ボーイッシュなシルエットをゆるっと着こなすことで、かえって女性らしさをにじませます。裾はロールアップするか、短めにカットしたスタイルが主流なので、その前提で着丈やシルエットを選んで。

ほどよいダメージ感がキュートなボーイズデニム

画像引用元:https://wear.jp/rolladex_staff2/13858766/

ダメージ加工はほどほどに。裾は九分ぐらいで軽やかに履きこなすのがポイントです。

ライトブルーデニムの裾を軽くロールアップ

画像引用元:https://wear.jp/osayu030/13209284/

軽快な印象のライトブルーは、マニッシュな革靴と合わせてボーイッシュに。

ブーツカットは幅が広くなる位置がポイント

太ももから膝あたりまでは細めで、裾が広がったブーツカット。裾にボリュームがあるため足が長く見えるデザインです。選び方のポイントは、広がり始める位置と幅を見極めること。広がる位置が低いと古めかしい印象に、広がりすぎると大げさに見えるので注意しましょう。

明るめブルーの爽やか&上品なブーツカット

画像引用元:https://wear.jp/frame265x1/6502451/

全体にゆとりのあるシルエットなので、さりげなく痩せ見え効果を狙えます。

ほどよい色あせ加工でカジュアル感を出して

画像引用元:https://wear.jp/sugiyama0717/11895906/

すっきりめのシルエットでも、太ももにゆとりがあればほどよく大人っぽく着こなせます。

まとめ

デニムパンツは、カラーやダメージ加工の程度、そしてシルエットといったデザイン次第で印象がガラリと変わります。自分の脚の形に合ったものを選んで賢く痩せ見えを叶えてくださいね!

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのファッションTOP
> LINEショッピングTOP