スイカと麦茶

夏を快適に!暑さ対策におすすめのDIYテク6選

DIYテクを使って夏の暑さ対策をしてみませんか?エアコンが苦手な方や電気代を節約したい方にぴったりな方法をご紹介します。

フック&すだれで日差しをカット

夏の強い直射日光が窓から入ってくると室内の温度が高くなってしまいます。せっかくエアコンをつけていても効果が発揮できない原因になることも。すだれで日差しを遮りましょう。取り付け場所がないところもすだれ掛け用のフックを使うと簡単に自分で設置できます。

窓にぶら下げたすだれ

すだれは日よけだけでなく目隠しにも便利。外から部屋の中で見えるのが気になる場合にもおすすめです。

すだれと風鈴

すだれと一緒に風鈴をぶら下げて涼感アップ。風が通るときれいな音色が響きます。

足元サイズにちょうどいい手作りクーラー

用意するのは保冷剤・発泡スチロール製のクーラーボックス・ミニ扇風機です。
1.クーラーボックスの側面に扇風機のファンに合わせて穴を開ける
2.反対の側面に冷気を出す穴を開ける
3.保冷剤を入れて扇風機を運転させる
保冷剤の水滴予防にタオルを敷いておきます。

クーラーボックス

ポイントは保冷剤をギュウギュウ詰めにしないこと。空気が通るように適度な間隔で入れましょう。

ケージの中で寝る犬

ペット用のケージに設置するのもおすすめです。保冷剤の代わりに冷凍したペットボトルも使えます。

コンクリートのベランダにウッドパネル

窓と同じように日差しを遮るとベランダから室内へ熱が伝わるのを防げます。直射日光で熱くなるコンクリートのベランダには断熱の効果が期待できるのウッドパネルがおすすめ。空気の隙間がある天然木は断熱性も保温性も優れているので、夏だけでなく冬も快適です。

直射日光が当たるベランダ

ベランダのサイズに合わせてウッドパネル敷くだけなので、工事をしなくても自分で取り付け可能です。

ウッドデッキでくつろぐ女性

テラスにはウッドデッキがおすすめ。見た目がおしゃれで断熱効果が期待できるのがうれしいですね。

ウッドフェンスで緑のカーテン作り

緑のカーテンは生きた植物でできているので、遮熱に効果的です。植物は地面から水分を吸い上げて茎にたくわえて、葉から蒸発されることで熱がたまらないようにしています。緑のカーテンをDIYするときはウッドフェンスを使うと便利です。

ウッドフェンスと植物

ウッドフェンスに植物のツルを伝わらせます。ツル性の植物は繁殖力が高いので設置場所に注意してください。

日よけパネルでエアコンの室外機を守る

エアコンの節電で注目したいのが室外機。直射日光が当たる場所に室外機がある場合は手作りの日よけパネルで対策しましょう。室外機より少し大きいサイズのすのこにアルミシートを貼りつけたら完成です。飛ばないようにケーブルタイなどで固定します。

エアコンの室外機

すのこの下駄部分で隙間ができるので、風通しも良くなります。囲む場合は排気口をふさがないように注意。

水をまく女性

室外機周辺の日よけ対策のほかに、床や壁面に打ち水をするのも温度を下げるのに役立ちます。

車中は手作り断熱パネルで暑さ対策

車内に直射日光が差し込んで熱がたまってしまうのを防ぐには、断熱パネルのDIYがおすすめ。窓枠に合わせてビニールを貼ったらマジックで縁取って型枠を作ります。断熱材とアルミシートを同じサイズに切り、貼り合わせたら断熱パネルの完成です。

ダッシュボードとハンドル

ダッシュボードやハンドルは熱を吸収しやすいので、駐車時などは断熱シートでしっかりガードしましょう。

DIY初心者でもできる暑さ対策グッズ!

まとめ

エアコンを強度で運転すると電気代がかかってしまうのでもったいないですよね。暑さ対策工夫するとエアコンの節電にもつながります。今年の夏を快適に過ごせるように早めに準備しておきましょう。

LINEショッピング コラムとは…

LINEショッピングが運営する、“毎日をおしゃれに賢くHappyに過ごすオトナ女子”へ向けた、情報コンテンツです。
今すぐ使える、ファッション、ビューティー、ライフスタイルのお役立ち情報を毎週お届けします。

> コラムTOPに戻る

> LINEショッピングのキッチン・生活雑貨・日用品TOP
> LINEショッピングTOP