洗濯を干す女性

洗濯の部屋干しにはコツがあった!知っておくと便利なテク6選

2月を過ぎると、花粉の飛散が気になりはじめますよね。そこで今回は、洗濯物への付着を防ぐために役立つ部屋干しのコツをご紹介します。

部屋干しするか迷ったときは花粉指数で判断

日本気象協会では生活に役立つさまざまな指数を提供しています。花粉シーズンにチェックしておきたいのが花粉指数です。前年シーズンの飛散結果や気象データ、現地の調査などから飛散レベルを予測。時期やエリアによって対象が変化します。

スギの木

レベルは飛散開始前、少ない、やや多い、多い、非常に多い、ほぼ終了の6段階。当日と週間情報があります。

スマホを見る主婦

洗濯の乾きやすさを知りたい場合は、洗濯指数をチェックしましょう。30以下の日は部屋干しがおすすめです。

洗濯洗剤で気になる臭いをブロック

部屋干しの悩みといえばイヤな臭いですよね。臭いの原因となる菌を落とすことでブロックできます。食べこぼしや皮脂などのたんぱく汚れもしっかり落としましょう。各メーカーでは、部屋干しに適した除菌と抗菌作用がある洗剤を発売しています。

きれいな洗濯槽

洗濯槽に菌がいないことも重要なポイント。定期的にクリーナーで除菌対策をしましょう。

室内に干した洗濯物

洗濯物を乾かすときも菌の増殖に要注意。丈の長いものを外側、短いものを内側に干して風を通しましょう。

柔軟剤の量で花粉の付着量が変わる

衣類に花粉がつくのは、静電気によるものです。洗濯の際は衣類の水分に静電気を放出するのがポイント。そこで役立つのが柔軟剤。油膜を作り静電気を放出します。ただし過剰に入れてしまうと油膜が厚くなって吸水力が下がることに。適量を守りましょう。

洗濯機と洗濯物

柔軟剤は衣類の摩擦も防げるのもメリット。静電気の発生を抑えてくれる効果があります。

セーター

ポリエステルやウールなどは静電気がたまりやすいため、花粉がつきやすくなります。

寒いうちは暖かい部屋で干すのが正解

ここからは、部屋干しの時短テクニックをご紹介します。まだ肌寒い時期の部屋干しは、暖房を活用しましょう。気温が低いと、飽和水蒸気量(空気中にある水蒸気の量)が少なくなっています。暖房で暖まった部屋は、飽和水蒸気量が多く部屋干しに適した環境です。

室内干しする女性

飽和水蒸気量が多いと、洗濯物の水分を吸収してくれるので乾きやすくなります。

エアコンの下で部屋干し

空気中に洗濯物の水分を吸収することで、湿度を保てるのもうれしいメリットです。

扇風機の併用は弱風がベスト

部屋干しした洗濯物を早く乾かしたいときは、扇風機を併用して風通しをよくするのもおすすめ。短時間で乾かせれば菌の繁殖も抑制できます。洗濯物同士が近づかないように干したら、扇風機を真横からあたる位置にセットして首振り運転します。

扇風機

強風運転だと洗濯物が落ちる可能性が。乾きやすいものには弱風がベストです。電気代も節約できます。

結露の発生を予防するシートを活用

部屋干しをすると結露が発生するという場合は対策が必要です。放置するとカビが発生したりダニが繁殖したりする恐れが。手軽に結露を防止できる断熱シートを活用するのがおすすめです。冬の結露予防だけでなく、夏には冷房の効果アップにも役立ちます。

浴室に干した洗濯物

結露が出やすいときは換気扇がある浴室に干すのもいいでしょう。水滴がない状態にするのがポイントです。

密着して干した洗濯物

たくさんの洗濯物を一度に干すと湿度が高くなりすぎるので注意しましょう。

まとめ

洗濯物に花粉が付着する量を減らす対策や、部屋干しのお悩みを解決するテクニックをご紹介しました。花粉シーズンだけでなく、梅雨の部屋干しにもおすすめテクニックを活用してください。

部屋干しに役立つアイテム

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP