• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

ヘアクリップの種類と選び方!可愛いアレンジ例もあわせてご紹介

2020.05.13
ヘアクリップの種類と選び方!可愛いアレンジ例もあわせてご紹介
画像引用元:https://wear.jp/meper2019/15827299/
LINEショッピング
LINEショッピング
編集部

髪をまとめたり、アレンジしたりするときに活躍してくれる「ヘアクリップ」。仕事や家事などの間に髪を束ねたり、結婚式やパーティーなど華やかなシーンで可愛く飾ったりできる便利なアイテムですよね。デザインの種類がとても多く、使い方次第で、さまざまなヘアスタイルをつくることができます。 今回は、そんなヘアクリップの種類や選び方、オススメのアレンジ方法をご紹介します。ぜひ、ヘアクリップの魅力を発見してみてくださいね。

ヘアクリップにはどんな種類がある?

ひとくちにヘアクリップといっても、さまざまな種類があります。ここでは、主な5種類をご紹介します。

バナナクリップ

バナナクリップは、その名の通り「バナナ」のようにカーブがついている形のヘアクリップです。バナナクリップで髪を挟んで、ポニーテールのようにアレンジできます。ワンタッチで開閉できるので、簡単にまとめ髪が完成しますよ。また、ホールド力の高い商品が多いのが特徴です。

留め具部分が上になるように使うのが正しい向きです。縦ではなく横にして留めるアレンジ方法もあります。

バナナクリップには飾りつきのデザインもあり、華やかなヘアスタイルに仕上げたいときにオススメですよ。

バンスクリップ

バンスクリップは、毛束を横につかんで挟むタイプのヘアクリップです。真ん中に蝶つがいがついていて、左右対称に開き、髪を挟んで使用します。ヘアクリップの中で、ポピュラーな形のひとつです。

大きさによって、異なるヘアアレンジが楽しめます。大きめサイズであればアップスタイルが可能で、中くらいのサイズであればハーフアップをするのに適しているでしょう。また、ミニサイズは前髪や顔周りの髪を留めるのに便利で、通称「ワニクリップ」とも呼ばれています。

テールクリップ

ヘアゴムでひとつ結びにしたときに、「結び目をおしゃれにしたい!」と感じたことはありませんか?そんなときに活躍するのが、テールクリップです。

ひとつ結び専用のクリップで、丸くなった端を引っかけるタイプです。くるっと輪のような形状をしていて、ワンタッチで簡単につけ外しができます。ヘアゴムなしでも可愛いポニーテールが完成し、髪に跡がつきにくいのがメリットです。

ダッカールクリップ

ダッカールクリップは、鳥のくちばしのような長い形状で、挟む部分にカーブがついているクリップです。

ダッカールクリップはおしゃれ用のヘアアレンジに使う以外に、家の中で使うことを前提とした商品もあります。前髪があると、メイクや洗顔をするときに邪魔になりますが、ダッカールクリップがあれば、前髪をさっと留めて、作業がしやすくなりますよ。

また、ヘアアイロンで巻き髪をつくるときや、髪を切るときのブロッキングにも活躍します。

ドラマティッククリップ

ドラマティッククリップは、かんざしとヘアクリップのいいとこどりをした商品です。下の部分はかんざしのように長く、上の部分はクリップのようになっていて、挟んで留めることができます。

髪につけると、上のクリップ部分が表に出て、まるでバレッタをつけているような印象になります。もちろん、かんざしのように刺して使うこともできる便利なアイテムです。

キラキラとしたビジューがついているデザインが多く、華やかな雰囲気に仕上がります。夜会巻きや、浴衣のヘアアレンジのときにオススメですよ。

ヘアクリップの選び方

ヘアクリップの選び方には、2つのポイントがあります。購入前にチェックしておきましょう。

髪の量に合わせて選ぶ

ヘアクリップは、自分の髪質や毛量に合ったものを選びましょう。

たとえば、髪のボリュームが多い方は、小さ目のクリップを使うと上手く髪が留まらなかったり、クリップが破損してしまったりする場合があります。そのため、髪を多く挟める、幅が広い商品や大きめのサイズを使用することをオススメします。目安として、バナナクリップなら長さ10cm以上、バンスクリップなら長さ10cm以上で挟む部分の幅が3cm以上のものなら、余裕をもってアレンジができます。

反対に、髪がやわらかく毛量が少ない方は、髪を留めてもヘアクリップが落ちてくることが多いでしょう。そんな人は、サイズの小さいものや、幅が狭いもの、ホールド力の高いものを選ぶとアレンジしやすいですよ。

使用するシーンに合わせて選ぶ

ヘアクリップは、TPOに合わせて選びましょう。ビジネスシーンでヘアクリップを使う場合は、ブラック・ネイビー・ブラウンなど落ち着いた定番カラーがオススメです。凝ったデザインでも、シックなカラーなら、オフィスで浮くこともありませんね。

また、結婚式やパーティーなどに出かけるときは、ラインストーンなどがついた華やかなデザインが最適です。プライベートでは、その日のコーディネートに合う、自分好みのヘアクリップを楽しみましょう。

ヘアクリップを使ったアレンジ例をご紹介

続いて、ヘアクリップを使った可愛いアレンジ方法をご紹介します。

バナナクリップ×ポニーテール

{1}

画像引用元:https://wear.jp/item/19642604/

グログランリボン3連のバナナクリップです。結婚式やパーティースタイルにはもちろん、普段使いにも活躍します。

バナナクリップを左右に大きく開いて、髪を縦方向に挟み込み、留め具をひっかけて完成です。

バンスクリップ×お団子

{1}

画像引用元:https://wear.jp/item/30022975/

シンプルだけど目をひく上品なバンスクリップです。やや大きめサイズで髪につけると、存在感がありますね。上下合計10本の歯がしっかりと髪をまとめてくれますよ。

お団子状にまとめたヘアに挟むだけなのでアレンジも簡単です。お団子はきっちりまとめずラフに丸めると、今っぽく、抜け感があるヘアスタイルに仕上がります。

ダッカールクリップ×低めポニーテール

{1}

画像引用元:https://wear.jp/item/26815260/

大小さまざまなサイズのモチーフパーツが並んだダッカールクリップは、こなれて見えるヘアアレンジができます。クリップタイプなので、どの部分にもつけられます。

低めにポニーテールをして、結び目にさっとつけるだけOKです。全体をひとねじりして束ねると、大人っぽい雰囲気に仕上がりますよ。

テールクリップ×ハーフアップ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/item/16268461/

パールモチーフがおしゃれなテールクリップです。ショートやボブなど髪が短めの方には、ハーフアップにしてオンするアレンジがオススメですよ。ハーフアップの部分を編み込みしたり、「くるりんぱ」をしてひと巻きにしたりすると、より華やかなヘアがつくれます。

ヘアアレンジを可愛く仕上げるポイント

最後に、おしゃれなヘアクリップアレンジをつくる、2つのコツをご紹介します。

適量のスタイリング剤を使用する

すべての髪の長さにおいて、ヘアアレンジをする前には、スタイリング剤で質感を整えておくことがおしゃれに見えるポイントです。少しウェットになるオイルだと旬な印象に仕上がりますよ。

また、スタイリング剤の使いすぎや少なすぎでは、ヘアアレンジが綺麗に見えない可能性があります。自分の髪の長さ、髪質に合ったスタイリング剤の量を見極めましょう。

コテで軽く巻いてからアレンジする

ヘアアレンジ前に、ゆるくコテ巻きをしておきましょう。これだけで、ヘアアレンジがグッとおしゃれに決まります。ぜひ、この一手間を加えて、周りに差がつくおしゃれヘアを目指してみてくださいね。

まとめ

今回は、ヘアクリップの魅力やアレンジのコツなどをご紹介しました。ヘアクリップをプラスすることで、いつものヘアスタイルがグッと可愛くなりますよ。挟むだけで簡単に楽しめるので、普段ヘアアクセサリーを使わない方も、この機会にトライしてみてはいかがでしょうか。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP