• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

プロが教える!30代向けハイライトの選び方と使い方

2020.06.30
プロが教える!30代向けハイライトの選び方と使い方
編集部
LINEショッピング
編集部

年齢のサインが色々と気になり出す30代のメイクにはハイライトがオススメ!ここではハイライトの選び方、ハイライトを使うタイミング、30代向けのハイライトを使った簡単なメイク法2種(ナチュラルと特別な日)をご紹介します。

30代向けハイライトの選び方

ハイライトはいつものメイクにちょっと足すだけで、簡単に透明感と立体感を出してくれる便利なコスメアイテムです。でも、「ハイライトって選び方や使い方がよくわからない」と感じている方は多いかもしれません。ハイライトには色んなテクスチャーや仕上がりのものがあるので、まずは各ハイライトの特徴や使うタイミングをみていきましょう!

マットとキラキラのハイライトの違い

ハイライトには「マットタイプ」と「キラキラタイプ」があります。どちらのタイプを選ぶかで、最終的なメイクの仕上がりが結構変わってくるんです。特徴を理解して、目的に合わせて選びましょう。

マットなハイライト

{1}

マットなハイライトとは、一切キラキラの入っていないハイライトのこと。お肌に馴染みやすく、ナチュラルな仕上がりになるのがマットなハイライトの特徴です。また、ベースメイクに使う場合は、お肌より明るい色味のコンシーラーやファンデーションをハイライトとして使うこともできます。

【オススメのハイライト!】
「NYX Professional Makeup(ニックス)ハイライト&コントゥアー プロ パレット 1」
ハイライトやコントゥアリングに挑戦してみたい人にオススメのマット系ハイライトパレット!マットに仕上がる4色のハイライトパウダーと、4色のコントゥアパウダーが入っています。ハイライト初心者の人は、パレットの中から自分に合うものを探せるのでオススメです。

上品なキラキラハイライト

{1}

キラキラのラメが入ったハイライトには、ラメの粒子が大きいものと小さいものがあります。お肌に自然なツヤ感を出したい、あるいは上品な輝きを足したいといったときは、ラメの粒子が小さいハイライトを選んでみましょう。

【ここでオススメのハイライト!】
「BECCA (ベッカ) シマリングスキンパーフェクタープレストハイライター 8g #CHAMPAGNE POP【メール便可】」
Beccaはハイライトで有名なアメリカのコスメブランド。大人の上品なツヤ感を出すのにオススメのパウダーハイライトです。

ゴージャスなハイライト

{1}

特別な日は、いつもと違ったスペシャルなメイクに挑戦してみたいですよね。そんなときは、ラメの粒子の大きいハイライトを選んでみましょう。ちょっと足しただけでも、お顔を華やかな印象にすることができますよ!

【ここでオススメのハイライト!】
「Too Faced トゥー フェイスド ラブ ライト ハイライター TooFaced トゥーフェイスド ハイライト」
とにかくゴージャスなキラキラが好きな方に絶対使ってもらいたいハイライト!なかなか日本にはない派手系ハイライトは、まるで宝石の様な輝きです。

ナチュラルに仕上げたい場合や顔のパーツを目立たせたい場合はマットのハイライトを。そして、メイクにツヤ感や華やかさを足したい場合はキラキラのハイライトを選びましょう。

ハイライトは何色を選べばいいの?

{1}

ハイライトには白、肌色、黄色、ピンク、ゴールド、シルバー、ピンクゴールド、などさまざまな色があります。その中から、どのハイライトを選ぶかはあなた次第!参考まで、ここでパーソナルカラーと瞳の色に合わせて選ぶ場合をご紹介します。

パーソナルカラー(イエベ・ブルベ)に合わせてハイライトを選ぶ場合

【イエベさん向け】
白、肌色、黄色、ゴールド、ピンクゴールド、など

【ブルベさん向け】
白、肌色、ピンク、シルバー、ピンクシルバー、など

瞳の色に合わせてハイライトを使う場合

【茶色、ヘーゼル、グリーン】
白、肌色、黄色、ゴールド、ピンクゴールド、など

【黒、グレー、ブルー】
白、肌色、ピンク、シルバー、ピンクシルバー、など

ハイライトはお肌や瞳の色、メイク、髪型、服装、その日の気分で自由に選んでみましょう。

タイプ別ハイライトを使うタイミング

ハイライトを塗るタイミングはテクスチャーによって違います。メイクアップの基本では「液体物を先に塗って粉物を後に塗る」というルールがありますが、その理由は「液体物→パウダー」の順で塗るとメイクがキレイに仕上がって長持ちしやすいから。それでは、このルールに従ってハイライトを塗るタイミングを見ていきましょう!

リキッド・クリーム・スティックのハイライトの塗る順

{1}

リキッド・クリーム・スティックなどのハイライトは液体ファンデ(クリームも含む)の後、パウダー系メイク(お粉・パウダーファンデ)の前に塗りましょう。

パウダー・ルースパウダーのハイライトを塗る順

{1}

パウダー状のハイライトを使う場合は、メイクの最後の仕上げに塗りましょう!そうすることで、全体のバランスを見ながらハイライトを足すことができます。パウダーハイライトはコントゥアリング→チーク→ハイライトの順に使ってメイクを仕上げましょう。

ペンシルハイライトの使い方

{1}

ハイライトにはペンシルタイプもあります。ペンシルタイプは目元や口元など細かい箇所に使いやすくて便利なハイライト。ベースメイクに使う場合は、リキッド・クリーム・スティックのハイライトと同じ容量で使ってください。アイメイクに使う場合は、アイシャドウの最後に使うことで目元を明るく見せることができます。

【ここでオススメのハイライト!】
「【オンワード】 Dr. Hauschka(ドクターハウシュカ) Dr.ハウシュカ アイディファイナー - 00ヌード ヌード 999 レディース」
柔らかくて書きやすいペンシルタイプのハイライトです。

このように、ハイライトはテクスチャーや形状によって使うタイミングが変わってきます。ハイライトが上手に使えない方は、メイクをする際に、ハイライトを使うタイミングを気にしてみましょう。

30代向けハイライトの使い方写真付きで解説!

30代の方に試してもらいたいハイライトの使い方を、「ナチュラル」「と「特別な日用」に分けてご紹介します。メイクごとに、どの様なハイライトを使えばいいのかも取り上げました。一緒に、オススメの商品をチェックしてみてください!

30代向けメイク!マットハイライトでナチュラルメイク

{1}

忙しい30代の女性にとって、毎日のメイクは時短が重要ですよね!まずは、簡単なナチュラルメイクにマットハイライトを使ったメイクをみていきましょう。こちらのメイクでは、メイクの仕上げにマットのパウダーハイライトを使用します。目元には肌色のアイシャドウを塗って、ペンシルのマットハイライトを目頭とまぶたに塗って目元に明るさを追加。赤い点線部分がハイライトを使った箇所です。

30代の方の中には、シミやシワなど年齢のサインが気になる方も多いのではないでしょうか?そんな方は、まずファンデーションやコンシーラーでシミをしっかりとカバーをしましょう。ですが、それだけではちょっと厚塗り感が気になりますよね。そんなときには、メイクの最後にパウダーのマットハイライトを足すことで、お顔全体に透明感を足すことができます。

【ここでオススメのハイライト!】
「ローラ メルシエ マット ラディアンス ベイクドパウダー 7.5g #ハイライト-01」
ナチュラルに仕上がるマットハイライトパウダー。健康的なツヤをお肌に足すのに使いやすいパウダーハイライト。

「benefit ベネフィット アイ ブライト 1.4g」
目元を明るく見せてくれる、ピンク系のハイライトペンシルです。

ナチュラルにハイライトを使いたい人は、マットに仕上がるものを選んでみましょう。ラメの入っていないマットなハイライトは、今あるメイクにちょっと足すだけで簡単に透明感を出してくれます。

30代向け特別な日のキラキラハイライトの使い方

{1}

仕事先や家庭など、とにかくイベントが多いのが30代!そんなときに、いつもの平凡なメイクではなく、ちょっぴり特別感のあるメイクが簡単にできたら嬉しいですよね。

こちらのメイクでは、まずベースメイクアップをする際にリキッドタイプのハイライトを塗っています。ベースメイク後はその他のメイクを行い、最後にキラキラするパウダーハイライトをお顔の目立たせたい部分に追加。リキッドとパウダーのハイライトを両方使うことで、お肌の元から輝いているような華やかな印象を作ることができます。

【ここでオススメのハイライト!】
「NYX Professional Makeup(ニックス) ボーン トゥー グロー リキッド イルミネーター(ハイライト) 01 カラー・サンビーム」
低価格ながら発色がよく、伸びもいい優秀なリキッドハイライトです。こちらの写真のメイクアップのベースメイクで使用しています。

{1}

特別な日はリップメイクもゴージャスにしてみましょう!
まずはお好みに応じた濃いめのリップを塗って、グロスを追加。下唇の真ん中部分にキラキラ度の高いハイライトを少量重ねます。こうすることで唇にハリが出て、プルプル感がアップ!気になる唇のシワもカバーできる便利なテクニックです。

【ここでオススメのハイライト!】
「トゥーフェイスド TOO FACED ダイヤモンドライトマルチユースハイライター #ファンシー ピンク ダイヤモンド 12g [703128]」
ここまでキラキラするハイライトはなかなかありません!日本国内のハイライトで満足できない方は、ぜひ使ってみてください。

女子会や同窓会、パーティーなど。特別な日には、思い切ってラメの粒子が大きいキラキラハイライトを使ってみましょう!いつもよりも華やかな印象になって、素敵な女性に魅せてくれること間違いなしですよ!

まとめ

今回は、30代の人向けハイライトについてお伝えしました。ハイライトは種類が多いので、「どれを選ぶか」がとても重要です!ここでは発色の良い、アメリカのコスメブランドから発売されているハイライトをご紹介しました。どれもアメリカで人気のアイテムばかりなので、好みの仕上がりを考えて、自分にぴったりのハイライトを見つけてくださいね。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP