ピンクメイクをする女性

イメージ自在!大人の女性をキレイに見せるパーツ別ピンクメイク

ピンクと一口に言っても、色みや使い方によって印象は変わるもの。大人の女性を美しく引き立てるパーツ別ピンクメイクをご紹介します。

まぶた全体に使うなら、くすみピンクが活躍

目元をやさしく見せたいときは、くすみがかったソフトなピンクがおすすめです。ピンクのアイシャドウは腫れぼったいと思われやすい色ですが、色の選び方次第で重たい印象になることなく、柔らかい雰囲気を演出できます。

くすみピンクのアイシャドウを塗ったイメージ

画像提供元:rena_koga

落ち着いたトーンの色みを選ぶと、自然な陰影が生まれて目元をさりげなく強調できるでしょう。

うるみ目を演出するなら、ピンクのラメアイライナー

うるんだような瞳になりたい方は、ピンクのラメアイライナーを取り入れてみてください。目の下に目頭から目尻に向かってアイラインを引くと、瞳がキラキラ輝いて見えるでしょう。

ピンクのラメアイライナーを塗ったイメージ

画像提供元:rena_koga

アイラインを引いた後に綿棒やチップでラインを軽くぼかすと自然に仕上がります。

ふんわりチークで可愛らしさを倍増

可愛らしい印象にしたい日は、ピンクのチークを効かせてみてください。おすすめはクリームタイプ。ツヤとふんわり感が出てキュートに仕上がります。クリームタイプは基本的に高発色なので、少量ずつぼかしながら塗りましょう。

ピンクのチークを塗ったイメージ

画像提供元:rena_koga

ピンクの色が濃すぎると幼くなったり野暮ったくなったりするので、ソフトな色みがよいでしょう。

ナチュラルリップは落ち着きのあるベージュピンク

シーンを選ばず使えるベージュピンクは、ナチュラルメイク派の方にぴったり。オフィスや女子会、フォーマルシーンなどさまざまな場面で活躍する万能カラーです。親近感をもたれやすい色でもあるので、初対面の人と会うときにも適しています。

ベージュピンクのリップを塗ったイメージ

画像提供元:rena_koga

女子会はツヤ系でフレッシュに、オフィスやフォーマルシーンはマットでシックにするといいですね。

華やかリップ派は鮮やかな青みピンク

口元を主役にしたいときは、鮮やかな青みピンクのリップで大胆に決めてみましょう。オフィスやフォーマルシーンでは難しいかもしれませんが、休日メイクに取り入れると気持ちまで明るくなるカラーです。

青みピンクのリップを塗ったイメージ

画像提供元:rena_koga

鮮やかな青みピンクは目立ちやすい色なので、ハーフマットな質感を選ぶとなじみやすいでしょう。

デートリップなら愛されコーラルピンク

デートに活躍するのは、あたたかみのあるコーラルピンク。明るく親しみやすい雰囲気を出しながら、華やかさも演出してくれるカラーです。コーラルは明るくフレッシュ感のある色みなので、クリーンなイメージを出すこともできます。

コーラルピンクのリップを塗ったイメージ

画像提供元:rena_koga

コーラルピンクならツヤとマットどちらも使いやすいので、お好みの質感を選んでくださいね。

まとめ

ピンクは女性の魅力を引き出してくれるカラーですが、色みによってイメージがガラリと変わります。シーンやお好みに合ったカラーを取り入れて、自分らしいピンクメイクを楽しんでくださいね。

大人のピンクメイクに♡

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのビューティーTOP
> LINEショッピングTOP