庭のガーデニング

夏もガーデニングを楽しみたい!おすすめの植物6選

夏のガーデニングは暑さが気になるところ。植物が育たないのではと心配になりますよね。そこで暑い夏にも花を咲かせるおすすめの植物をご紹介します。

暑さや乾燥に強い「ポーチュラカ」

スベリヒユ科のポーチュラカは、多肉質な葉や茎が特徴的な植物です。乾燥や暑さにとても強く日光が好きなので、夏のガーデニングにぴったり。反対に日当たりが悪いところや天気がよくないときは花を咲かせません。地面に広がっていくように育ちます。

色とりどりのポーチュラカ

白や黄、赤、ピンク、オレンジ、紫などさまざまな色の花が咲きます。

鉢植えのポーチュラカ

育てやすい植物なのでガーデニング初心者の方にもおすすめです。

初夏に咲きはじめる「月下美人」

サボテン科の月下美人(げっかびじん)は、メキシコや中米が原産の植物です。夕方から夜に白い花を咲かせるのが特徴的。強い香りが漂ってきたら開花のサインです。朝になる頃にはしぼんでしまうのでお見逃しなく。

月下美人

日差しが強すぎると葉焼けが起きるため、夏の日中は半木陰に移動してあげましょう。

月下美人の花

7月から11月まで楽しめるので、9月中旬くらいからは日当たりのいい場所に置くのがおすすめ。

ドライフラワーにもできる「センニチコウ」

ヒユ科のセンニチコウ(千日紅)は、乾燥や暑さに強く夏のガーデニングにもおすすめ。5月から11月までの長期間楽しめて、苗販売もしているので初心者でも育てやすい植物です。「キバナセンニチコウ」や「バディーシリーズ」などの種類があります。

センニチコウ

丸い苞(ほう)の部分に赤やピンク、白、黄、紫の色がつき愛らしい見た目に。

センニチコウのドライフラワー

丈夫で長持ちするので切り花やドライフラワーにするのもおすすめです。

長い間花を咲かせる「百日草」

キク科の百日草(ヒャクニチソウ)は、「ジニア」とも呼ばれている植物です。夏の暑さに強く、名前のとおり長い間楽しめるのが特徴的。日当たりがよくて風が通る場所に置き、乾燥が見られたらたっぷり水をあげてください。

百日草の花々

複数の種類があり、赤やピンク、オレンジ、黄、緑、白など色とりどりの花が咲きます。

百日草

花がついた苗も販売されていて育てやすいので、ガーデニング初心者にもおすすめです。

気温が高くても大丈夫「ガザニア」

キク科のガザニアは、南アフリカ原産の植物です。太陽が当たると花を咲かせ、日が暮れる夕方になると閉じていくのが特徴的。鮮やかな色をつける花は夏のガーデニングを華やかにしてくれますよ。開花期間は4月から10月の上旬までと長い間楽しめます。

ガザニア

ガザニアは暑さや乾燥には強いですが、多湿が苦手なので植える場所に注意してください。

ガザニアの大輪

「タレントミックス」や「ユーディシリーズ」は8cmもの大きな花を咲かせてくれることも。

丈夫で強い「バーベナ」

クマツヅラ科のバーベナは、美女桜(ビジョザクラ)とも呼ばれる植物です。およそ250もの種類があり、日本では「クマツヅラ」が自生しています。多くが熱帯や亜熱帯地域に存在していて炎天下の真夏でもたくましく育つので初心者にもおすすめ。

ピンクパフェのバーベナ

白や赤、ピンク、紫色をした桜のようなかわいい小花を咲かせます。

バーベナ

ポット苗を庭に植えた場合は、そのあとの植え替えが不要です。

夏もガーデニングを楽しみたい!おすすめの植物6選

まとめ

暑い夏にも庭やベランダでガーデニングを楽しめる植物をご紹介しました。開花期間が長く育てやすいものも多いので、ガーデニングに慣れていない方にもおすすめです。ぜひトライしてみてください。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP