LIFESTYLE

秋の衣替えのベストタイミングは?注意したいポイントもチェック

秋の衣替えのベストタイミングは?注意したいポイントもチェック

夏が終わって9月に入ってもまだまだ気温が高い日が続くことも。秋の衣替えのベストタイミングはいつなのでしょうか?注意したいポイントとあわせてご紹介します。

気温が25度以下に落ち着いてきたら衣替えのサイン

9月になっても残暑が続いて気温が高いと、衣替えにはまだ早い気がしますよね。とはいえ、だんだん秋の気候に変化しています。朝晩の気温が下がってくると、夏のファッションでは肌寒いと感じることも。最高気温が25度以下になってきたら衣替えをはじめるサインです。

真夏のファッション

まだ着るかもと思うと衣替えが進まないもの。真夏の服から片づけていくのがおすすめです。

カーディガンを羽織る女性

秋物はカーディガンやジャケットから出すのがベスト。肌寒いと感じたときにすぐに使えて便利です。

スーツはクールビズの終了に合わせてチェンジ

会社用のスーツは、いつ切り替えたらいいか迷いがち。クールビズを導入している企業に勤めている場合は、終了とともに秋素材に切り替えるといいでしょう。それまでは、インナーで調整するのがおすすめ。気温が下がってきたら袖丈を変えるなどして対応できます。

スーツで通勤する女性

クールビズ期間中はインナーのみで通勤がOKの場合は、ジャケットを持っておくと便利です。

薄手のトレンチコート

スーツだけでは肌寒い時期になったら、秋用のコートを出しましょう。

真冬のアイテムは気温が15度に下がってからでOK

秋の衣替えで真冬の衣類まで出してしまうと、すぐに使わないもので埋まってしまうことも。デッドスペースができてもったいないですよね。真冬のものは最高気温が15度を下回ってから出しましょう。それまでは少し夏物を残しておくと急に暑くなったときに役立ちます。

冬ファッションの女性

冬物のコートが必要になるのは最高気温が15度以下になった頃です。

マフラーと手袋

真冬の小物類も秋の衣替えではまだ不要。コートと同じ時期に出しましょう。

衣替えは晴れて湿度が低い日が最適

衣替えの時期になったら天気をチェックしておきましょう。天気が悪い日や湿度が高い日は衣替えに向きません。洗濯が乾かなかったり、湿気がこもったりしてしまいます。カラッと晴れた日なら、衣替えがスムーズにできるので最適です。

窓を開ける女性

衣替えのときはホコリが出やすいので窓を開けて換気しましょう。

クローゼット

しまい洗いは別の日でもできるので、忙しい場合は先に衣替えを済ませてしまいましょう。

汚れを残すと変色や虫食いの原因に

夏物は「しまい洗い」をしてから保管します。しっかり汚れを落とさずにしまうと、衣類に皮脂や汚れが残ることに。そのまま片づけてしまうと、次の夏に出したときには黄ばんでいる可能性が高いです。虫食いの原因にもなるので「しまい洗い」を忘れずに。

夏物の洗濯

夏物のしまい洗いには、皮脂汚れに強いタイプの衣料用液体洗剤や酸素系漂白剤を使うのがおすすめ。

洗濯する女性

つい時短モードを使用しがちですが、すすぎ2回でしっかり汚れを落としましょう。

型崩れやシワがつきにくくなる収納方法

夏物を片づけるときは、来年のことを考えて作業するのがおすすめ。もう着ない衣類は衣替えのタイミングが処分するチャンスです。収納する衣類に型崩れしたりシワがついたりすると、次に取り出すときの手間が増えます。できるだけ避けるようにして保存しましょう。

子どもの夏服

引き出しに収納するときは、寝かさずに立てて入れるのがポイント。重みが軽減されて型崩れ防止に。

ハンガーにかけたシャツ

シワが気になるシャツ類はハンガー保管がおすすめです。シルク素材も摩擦に弱いのでハンガー掛けに。

タイミングが重要!秋の衣替え

まとめ

秋の衣替えは、タイミングが重要。気温と天気のバランスが良い日に衣替えをしましょう。また、冬物を一気に出さずに分けるのもポイント。面倒に感じるかもしれませんが、少しずつ入れ替えた方が効率的です。しまい洗いをしっかりして来年に備えましょう。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングの日用品雑貨・文房具・手芸TOP
> LINEショッピングTOP