• スマートフォン版もご利用ください

リストに戻る

何着ていく?21度の日の服装にもう迷わない《春・梅雨・秋》の正解コーデ18選

2020.07.28
何着ていく?21度の日の服装にもう迷わない《春・梅雨・秋》の正解コーデ18選
画像引用元:https://wear.jp/chiii315/15321967/
LINEショッピング
LINEショッピング
編集部

春や秋などの季節の変わり目は朝晩と日中の気温差もあり、天気予報とにらめっこしながら何を着ていくか迷う毎日……。上着はあった方が良いのか?はたまたインナーをしっかり着こんだ方が良いのか?など女性は男性に比べて何かと準備も必要になります。そんな毎朝あれこれと悩むルーティンに終止符を打つべく、今回は「気温21度」に適したおすすめのコーデをご紹介します。ぜひご参考に♪

【21度】ってどのくらい?

ここでは21度がどのくらいの季節にあたりどのような服装だと快適に過ごせるのか、トップスをメインに確認していきたいと思います。もちろん、地域によっても差は出ますし、感じ方にも個人差があるので目安になってしまいますが、是非参考にしてみてください。

【最高気温の21度】は羽織ものをON

最高気温での21度は大体4月頃の気温にあたります。日差しも暖かくなり春めいた装いにチェンジしていきますが、朝晩はまだ肌寒さが残ります。寒がりの人は薄手のアウターを、そうでない人も脱ぎ着がしやすいジップフーディーやカーディガンがあると便利です。

【平均気温の21度】は長袖一枚がGOOD

平均気温での21度は5月や6月頃の気温になります。暑くもなく寒くもなく過ごしやすい日が多く、半袖の人が増える季節です。ただ一日中半袖だと少し寒く感じることも。そんな時は暑い時に簡単に袖をまくれる、長袖のカットソーがおすすめです。

【最低気温の21度】は半袖でもOK

最低気温での21度は7月や9月頃の気温にあたります。日中には夏の暑さもしっかり感じられるこの時期は半袖の出番です。天気の良い日は最高気温も30度近くまで上がり夏らしさを感じられます。

【最高気温21℃】春(4月)の服装

4月といえば待ちわびた春の到来でつい薄着をしたくなる人も居るかもしれませんが、まだ朝晩の気温は低く日中はポカポカ陽気でも日が沈むと同時に気温も下がってしまいます。そんな4月の服装のポイントは、「軽さを出す」ことです。同じ長袖のトップスでも、素材や色やディテールで軽さを出すことで見た目の印象は格段に変わりますよ♪

パーカーで程よくカジュアルに

{1}

画像引用元:https://wear.jp/harupi1230/15499923/

エレガントな柄が印象的なロングスカートを、パーカーとスニーカーでカジュアルにハズしたコーディネート。スカートのサラッとした素材感とシックな色合いが女性らしくも、コンサバにならないようトップスと足元でバランスをとったお手本にしたいコーデです。

パステルカラーを投入して華やかに

{1}

画像引用元:https://wear.jp/29aya11/16573663/

肌寒い日にニットを着たくなったらパステルカラーをセレクトすれば春らしい印象を与えることが出来ますよ。春らしさを演出するなら、ニット以外をオールホワイトで合わせてより軽さを出しましょう。旬のツートーンコーデならこなれ感もアップします。

ノーカラーのジャケットで大人っぽく

{1}

画像引用元:https://wear.jp/misato36/17043049/

大人っぽくハンサムな雰囲気のある旬のセットアップコーデも4月の装いにぴったりです。ジャケットの襟をノーカラーにすることで重たさを回避して軽見せを狙いましょう。

【平均気温21℃】春(5~6月)の服装

5月になると気温も安定し始めて晴れている日は過ごしやすく、ゴールデンウィークなどの連休にはレジャーや旅行に出かける人も多いのではないでしょうか。そんな5月は平均気温が21度と、まだまだ半袖一枚では心もとない季節。そこで活躍するのが長袖のトップスです。ここではそんな使い勝手のよい長袖アイテムを使ったおすすめのコーディネートをご紹介します。

白シャツでデニムコーデを爽やかに

{1}

画像引用元:https://wear.jp/journal418_04/16823684/

一枚あると重宝する長袖の白シャツは、トレンド感のある大きめのサイズでメンズライクな着こなしに。暗めトーンのデニムも白シャツのおかげで重くならずに爽やかな印象になります。シャツのボタンを開けてバサッと着た抜け感のある着方もポイント高めです。

ロンTでストリートムードを高めて

{1}

画像引用元:https://wear.jp/nodopachi/16915425/

春・秋・冬と夏以外の3シーズンで活躍するロンTも、使い勝手抜群な万能アイテムです。ダボっと着ることでストリートなムードを高めつつ、スラックスとサンダルで女性らしさをプラスした雰囲気のあるコーディネート。

ボーダーTシャツでマリン気分を味わう

{1}

画像引用元:https://wear.jp/relume_472_1/16549140/

カラーだけでなくサイズ感の違いでいくつも揃えておきたくなるボーダーTシャツも5月にぴったりのアイテムです。マリンテイスト溢れる柄で夏らしい雰囲気へ導きつつ、長袖で夜の肌寒さもしっかりガード。

【最低気温21℃】梅雨(6~7月)の服装

楽しみな夏の前にやって来る、梅雨……。すぐれない空模様が続くうえに雨で湿度の上昇と同時に不快指数も高まってしまう季節ですが、そんな梅雨は気分の上がる服装で乗り越えるのがベストです。旬のアイテムを取り入れてオシャレをしながら楽して快適に過ごしてみてはいかがでしょうか?

トレンドのハーフパンツにトライ

{1}

画像引用元:https://wear.jp/ass03/17016365/

2020年のトレンドアイテム、ハーフパンツはパンツやスカートの裾が気になりがちな雨の日のお助けアイテムです。オシャレ長靴と合わせてもパンツの裾が邪魔になることもないのでトライしてみて。

半袖の綿ニットで大人カジュアルに

{1}

画像引用元:https://wear.jp/ass03/16877535/

蒸し暑さが気になるこの時期は半袖のリブニットで快適に過ごしつつきちんと感もキープして。カットソーほどカジュアル過ぎないのでチノパンツやデニムなどメンズライクなボトムとも好相性。大人のカジュアルコーデに最適です。

リラクシーなワンピで楽して可愛く

{1}

画像引用元:https://wear.jp/k21850912/16928419/

降ったりやんだりとはっきりしない天気の日にはどんな着こなしが最適か、イマイチ分かりにくいところ。そんな日はそれ一枚でコーディネートがキマるワンピースで楽をするのがイチバン。明るい色をチョイスして気分を上げるのもお忘れなく。

【最低気温21℃】秋(9月)の服装

夏の終わりが近づいてくる9月も最低気温が21度くらいと、日中はまだまだ夏の暑さが残ります。とはいえ、オシャレ感度の高い大人女子なら秋めいた服装にチェンジしたい季節でもあります。そこで、ここではまだ暑いけど秋の雰囲気も楽しめるおすすめのコーディネートとアイテムたちをご紹介します。

レイヤードに最適なベストが大活躍

{1}

画像引用元:https://wear.jp/harupi1230/16420136/

春も活躍してくれるニットベストは、秋も着回し力抜群で使い勝手も良いので抑えておきたいアイテム。ベストは秋らしくブラウンをチョイスしたら、暑苦しさを感じさせないよう、Tシャツやボトムは明るめの色合いを選んでみて。

デニムシャツをGジャン感覚で

{1}

画像引用元:https://wear.jp/plage0022/15330887/

カジュアルな羽織りをプラスしたいけどGジャンだとちょっと暑い……。そんな時はデニムシャツがぴったり。肩から羽織ったり腰に巻いたりと自由度も高く、少し色落ちしているタイプならこなれ感も与えてくれますよ。

レザーのアイテムでクラフト感を足す

{1}

画像引用元:https://wear.jp/ubtomoko/11053966/

オールシーズン使えるアイテムながら、なぜか夏に持つ人が少ないレザーアイテム。それってきっと秋冬っぽい雰囲気になるから。そんなクラフト感溢れるブラウンカラーのレザーバッグを投入するだけで、簡単に秋っぽいコーディネートになれちゃうんです。

【年代別】季節の変わり目(4月、9月)コーデ

毎朝服装を選ぶときに悩みがちなのが特に季節の変わり目。暑過ぎず寒過ぎない分過ごしやすい一方で、朝・日中・晩の気温にもバラツキがあってはっきりしないのが困ってしまうところでもあります。そこで、ここでは4月と9月に参考にしたいお手本コーディネートを集めました。年代別におすすめしているので、是非参考にしてみてください。

【最高気温21℃】春(4月)は寒暖差を攻略

20代は『バックコンシャス』で全方位抜かりなく

{1}

画像引用元:https://wear.jp/nomucoo/16659809/

トレンド感のある長めの丈やボリュームがマッチする20代は、春らしい淡い色をレイヤードして柔らかさを演出して。バックスタイルに特徴のあるアイテムで全方位から可愛く見えるスタイルに。

30代は『テーラードジャケット』でプレッピーに

{1}

画像引用元:https://wear.jp/sanki0102/11148730/

きちんと感とカジュアル感のバランスに長けている30代は、デニムパンツにテーラードジャケットを羽織って。新しいことが始まる季節にぴったりな、プレッピーなコーディネートに。

40代は『トレンチコート』で夜の肌寒さに備えて

{1}

画像引用元:https://wear.jp/yan05/16602849/

シンプルな中に遊び心を散りばめたコーディネートが得意な40代は、ロング丈のトレンチコートで抜け感をプラス。短めに掛けたポシェットがキュートながら、大きめサイズのトレンチコートを肩掛けしてカッコよく仕上げて。

【最低気温21℃】秋(9月)を先取る

20代は『色』で季節感を意識して

{1}

画像引用元:https://wear.jp/chiii315/15321967/

若さ溢れるアクティブな20代はキレイめカジュアルなコーディネートも相性抜群。センタープレスの入ったパンツにはブラウンを選んで、一足早く秋の雰囲気に。

30代は『素材』で秋を感じさせて

{1}

画像引用元:https://wear.jp/misato36/15250128/

使い勝手の良い長袖シャツは、色や柄だけでなく起毛感のある素材をチョイスして秋を先取りして。インナーに半袖を仕込んでおけば暑い時でも簡単に脱ぎ着ができるのでとっても便利。

40代は『小物』で秋らしさを演出

{1}

画像引用元:https://wear.jp/iena1001/15169000/

ボーダーTシャツとロングスカートでカジュアルシックにまとめたら、コーデュロイ素材のキャップで遊び心を加えて。洋服だけでなく小物で秋を感じさせる上級者コーデの完成です。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングTOP
TOP